カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

カタログ・パンフレットの翻訳は、企業のイメージに直結するためサービスの内容やブランドコンセプトなどをしっかりと理解し、異文化のユーザーにいかに伝わるような言葉を選定していくかがとても重要です。

言葉の選び方ひとつで商品の売り上げにも大きく関わります。

翻訳を行なう言語の国の文化に関する知識があり、なおかつブランドやターゲットユーザーを意識した魅力ある言葉を使いこなすことができる翻訳者に依頼をおこなうことがベストです。

この記事では、カタログ・パンフレットの翻訳依頼に関する依頼例や、依頼前に知っておくべきポイント・注意点などを解説します。

カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

カタログ・パンフレットの翻訳を行う際のポイントと注意点

カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

パンフレット・カタログの翻訳を依頼する際は、いくつかのポイントと注意点をおさえておきましょう。

単に言語を変えるだけの翻訳を施してしまうと、カタログやパンフレットにある文書そのものの内容がおかしくなり、伝えたかったことがしっかりと伝わらない文書になってしまいます。

カタログ・パンフレットの翻訳を行う際に、注意すべきポイントをご紹介します。

言語を置き換えるだけの翻訳はNG!対象国に合わせた表現力が重要

カタログ・パンフレットでは言語を置き換えるだけではなく、翻訳する目的・目標を的確に絞り、手に取った読み手にしっかりと伝わる表現力が重要です。

商品・製品の魅力や推したいサービス内容が記載されたカタログやパンフレットでは、何かを伝えるために制作しているはずです。

伝えたいことが読み手に伝わるからこそ、カタログ・パンフレットとして成立します。

カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

つまり、訴求したいポイントを正しく読み手側に伝えるためには表現力が重要で、翻訳能力+表現力を掛け合わせた翻訳者への依頼が必要です!

表現力に乏しい翻訳文だと、読み手が嫌う説明書のようなモノになったり、そもそも読む気が失せてしまうモノになってしまいます。

翻訳後もバランスの取れた文章になることが重要

紙媒体・Web媒体問わず、カタログ・パンフレットに記載する文章ではバランスが大事です。

改行の位置や文書ブロック毎の文字数ボリュームなどのバランスを注視する必要があります。

日本語のカタログ・パンフレットでは綺麗に収まっていても「対象言語(翻訳言語)に変えたらバランスが崩れてしまった…」ということも珍しくありません。

魅力を伝える内容ももちろん、読み手にとって見やすい・読みやすいと思われるようなバランスにしてほしいと依頼時には翻訳者に伝えておきましょう!

自社内でカタログ・パンフレット翻訳を行わない方がいい理由

カタログ・パンフレットの翻訳は、原文の文章量が多いため、簡潔かつキャッチーに仕上げるスキル翻訳が必要です。

言語スキルがあるだけではクオリティの高い翻訳物を完成させることはできません。

また、商材やサービスによっては専門用語が使われるため、その分野に長けた翻訳者への依頼がベターです。

カタログ・パンフレット翻訳のスキルがある翻訳者に依頼すれば、翻訳だけではなくローカライズも対応してもらえます。

メディア・広告・出版翻訳の依頼はOCiETeがおすすめ

カタログ・パンフレットの翻訳はOCiETeがおすすめ!

カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

OCiETeでは、カタログ・パンフレットに関する翻訳において、依頼者様の意向に合わせ、お役に立てる体制があります。

1000名以上いるプロ翻訳者の中から、言語スキルはもちろん、各商品・サービスの業界・分野に必要な専門知識を持った翻訳能力の高い翻訳者のみをアサイン。

また、デザインデータへの訳文流し込みやレイアウト調整・印刷の依頼も可能です。オプションとして、DTPや印刷までの請負を対応します。

カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

OCiETeはカタログ・パンフレット分野の翻訳実績が豊富

カタログ・パンフレットの翻訳は、商品・サービスだけではなく企業のブランドそのもののイメージに直結します。

翻訳を行なう言語の国の文化に関する知識があり、なおかつブランドやターゲットユーザーを意識した表現ができる翻訳者をアサイン。

OCiETeは、依頼主にとって最適な翻訳者・プランのご提案が可能です。

カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

OCiETeは翻訳だけではなく商談などの通訳依頼も対応可能

翻訳したカタログ・パンフレットは展示会や商談などのシーンで使用することが多いのではないでしょうか。

そうしたシーンでは、よりサービスや商品の魅力を伝えるために翻訳が必要になるケースもあります。

OCiETeでは、カタログやパンフレットを使用するプレゼンでの通訳の同時依頼も可能です。

カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

翻訳者にそのまま通訳を頼むといったアレンジも対応しています!

カタログ・パンフレットの翻訳でよくあるご依頼

カタログ・パンフレットの翻訳依頼例
  • 輸入商品や自社商品輸出時に発生する各種資料やビジネス文書の翻訳
  • 1商品・サービスに対しての多言語一括翻訳
  • 各国の文化に沿った形でのカタログ翻訳 など

カタログ・パンフレットの翻訳まとめ

この記事では、カタログ・パンフレットの翻訳依頼において知っておくべきポイント・注意点、OCiETeの翻訳サービスについて解説しました。ここでのポイントは以下の通りです。

ここがポイント!
  • 言語を置き換えるだけの翻訳は避けるべき
  • 対象国(ターゲット)に合わせた表現力が重要
  • 翻訳後もバランスの取れた文章になることが大事
カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント

OCiETeでは翻訳だけではなく、商談や会議、取材など、利用用途問わず1時間〜依頼できるオンライン通訳サービスも展開しています。

お見積り・ご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください!

通訳・翻訳に関するご相談
資料請求・お見積りの問合せ(03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
カタログ・パンフレットの翻訳を依頼する際のポイント
Sano
翻訳・通訳サービスを展開するOCiETeでマーケティングを担当。「世界をシームレスにつなげる」の企業理念のもと、海外企業や外国人とのビジネスに必要な翻訳者・通訳者とのマッチング支援行っています。 翻訳・通訳依頼の基礎知識だけではなく、依頼前に知ってほしいポイントを伝えることをモットーに、情報発信しております。 また海外ビジネスに関するWebメディア「セカイノビジネス presented by オシエテ」の運営も兼務。