韓国語でのEC翻訳|気になる料金や依頼する際の注意点を解説

韓国語でのEC翻訳|気になる料金や依頼する際の注意点を解説

韓国語のEC翻訳を依頼したい…そんな時には、どこへどのように依頼をすればよいのでしょうか。
EC翻訳を依頼する際には、「どうすれば、商品の魅力を的確に伝えられる高品質の翻訳を依頼できるのか」「柔軟かつスピーディに利用できる翻訳サービスのポイント」を知ることが大切です。
依頼したい内容に合わせたサービス・翻訳者を選べば、費用対効果も高くなります。
この記事では、韓国語でのEC翻訳が必要な時に、どうすれば最適なサービスを利用できるかを知ることができます。ぜひ、最後までご覧ください。

越境ECとは?

国境を越えて世界中どこにいても商品の売買が可能なECを『越境EC』と呼びます。日本でも多くの方が利用している『Amazon』がその代表例の1つです。

越境ECは近年、大きな成長市場として世界中から注目を集めています。
その中でも隣国の韓国では、日本と相互的に販売・購入を多く行われています。

日本の商品はクオリティが高いと評価されていて、韓国への販路拡大を狙う企業にとって、越境ECの運営・活用は必須です。

韓国語⇆日本語でEC翻訳を行う方法

韓国語⇆日本語でEC翻訳を行う方法は、webツールやアプリでの機械翻訳や、専門の翻訳会社に依頼するなどいくつか方法があります。

しかし、どちらを選べば良いのか悩む方も多いはずです。下記から機械翻訳・翻訳会社のメリット・デメリットについて解説します。

機械翻訳を使ったEC翻訳

Google翻訳などのWeb翻訳や翻訳アプリは、手軽に使えて誰でも利用しやすい翻訳サービスです。

IT技術の発展に伴い、無料で利用できる機械翻訳でも翻訳精度は上がっており、観光などで現地の方とコミュニケーションを取るために活用する方も増えています。

また、有料の機械翻訳サービスは、AIでの機械学習・専門用語データを蓄積しているデータベースを活用して翻訳を提供したりと、高クオリティの翻訳が機械翻訳でも可能となっています。

しかし、機械翻訳の精度はまだ完璧な質とは言えません。商品ページに訪れたユーザー(顧客)が購入するといった行動を起こさせるには機械翻訳では不安が残ります。

魅力のある商品を公開しても、最適な翻訳ができていなければ購入機会を逃してしまう可能性も高くなります。

機械翻訳を使ったEC翻訳のメリット

韓国語のEC翻訳を行なう場合の大きなメリットは、スピード感が高くフレキシブルに翻訳を進められることです。
キャンペーンやイベント時など、スケジュールを切り詰めなければいけないシーンが多いECサイト運営では、手軽に早く翻訳できるWebやアプリは貴重な存在と言えます。
予算に余裕がある場合は、有料利用の検討もできるので、無料サービスよりクオリティの良い翻訳結果が期待できるはずです。

また、機械による翻訳結果を軸に、韓国語翻訳のスキルを持つ社内外のスタッフが翻訳のクオリティを高めていくような分担を行なえれば、スピードとクオリティを両立できることも考えられます。

機械翻訳を使ったEC翻訳のデメリット

機械翻訳は手軽に利用できますが、当たり障りない内容の意味だけを翻訳したクオリティが限界です。

誤訳などは少ないものの、魅力を伝えることを突き詰めたコンテンツの翻訳は現状厳しいのが機械翻訳のデメリットです。

内容の意味が理解できるだけの翻訳は、ユーザーの心を動かすことは難しく、購入動機には繋がりにくいです。
こうしたポイントを踏まえると、現状の機械翻訳ではEC翻訳には不向きだと言えます。

翻訳会社に依頼してEC翻訳を行う

翻訳の正確性や独自性が求められる韓国語のEC翻訳では、翻訳のプロに依頼することがベストな選択です。

翻訳のクオリティが十分に期待できる分、費用は機械翻訳に比べると高くなります。多くの商品ページを制作する必要があるEC翻訳で翻訳会社に依頼を検討する際には、どうしても気になる点でしょう。

また、より良い翻訳が実現できるよう、翻訳会社との打ち合わせや翻訳者のチェックなどの作業を行なうため、短納期には対応し辛い面もあります。

翻訳会社にEC翻訳を依頼するメリット

韓国語のEC翻訳を依頼する際は、主に翻訳会社への依頼か、クラウドサービスを通じて翻訳者を募集する依頼のどちらかです。

翻訳会社に依頼するメリットは、プロにしか出来ない高い翻訳クオリティが保証されていることです。また、専門性の高い分野の案件にも対応してくれるという強みがあります。

韓国語翻訳スキルを持つスタッフや信憑性のある翻訳ノウハウを持つ翻訳会社を選ぶことにより、魅力が正しく伝わりやすいのEC翻訳を行うことで、売上に良い影響をもたらすことが期待できます。

翻訳会社にEC翻訳を依頼するデメリット

プロの手による高いクオリティのEC翻訳は、質の高さが最大のメリットですが、その反面コストも高くなります。

また、翻訳業務を実施するまでには、翻訳会社との打ち合わせや翻訳担当者のスキルチェックなどのやりとりが発生するため、機械翻訳と比べて時間が必要です。

クラウドサービスに関しては、登録している翻訳者のスキルに幅も未知数なので、クオリティの面では不安も拭いきれません。
そのため、スポット(単発)的な依頼に適しており、継続した依頼がしづらいという側面があります。
商品が日々更新され、翻訳が多々発生する韓国⇆日本の越境ECサイトの運営には心配が残るのがデメリットです。

韓国語のEC翻訳を翻訳会社へ依頼した場合の相場

韓国語のEC翻訳をはじめ、Webサイトの翻訳に対応する翻訳会社は少なくありません。多くの場合、翻訳にかかる価格は“1文字当たりの単価”です。
翻訳分野や、日本語→韓国語・韓国語→日本語という翻訳元の言語によって翻訳単価が異なる場合もあります。

翻訳会社の場合


・日本語→韓国語/1文字あたり6円~18円
・韓国語→日本語/1文字あたり9円~23円
※短納期の割増料金/納期により基本料金の20%~50%アップ

有料オンライン翻訳サービスの場合


・日本語→韓国語・韓国語→日本語ともに/1文字あたり5円~(一般向け)
・日本語→韓国語・韓国語→日本語ともに/1文字あたり10円~(ビジネス向け)

クラウドサービスの場合


・日本語→韓国語・韓国語→日本語ともに/1文字あたり6円~

上記の翻訳価格相場は一例にはなりますが、求める翻訳のクオリティやスピードによって金額は異なります。

韓国語のEC翻訳ならオシエテがおすすめ

オシエテは、「株式会社オシエテ(OCiETe Inc,)」が運営している翻訳サービスです。
24時間365日対応可能の法人向けオンライン翻訳サービスを提供しています。
オシエテでは、翻訳者が登録する前に厳しいスキルチェックを行っています。

そのため、翻訳スキルだけではなく、ビジネススキルや各分野の専門知識などオシエテが定める一定以上の基準を満たしている「プロ翻訳者」のみが在籍しています。
さらに、 700名以上のプロ翻訳者が在籍しているので、企業様が依頼する分野に対応している翻訳者をマッチさせる事ができます。

ビジネススキルと翻訳スキルの両方を兼ね備えているプロ翻訳者のみが在籍しているため、翻訳依頼を考えている企業様は、オシエテの翻訳サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

オシエテのEC翻訳料金は月額3万円からの定額制

オシエテの翻訳サービスは定額依頼プランです。
月額で決められた文字数の中であれば、コンテンツの種類は無制限となり、
「今月は契約書などの書類文書を翻訳依頼する」「来月はホームページの翻訳を依頼する」などご状況に応じて依頼することができます。

まずは「一度オシエテの翻訳サービスを試してみたい」という方は、下記の相談フォームから相談してみてください。

翻訳依頼の相談フォームはこちらから」

最短納期1日!緊急対応も可能

600名以上の翻訳スタッフが在籍しているオシエテでは、急ぎのご依頼でも対応できるチーム体制を整えています。

翻訳スタッフのスケジュール調整を行い、最短1日で納品することが可能です。また、24時間WEBからの依頼が可能です。

単発での依頼を希望されている場合でも、カスタムプランをご用意しています。韓国語でのEC翻訳を短納期・膨大な翻訳量でも一度オシエテにご相談してみてください。

まとめ

今回は、韓国語のEC翻訳について解説してきましたが、いかがでしょうか。ここでのポイントは以下です。

・越境ECを翻訳する方法は機械翻訳か翻訳会社への依頼
・ブランドの独自性を保つなら翻訳会社に依頼する方がオススメ
・EC翻訳では単なる翻訳ではなく、魅力を伝えられるプロの翻訳が必要
・オシエテの翻訳サービスは文字単価ではなく、月額5万円~依頼し放題
・オシエテの翻訳サービスは越境EC専門のプランが用意されている

ECサイト上での商品販売において、言語問わず商品の魅力を伝えられる文章が必要です。

文字単価のサービスで翻訳を依頼するよりも、EC事業者に特化した月額プランを設定し、商品ページ単位での依頼が24時間可能なオシエテの翻訳サービスは、割安ながら高品質な翻訳を提供しています。

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちらから

アパレル・ファッション通訳カテゴリの最新記事