ポルトガル語の通訳を選ぶポイントと料金相場を解説

ポルトガル語の通訳を選ぶポイントと料金相場を解説

ビジネスシーンでのポルトガル語通訳で大事なポイント

ポルトガル語を母語、公用語とする人口は約2億5000万人と世界でも話者数の多い言語の1つですが、その8割にあたる約2億人はブラジル国民になります。

ブラジルの国土は日本の約23倍と広大で、気候は熱帯または亜熱帯のため豊かな地質に恵まれています。農業が盛んで、世界最大級の農業大国(※)に数えられるほどです。
このことからアグリビジネスを展開する企業から注目を集めていますが、コミュニケーションに必要なポルトガル語の通訳選びにはいくつかの注意点があります。

ここでは
・ポルトガル語の種類と違い
・ポルトガル語が使われる地域の習慣
・ポルトガル語通訳依頼の料金相場
・ポルトガル語の通訳を依頼するうえでよくあるご質問FAQ
・ポルトガル語通訳を選ぶポイントまとめ

を解説します。

これを読むことで、ポルトガル語通訳選びのポイントから通訳会社の使い分け方法まで知ることができます。ぜひ最後までお読みください。

※参考
農林水産省「世界の農業・農政 ブラジルの農業の拡大と農業政策」(PDF)

ポルトガル語の種類とそれぞれの違い

ポルトガル語は世界中で利用されており、地域特有の変化を遂げています。大きく分けると以下の3種類のポルトガル語があります。

・イベリアポルトガル語・・・ポルトガルで話されるポルトガル語
・ブラジルポルトガル語・・・ブラジルで話されるポルトガル語
・アフリカポルトガル語 ・・・アフリカ諸国で話されるポルトガル語

ポルトガル語話者の8割はブラジル国民であるため、日本でポルトガル語といえばブラジルポルトガル語を指す場合が多いです。
依頼を検討している企業側ではポルトガル語の各種類に対応しているか確認することが大切です。

※例えば、ポルトガル人向けのポルトガル語通訳なら「イベリアポルトガル語の通訳は可能ですか」とはっきり伝えてください。

ポルトガル語が使われる地域の習慣

ポルトガル語の通訳が必要になるシーンが最も多いのはブラジル向けビジネスです。
ブラジル人はビジネスの場では意見をはっきり言う人が多く、役職や雇用形態にかかわらず主張するのがブラジル式です。
相手の話を聞いてばかりいると、こちらの思うとおりに仕事を進めにくくなるので注意が必要です。

さらに、ブラジルは「アミーゴ(親友)社会」です。決定権者と信頼関係を築き、アミーゴ関係となることで自分の意見を通しやすくなり、契約が有利になるといったことが起こります。
アミーゴでない場合、いくら有益な商品でも契約されないといったこともありますので、アミーゴ作りも仕事のうちだと考えておくべきでしょう。

ブラジルではコミュニケーション上手でユーモアが得意な人が好まれる傾向にあります。
ビジネスシーンでのポルトガル語は通訳者がいないと難しいですが、Bom dia(おはよう)、Boa tarde(こんにちは)といった簡単な挨拶とハグや笑顔といった相手に好意を示すボディランゲージは意識的に行うのがアミーゴ作りには大切です。

ポルトガル語通訳依頼の料金相場

ここからは、ポルトガル語通訳にかかる基本料金相場をご紹介します。
通訳料金の基本として、通訳派遣会社に発注する場合、基本(通訳業務)料金のほかに通訳者のスキルに基づく料金や、交通費・宿泊費などの実費が見積りに上乗せされることが一般的です。
ポルトガル語の通訳は、英語通訳者などに比べて話者数の少なさから、外国語通訳の中でも比較的高額になりますので注意が必要です。

ポルトガル語の派遣型通訳を実際に依頼する際の料金相場

【ビジネス通訳:同時通訳】
レセプションやセミナーなど大勢の人が集まる場所での通訳形態。専用機材で収音し、発話と同時に通訳を行う
半日:72,500円~
全日:110,000円~

【ビジネス通訳:ウィスパリング】
契約や商談など、小規模な集まりでスピード感が必要な場合に利用される通訳形態。機材は使わず、口頭で同時通訳を行う
半日:52,000円~
全日:77,000円~

【ビジネス通訳:一般】
相手の発話を聞いてから通訳する逐次通訳を利用する。工場見学や企業訪問といった際に使われる通訳形態。
半日:38,000円~
全日:57,000円~

【簡易通訳】
ビジネス以外で専門性を要しない通訳。プライベート会話などに利用される。
半日:26,500円~
全日:40,000円~

ご自身の依頼したい通訳がどれに当てはまるのか、もう少し知りたい場合は「通訳にはどんなサービスがあるの?種類別に徹底解説」のページもご覧ください。

あわせて読みたい
通訳にはどんなサービスがあるの?種類別に徹底解説

ポルトガル通訳ならオンライン通訳「OCiETe(オシエテ)」がおすすめ

ポルトガル語通訳を海外出張で依頼する場合、出張費だけで基本料金を上回る可能性があります。予算に不安があれば、オンライン通訳サービスの利用がおすすめです。

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」ではオンライン上でポルトガル語通訳の依頼から実際の通訳業務までを行える便利なサービスです。
オンライン上での通訳なので、パソコンまたはタブレット端末とインターネット環境さえあれば、海外での通訳も可能です。
料金も手軽で1時間から依頼可能で、それ以外の費用は基本的にはかかりません。

この例の場合、通信費を考えても派遣型通訳よりも圧倒的に安く通訳を依頼することが可能です。

オシエテのポルトガル語通訳は通訳者の能力を可視化できる

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」はお客様と適切な通訳者をマッチングするために通訳依頼に必要な情報を無料で見られる仕組みを用意しています。

・通訳者のスキルを可視化
オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」では、通訳者ごとにプロフィールページを用意しています。対応できる通訳形態、得意な業界、職歴、資格などが確認できます。過去案件とその評価なども可視化しています。

・通訳者の顔、人柄を可視化
オンライン通訳サービスの場合、実際に通訳者と会うことがないため不安を持つ方もおられます。オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」では、通訳者の自己紹介動画を確認することができます。また案件依頼前の無料面談機能も用意していますので、プロフィールページだけでは見えない実績や通訳者本人の人柄も知ることができます。

・通訳者のビジネス対応力を可視化
オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」では、通訳登録時に専用のスキルチェックと担当者面談を行っています。
その内容はプロフィールページに記載されており、通訳者の特徴や従事経験のある業界などが詳細に記載されています。マナー・状況把握能力・情報収集能力、調査力・レスポンス・顧客対応力の項目もグラフ化されているため、ビジネスパートナーとしての対応力も確認可能です。

ポルトガル語の通訳を依頼するうえでよくあるご質問FAQ

ポルトガル語の通訳を探しているお客様から、通訳を依頼するにあたりよくいただく質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ポルトガル語の通訳を依頼するために事前に必要な準備はあるか

派遣型通訳か、オンライン通訳かにかかわらず、ポルトガル語通訳の依頼を行う場合以下の点が重要です。

①案件整理を行っておく
通訳言語(ポルトガル語から日本語 など)
対象者の生活圏
ポルトガル語の種類
対象人数
日時
場面(会議、訪問、会食 など)
通訳形態
分野・業界

②ビジネスの概要をまとめておく
分野・業界に似ていますが、より具体的な業務内容も説明が必要です。
例えば「アグリビジネス関連の通訳を依頼します」とだけ伝えると、「農産物を生産したいのか」「農産物を使用した加工食品を作りたいのか」など目的が不明瞭です。詳細を伝えることで、その業務に精通した通訳者を見つけやすくなります。

③通訳者の実績を確認する
ポルトガル語話者は日本国内に少なく、通訳派遣会社でも通訳と翻訳を1人が兼務している会社もあるほどです。しかしそれらは本来異なる技術で、翻訳ができれば通訳もできるというわけではありませんので注意が必要です。ポルトガル語の通訳を依頼する際には通訳実績や過去の依頼主からの評価をしっかり確認しましょう。

オンライン通訳と派遣通訳はどのように使い分けるのが良いか

使い分けを検討するにあたり、通信環境は外せない確認点です。

派遣型通訳の場合、現地に同行してもらえば確実に通訳対応が可能です。オンライン通訳の場合は通信環境が脆弱だと確実な通訳業務の遂行が難しくなります。低速通信しかできないような国では利用は難しいでしょう。このように通信環境が不安定な国や、電波の届きづらい地下現場の場合には、派遣型の通訳者に依頼するのが安心です。

一方、オンライン通訳はその手軽さと価格が魅力です。派遣型通訳は半日もしくは全日といった単位での依頼になりますが、オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」の場合は1時間からの時間料金のみで依頼することも可能です。通信環境が整っているのなら、オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」を選びましょう。

まとめると、
・通信環境が脆弱な地域で通訳を依頼するなら料金が高くても派遣型通訳
・通信環境が盤石ならオンライン通訳
という使い分けが良いでしょう。

ポルトガル語通訳を選ぶポイントまとめ

ポルトガル語通訳を選ぶポイントについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ポルトガル語通訳を依頼する際のポイントは、下記となります。

・ポルトガル語は地域によって使われる種類が異なるため確認しておくこと
・ポルトガル語通訳を依頼する前には、良い通訳を見つけるためにも事前の案件整理が必要
・ポルトガル語通訳者は数が少ないため依頼前には必ず実績の確認を行って、案件のミスマッチが起こらないようにすること
・通信環境が良ければオンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」、悪ければ派遣型通訳を利用すると料金が安くおさえられて良い

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」は、通訳者の同意があれば派遣型通訳での業務も可能です。国内ではオンライン、海外に出張が必要になった際には出張を依頼するなど使い分けることで、引継ぎの必要なく同じ通訳者を利用できるので、便利かつ通訳品質を下がることなく依頼ができます。

まずは、30秒でできる「無料会員登録」で、あなたにぴったりのポルトガル語通訳者を検索してみてください。

通訳・翻訳の依頼をお急ぎの場合は下記の電話番号からお気軽にお問い合わせください。

電話番号:03-6868-7531

営業時間:平日10時~19時

※土日祝は、オンライン(メール・お問い合わせフォーム)のみの対応となっております。予めご了承ください。

通訳や翻訳に関わるご相談を受け付けております。

「まずは料金を知りたい」
「オンライン通訳と通常の通訳との違いは?」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者に依頼をしたい」

など、通訳・翻訳に関するご相談やお問合せがございましたら、お気軽に下記よりご連絡ください!
お急ぎの方はお電話でも受け付けております。03-6868-7531(平日10時~19時)

通訳カテゴリの最新記事