お役立ち資料 無料配布中!

越境ECで韓国語翻訳を依頼する際に必要な料金と注意点を解説

越境ECで韓国語翻訳を依頼する際に必要な料金と注意点を解説

韓国語のEC翻訳を依頼したい…そんな時には、どこへどのように依頼をすればよいのでしょうか。

EC翻訳を依頼する際には、「どうすれば、商品の魅力を的確に伝えられる高品質の翻訳を依頼できるのか」「柔軟かつスピーディに利用できる翻訳サービスのポイント」を知ることが大切です。

依頼したい内容に合わせた翻訳サービス・翻訳者を選べば、費用対効果も高くなります。

この記事では、韓国語でのEC翻訳が必要な時に、どうすれば最適なサービスを利用できるかを知ることができます。ぜひ、最後までご覧ください。

越境ECとは?

国境を越えて世界中どこにいても商品の売買が可能なECを『越境EC』と呼びます。日本でも多くの方が利用している『Amazon』がその代表例の1つです。

越境ECは近年、大きな成長市場として世界中から注目を集めています。その中でも隣国の韓国では、日本と相互的に販売・購入を多く行われています。

日本の商品はクオリティが高いと評価されていて、韓国への販路拡大を狙う企業にとって、越境ECの運営・活用は必須です。

韓国語⇆日本語でECサイトの翻訳を行う方法

韓国語⇆日本語でECサイトの翻訳を行う方法は、Webツールやアプリでの機械翻訳や、専門の翻訳会社に依頼するなどいくつか方法があります。

しかし、「機械翻訳と専門の翻訳家、どちらを選べば良いのかわからない…」と悩む方も多いはずです。

そんな悩みを解消してもらうために、下記からは機械翻訳・翻訳会社のメリット・デメリットについて解説します。

機械翻訳を使ったECサイトの翻訳

Google翻訳などのWeb翻訳や翻訳アプリは、手軽に使えて誰でも利用しやすい翻訳サービスです。

IT技術の発展に伴い、無料で利用できる機械翻訳でも翻訳精度は上がっており、観光などで現地の方とコミュニケーションを取るために活用する方も増えています。

また、有料の機械翻訳サービスは、AIでの機械学習・専門用語データを蓄積しているデータベースを活用して翻訳を提供したりと、高クオリティの翻訳が機械翻訳でも可能となっています。

しかし、機械翻訳の精度はまだ完璧な質とは言えません。商品ページに訪れたユーザー(顧客)が購入するといった行動を起こさせるには機械翻訳では不安が残ります。

魅力のある商品を公開しても、最適な翻訳ができていなければ購入機会を逃してしまう可能性も高くなります。

機械翻訳を使ったECサイト翻訳のメリット

韓国語のEC翻訳を行なう場合の大きなメリットは、スピード感が高くフレキシブルに翻訳を進められることです。

キャンペーンやイベント時など、スケジュールを切り詰めなければいけないシーンが多いECサイト運営では、手軽に早く翻訳できるWebやアプリは貴重な存在と言えます。

予算に余裕がある場合は、有料利用の検討もできるので、無料サービスよりクオリティの良い翻訳結果が期待できるはずです。

また、機械による翻訳結果を軸に、韓国語翻訳のスキルを持つ社内外のスタッフが翻訳のクオリティを高めていくような分担を行なえれば、スピードとクオリティを両立できることも考えられます。

機械翻訳を使ったEC翻訳のデメリット

機械翻訳は手軽に利用できますが、当たり障りない内容の意味だけを翻訳したクオリティが限界です。

誤訳などは少ないものの、魅力を伝えることを突き詰めたコンテンツの翻訳は現状厳しいのが機械翻訳のデメリットです。

内容の意味が理解できるだけの翻訳は、ユーザーの心を動かすことは難しく、購入動機には繋がりにくいです。

こうしたポイントを踏まえると、現状の機械翻訳ではEC翻訳には不向きだと言えます。

翻訳会社・翻訳家に依頼してECサイトの翻訳を行う

翻訳の正確性や独自性が求められる韓国語のEC翻訳では、翻訳のプロに依頼することがベストな選択です。

ただし、翻訳のクオリティが十分に期待できる分、費用は機械翻訳に比べると高くなる傾向になります。

多くの商品ページを制作する必要があるEC翻訳で翻訳会社に依頼を検討する際には、どうしても気になる点でしょう。

また、より良い翻訳が実現できるよう、翻訳会社との打ち合わせや翻訳者のチェックなどの作業を行なうため、短納期には対応し辛い面もあります。

翻訳会社にEC翻訳を依頼するメリット

韓国語のEC翻訳を依頼する際は、主に翻訳会社への依頼か、クラウドサービスを通じて翻訳者を募集する依頼のどちらかが主な依頼方法です。

翻訳会社に依頼するメリットは、プロにしか出来ない高い翻訳クオリティが保証されていることです。また、専門性の高い分野の案件にも対応してくれるという強みがあります。

韓国語翻訳スキルを持つスタッフや信憑性のある翻訳ノウハウを持つ翻訳会社を選ぶことにより、魅力が正しく伝わりやすいのEC翻訳を行うことで、売上に良い影響をもたらすことが期待できます。

翻訳会社にEC翻訳を依頼するデメリット

プロの手による高いクオリティのEC翻訳は、質の高さが最大のメリットですが、その反面コストも高くなります。

また、翻訳業務を実施するまでには、翻訳会社との打ち合わせや翻訳担当者のスキルチェックなどのやりとりが発生するため、機械翻訳と比べて時間が必要です。

クラウドサービスに関しては、登録している翻訳者のスキルに幅も未知数なので、クオリティの面では不安も拭いきれません。

そのため、スポット(単発)的な依頼に適しており、継続した依頼がしづらいという側面があります。

商品が日々更新され、翻訳が多々発生する韓国⇆日本の越境ECサイトの運営には心配が残るのがデメリットです。

韓国向けECサイトの翻訳を翻訳会社へ依頼した場合の料金相場

韓国語のEC翻訳をはじめ、Webサイトの翻訳に対応する翻訳会社は少なくありません。多くの場合、翻訳にかかる価格は“1文字当たりの単価”です。

翻訳分野や、日本語→韓国語・韓国語→日本語という翻訳元の言語によって翻訳単価が異なる場合もあります。

翻訳会社の場合

・日本語→韓国語/1文字あたり6円~18円
・韓国語→日本語/1文字あたり9円~23円
※短納期の割増料金/納期により基本料金の20%~50%アップ

有料オンライン翻訳サービスの場合

・日本語→韓国語・韓国語→日本語ともに/1文字あたり5円~(一般向け)
・日本語→韓国語・韓国語→日本語ともに/1文字あたり10円~(ビジネス向け)

クラウドサービスの場合

・日本語→韓国語・韓国語→日本語ともに/1文字あたり6円~

上記の翻訳価格相場は一例にはなりますが、求める翻訳のクオリティやスピードによって金額は異なります。

ECサイトの韓国語翻訳ならOCiETeがおすすめ

オシエテは、「株式会社オシエテ(OCiETe Inc,)」が運営している翻訳サービスです。24時間365日対応可能の法人向けオンライン翻訳サービスを提供しています。

OCiETeでは、翻訳者が登録する前に厳しいスキルチェックを行っています。

そのため、翻訳スキルだけではなく、ビジネススキルや各分野の専門知識などOCiETeが定める一定以上の基準を満たしている「プロ翻訳者」のみが在籍しています。

さらに、1000名以上のプロ翻訳者が登録しているので、企業様が依頼する分野に対応している翻訳者をマッチさせる事ができます。

ビジネススキルと翻訳スキルの両方を兼ね備えているプロ翻訳者のみが在籍しているため、翻訳依頼を考えている企業様は、オシエテの翻訳サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

ここからはOCiETeの翻訳サービスの特徴についてより解説します!

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

日本企業のビジネスが韓国進出に成功した例をご紹介!

日本企業のビジネスで韓国市場に参入し、大きな成功を収めた代表企業はSK-Ⅱです。

SK-Ⅱは約25年前、当時の若年層女性が美容に興味を持ち始めた頃に、韓国の美容市場に参入しました。

SK-IIは”高級イメージ”を打ち出すために、一般店舗での販売は行わず「百貨店」「免税店」のみの販売戦略を打ち立て、「高級ブランド化粧水」として多くの顧客獲得に成功しました!

SK-IIが韓国市場で成功したのは、販売戦略だけではなく、韓国現地の有名な女優を起用した広告も1つの成功要因となっています。

日本ブランドですが、韓国人気が高い女優のCM起用などのローカライズ戦略を行い、韓国現地の女性が親しみやすいブランドにもなったことが、韓国市場でもブランドの確立に成功しています。

韓国市場への参入はECサイトだけではなく広告戦略も重要

韓国への市場参入はECサイトを整えるだけではなく、SK-IIが成功した戦略のような「広告」に重点を置くことも忘れてはいけません。

韓国では「今何がトレンドなのか」「どんな言い回し・広告が好まれるのか」など、現地の消費者動向を把握しておく必要があります。

つまり、韓国市場への参入には韓国企業との情報共有も抑えておく必要があり、単に販売のことだけを考えるだけではなく、ビジネスパートナーとなる信頼できる企業も見つけなければいけません。

韓国企業と信頼関係を築き上げるには、半端なコミュニケーションだけでは成り立たちません。

ビジネススキルを持ち、良好な関係を築くためのサポートができるプロ通訳者に依頼することが必須です。

韓国語通訳はどんな通訳者に依頼すべきなのか・通訳者へ依頼した場合の料金相場など、下記の記事で詳しく解説しています。

今後、韓国企業と取引をする方や韓国市場への参入を考えている方は、ぜひご覧ください。

まとめ

今回は、韓国語のEC翻訳について解説してきましたが、いかがでしょうか。

ECサイト上での商品販売において、言語問わず商品の魅力を伝えられる文章が必要です。単に翻訳するだけでは良い商品もユーザーに魅力が伝わらず、購入に繋がらない機会損失も起こり得ます。

商品の魅力をより良く伝えて、韓国市場へのビジネス展開を成功させるなら、翻訳の質が高いプロ翻訳者への依頼が必須です。

越境ECは、今世界中で注目されているビジネスモデルです。隣国である韓国に向けてECサイトを展開したいと考えている方は、プロ翻訳者のみが在籍するOCiETeの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちらから

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。