韓国語の通訳依頼をする時のポイントと基礎知識を解説

韓国語の通訳依頼をする時のポイントと基礎知識を解説

韓国語通訳が必要になった時に知っておくべき基本知識とは?

日本から一番近い外国、隣国・韓国では、ビジネスにおいてもとても重要な国です。グローバル化に進み、韓国企業と取引をしている企業は多いです。また、これから韓国企業との取引を進めていきたいという企業も少なくありません。

つまり、ビジネスシーンにおいて、韓国語が必要になる場面はどんどん増えてきています。
ビジネスにおける意思伝達は必要不可欠で、認識の相違を避けるためにも念を入れて注意する必要があります。

しかし、韓国などの海外企業が相手の場合は言語の壁があるため、「もどかしい、、、」と感じる担当者の方も多いのではないでしょうか?
商談や会議・会食などの重要な場面では、スキルの高いプロの韓国語通訳者にスムーズに交渉やコミュニケーションを図れるようサポートしてもらう必要があります。

ここでは、
・韓国語通訳が必要になった時に知っておきたい基本知識
・韓国語通訳を依頼した場合の料金相場
・オンライン通訳サービス「OCiEte(オシエテ)」の韓国語通訳の特徴や料金について解説します。

この記事を読むことで、韓国語の通訳を依頼する際に何を知っておく必要があるか、そして韓国語通訳依頼の料金相場がわかります。
今後ビジネスを進めていくうえで、韓国語の通訳が必要になったときの参考になるのでぜひ最後までご覧ください。

韓国語の通訳が必要となるビジネスシーン

韓国企業とのビジネスシーンでよく利用される韓国語通訳のケースをご紹介いたします。

CASE1:今までメール(チャット)のみでコミュニケーションを取っていた、韓国企業の担当者が初来日、対面での商談とその後の会食に韓国語通訳スタッフをアテンドしたい。

→初めて直接会って行う商談と会食は、今後のビジネスをスムーズに進めるための重要な機会です。適正な通訳ができる韓国語通訳者を入れて、コミュニケーションをしっかり図りましょう。

CASE2:韓国からの輸入商品に対して、種類と数を大幅に変更することに。オンラインでの契約条件変更の交渉の場に、韓国語通訳者をアサインしたい。

→現地とオンラインでつないだ契約条件変更の交渉はニュアンスも含めしっかり伝えることが重要。韓国語通訳を会議の場に呼び、オンライン越しでもしっかりとこちらの要望を伝え交渉を進めましょう。

CASE3:展示会ブースに韓国語通訳が必要。

→展示会で自社ブースに来る韓国企業担当者に自社商品を強くアピールする必要があります。

韓国語の通訳が展示会ブースで商品のメリットを説明することで、今後のビジネスチャンスにつながります。
重要な意思決定が必要となるビジネスシーンでは、その国の言葉でいかに的確に伝えられるかがとても大事になってきます。
スキルの高いビジネス向けの韓国語通訳を入れることで、しっかりとポイントをおさえた交渉をおこなえます。

韓国語通訳は韓国の文化にも知識のある通訳者を選ぶことが重要

「韓国語通訳はどのような人を選べば良いのか?」こういった悩みを持ったとき、まず見積もりを取って、一番安い通訳に依頼をしようと思った場合は注意してください。

特にビジネスシーンでの通訳者選びは非常に重要です。
韓国語ができれば、どんな通訳でもできるわけではありません。ビジネススキルも高い通訳者を選ぶ必要があります。

通訳は、語学力や豊富な語彙力が大事なのはもちろんですが、いくら正しくても日本語をそのまま同じ意味の韓国語に訳すことだけが良い通訳とは言えません。
例えば会議において逐次通訳をする場合、その場で話されていることを言葉の意味だけではなく知識として理解し、会議の流れ上一番ふさわしいその国の言葉で言い換えることができなければその会議はスムーズな運びにはならないでしょう。

なぜ韓国の文化にも詳しい通訳者を選ぶべきなのか?

韓国では儒教文化が根強くあり、その影響からか企業同士でも親密度をあげることを好みます。

親密度が低いままでは、たとえ良い商談だったとしても契約に至らない事も珍しくありません。
つまり、韓国企業とのビジネスでは、丁寧で厚いコミュニケーションが非常に重要と言えます。
そして、このコミュニケーションには言葉の選び方も非常に繊細な気遣いが必要です。親密度は「イコール仲の良さ」にもつながるため、相手にどれだけ信用してもらい仲良くなれるかがカギとなってきます。

韓国企業とビジネスをするには、相手を敬い親密になる必要があるため、相手の心を開けるような丁寧な言葉選びでこちらの意思を伝えてくれる良い韓国語の通訳者が非常に大事になってきます。

これは、通訳者が韓国の生活文化・ビジネス文化を理解し、またそのビジネスの専門分野に明るくなくてはできないことです。
ここでお伝えしている良い通訳者とは、語学だけではなくその国の文化にも造詣が深く専門的な知識も有しており、内容を間違えることなく通訳することができる通訳者ということになります。

韓国語の通訳者や通訳会社を選ぶ場合には、この部分もしっかり考慮の上選定するようにしましょう。

韓国語通訳の料金

韓国語の通訳を依頼する時に、概算でどの程度の費用を準備しておけばよいでしょうか。

ここでは一般的な派遣通訳の依頼を参考にして解説します。
派遣通訳は、派遣する会社から必要なスキルを持った韓国語の通訳者を必要な場に手配してもらえる依頼方法です。

一般的な派遣通訳会社は、拘束時間によって半日もしくは1日という単位で換算します。
例えば、会議は1時間なので事前打ち合わせも込みで実際に通訳として稼働してもらうのは2時間だったとしても、半日の契約になるということになります。

その他、時間が超過した場合の延長料金や現地までの交通費や宿泊費なども必要になってきます。
会社によっては食費や日当、移動時間も拘束時間に計上される場合もあるので、必ず確認をするよう心がけましょう。

韓国語通訳の料金内訳と相場料金

韓国語の通訳料金の内訳は、通訳料金(拘束時間で計上)と派遣した際にかかる諸費用の2種類の合計で計算されます。

1.拘束時間

一般的に「4時間以内」もしくは「8時間以内」の2パターンで換算することが多いです。
実働の時給で2~3時間のみなどの発注はできないことが多いので、通訳を依頼する際は依頼できる時間の単位を必ず確認しましょう。

2.移動にかかった交通費・宿泊費


通訳者が現地まで移動するための交通費や宿泊費は、すべて依頼者側の負担になります。
また移動時間も拘束時間に含まれる場合もあるため、必ず通訳派遣会社の契約条件は熟読しましょう。

その他、延長料金(会社によって異なります)や深夜早朝手当、急な変更や取りやめに対するキャンセル料金など細かく規定されていることが多いので通訳派遣会社の契約条件は必ず確認しましょう。
※親切な会社の場合はサイトなどに条件が記載されていることもあります。

韓国語通訳の料金相場

相場としては、簡単な通訳で大きな移動がない場合の拘束時間の料金は最低半日22,000円(税抜)~、一日30,000円(税抜)~が一般的な料金となることが多いです。
さらに高度なスキルが必要な逐次・同時通訳や専門的な分野(医療やITなど)の知識を有した通訳が必要な場合は、この2倍以上の料金が発生することを認識しましょう。
通訳を依頼する際には、必ず事前に詳細な内容を提示の上、見積もりをとることが大切です。

オンライン通訳「OCiEte(オシエテ)」の韓国語通訳の特徴

法人向けオンライン通訳サービス「OCiEte(オシエテ)」では、クオリティの高い専門的なビジネス通訳サービスを遠隔オンラインで提供しています。
必要なスキルや専門性を確認した上で、必要な時間だけ必要な通訳者をアサインできます。

オンライン通訳サービス「OCiEte(オシエテ)」で韓国語の通訳を依頼する際のメリットは以下の3つです。

・ハイレベルな韓国語の通訳者をアサインできる
各通訳者のスキルや自己紹介動画を確認したうえで、求める専門性をもった通訳者の選定が可能です。また、契約前に面談機能も利用できるので、ミスマッチが起こりにくく安心してご利用いただけます。

・オンラインで完結できる
契約開始から業務終了まで、すべてオンラインで完結できるため、事前面談の際も通訳をおこなう際も移動が不要です。また、やりとりはすべて日本語対応なので、オンライン打合せのみでも安心してご利用いただけます。

・大幅な料金削減ができる
「OCiEte(オシエテ)」では1時間単位からの契約が可能です。またすべてオンラインで完結できるので、必要な料金は通訳者の時給のみとなるため大幅に料金の削減ができます。

「OCiETe(オシエテ)」で韓国語通訳を依頼するときの流れ

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」を利用して韓国語の通訳を依頼する流れはとても簡単です。通訳業務の登録から通訳の実施までたった5つのステップで完了できます。
また、この5ステップは、すべて「OCiETe(オシエテ)」サービス上で管理できます。

【サービス開始~完了までの流れ】

Step1. 無料会員登録
Step2. 新規案件登録
Step3. 通訳者へ仕事のオファー
Step4. 契約
Step5. 通訳業務の実施、評価

以上の手順だけで、通訳依頼を行えます。

※まずはOCiETeの通訳サービスを一度試してみたいという方も、お気軽にご相談ください。

まとめ

韓国語通訳を依頼する時に知っておきたい基礎知識と料金相場についてお伝えしましたがいかがでしょうか?

一泊二日で行き来することも可能な韓国は、日本国内に出張する感覚で行きやすい国です。K-POPやドラマなど、韓流ブームの影響もあり、親しみがある方も多い国ですが、文化の違いはビジネス上にもあります。
こちらの要望を押し付けるだけではなく敬意をもって伝えるには、その国の言葉での誠意のこもったやり取りが一番確実でしょう。
韓国の通訳を有効に利用して、円滑なコミュニケーションを築き、ビジネスチャンスを活かしてください。

韓国語通訳の基礎知識と料金についてのポイントは下記となります。

・韓国語の派遣通訳は拘束時間(半日・1日単位)とその他交通費・宿泊費などの料金が発生する

・韓国語の通訳を依頼する際には、韓国の文化も含めた知識を持っている専門通訳者を選ぶことが重要


・オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」は、格安の料金で韓国の文化にも精通したスキルの高い通訳を依頼できる

親密さを好む韓国企業とやり取りをする上で、コミュニケーションの取り方はとても重要です。近くても文化の違う韓国の企業を相手にビジネスを進めていくためには、それを理解している通訳者に依頼をすることを心がけましょう。

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」なら、低価格にもかかわらず高い専門性を兼ね備えたビジネス向け韓国語通訳者が必ず見つかります。
30秒でできる「無料会員登録」で、あなたにぴったりのオンライン通訳者を検索してみてください。

通訳や翻訳に関わるご相談を受け付けております。

「まずは料金を知りたい」
「オンライン通訳と通常の通訳との違いは?」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者に依頼をしたい」

など、通訳・翻訳に関するご相談やお問合せがございましたら、お気軽に下記よりご連絡ください!
お急ぎの方はお電話でも受け付けております。03-6868-7531(平日10時~19時)

韓国語通訳カテゴリの最新記事