お役立ち資料 無料配布中!

YouTubeの翻訳機能は使える?ツールの注意点や翻訳方法を解説

YouTube,翻訳,翻訳機能,ツール

YoutubeのPRで翻訳が必要になった時「自動翻訳かプロ」どっちが良い?

盛り上がりを見せる様々な動画配信サービスの中で、Youtubeはその中心です。

世界中で利用されるYoutubeを活用したプロモーションは、海外展開を目指す企業にとって有効手段の1つ

Youtubeで日本国内だけではなく、海外にも動画コンテンツを発信・配信したいと考えた際、Youtubeにある自動翻訳機能だけで、動画の内容を伝えられるのかな?と悩む方も多いです。

依頼したい内容に合わせたサービスを利用したほうが、コストパフォーマンスも高くなります。

この記事を読めば、Youtubeの翻訳が必要になった時、どうすれば最適な翻訳会社に依頼できるかのポイントを知ることができます。ぜひ最後までご覧ください!

今や世界中の人々が利用している動画の王道YouTube

スマートフォンの普及により、動画コンテンツを楽しむ方々は加速度的に増えています。

その代表とも言えるのは、YouTubeです。ICT総研が発表した「2022年度SNS利用動向に関する調査」ではYouTubeのユーザー数は「日本で約7000万人」「全世界で20億人以上」という脅威的なユーザー数を誇っています。

また、この数値は全インターネット人口の約3分の1にあたります。

日本国内でも“YouTuber”がクローズアップされ、学研ホールディングスが行なった「将来つきたい職業」アンケートでは、「YouTuberなどのネット配信者」が3番目に多い結果となりました。

動画の王道・YouTubeは、いまやプロモーションの常とう手段。海外への事業展開にも必要不可欠です。

企業のプロモーションも動画が効果的

動画コンテンツの強みは、何と言っても視覚と聴覚の両方から訴えかけられることです。

テキストや画像では伝わらない雰囲気をアピールできることはもちろん、短時間での多くの情報を伝えられるため、魅力を伝えるプロモーションとして、大きな効果が期待できます。

また、プロモーションと並行したブランディングにも有効活用できることも動画コンテンツの強みです。

魅力的な商品・サービスを創り出した自社の理念やビジョン、開発などのストーリーを伝えることで、動画の視聴者の『共感』と『信頼』を得られます。

イメージ戦略を推し進める上で、オリジナリティあふれる動画の活用がカギを握るといっても過言ではないでしょう。そして、それは海外に向けたPR戦略も同じです。

世界中にマーケットを広げるなら多言語化が必須

カナダの「Marketwired」の調査結果にて、“1分間の動画を視聴して得られる情報量は、およそ3600サイト分の情報量に匹敵する”と報告されているように、動画コンテンツが持つプロモーション効果は大きいものと言えます。

そして、YouTubeのように全世界で親しまれているサービスを活用した動画プロモーションは、商品・サービスの海外展開や観光客誘致をはじめとしたインバウンドにおいて、PR効果を期待できる有効手段です。

海外に向けて動画によるPRを行う場合は、ターゲットに合わせた言語を用いる必要があります。複数の国の方々に向けて動画を制作する場合には、多言語化が必須です。

そして、動画制作の際に翻訳を行う時には、魅力が正しく最適な形で伝わるよう、十分な翻訳スキルを持つ翻訳者に依頼することがベストです。

Youtubeの翻訳機能

YouTube,翻訳機能

日本国内だけではなく海外にも向けて発信する際に、Youtubeの翻訳機能を利用して動画配信をしようと考える方は多いです。

しかし、Youtubeの翻訳機能は、アップロードする人が作る字幕と、Youtube側が提供している自動翻訳の2種類があります。

この「自動翻訳」を使用する際には注意しておくべき点があります!

Youtube自動翻訳のメリットと注意点

Youtube翻訳のメリットと注意点

Youtubeの自動翻訳機能は「すぐに翻訳ができる(翻訳作業がいらない)」「無料で利用できる」などのメリットがあります。

※英語や韓国語など複数の言語にも対応しているのも1つのメリットです。

しかし、Youtubeの自動翻訳はまだまだ精度が低く、喋っている内容が正しく認識されない、正しく翻訳できない。というケースが多いです。

海外映画の字幕・吹き替えのように、「聞く言葉」と「読む文章」は異なります。動画内の音声をそのまま字幕にすると読みづらくなったり、動画のテンポに合わせて、視聴者が字幕を読み切れる長さにするなど、Youtubeの翻訳では事前に注意しておく必要があります。

自動翻訳機能は、無料で手軽に利用できますが、配信側が話している内容・意図を視聴者に完璧に伝えられるわけではありません。

なおさらプロモーションを目的としている大事なケースであれば、質の低い翻訳で評価が下がるということも考えられます。

大事なプロモーション動画の翻訳はプロに依頼するのがおすすめ

PR動画の翻訳はプロに依頼するのがおすすめ

企業のプロモーション動画は、プロの翻訳者に翻訳を行ってもらうのがおすすめです。

商品の使用感・機能性などを確認するために検討材料としてYoutube動画を見ている人も多いです。

顧客になり得るユーザーに向けて、動画を配信することは購買意欲向上にも繋がるので、翻訳文も完璧にする必要があります

プロ翻訳者に依頼することで得られる高いクオリティ

商品やサービスのプロモーション動画は魅力を最大限に、そして正確に伝えることが大事です。翻訳を行う際には、伝える言葉を選ぶ必要があります。

そういったポイントでもプロ翻訳者に依頼することは、翻訳前と翻訳後の確認作業などがあるため安心できます。

単語・文法の正しさを確認するだけではなく、その言語を使う現地の人が違和感を感じにくく理解しやすい翻訳文に正してくれます。

動画コンテンツの強みとして、視覚・聴覚の両方から訴えかけられるのが挙げられますが、翻訳文(文章)の質が高くなることによって、さらに動画全体の魅力も上がります!

Youtubeの字幕翻訳はOCiETeがおすすめ

YouTubeの字幕翻訳はオシエテがおすすめ

ビジネスシーンで活躍する確かなスキルを持つ翻訳スタッフ揃いのオシエテには、Youtube動画の翻訳依頼が寄せられています。例えば、動画内で使用する字幕の翻訳はそのひとつ。

ほかにも、様々な依頼に対応できることがOCiETeの強みです。

ここからは、OCiETeの翻訳サービスはどんな特徴なのか、依頼例を交えてご紹介します。Youtubeはもちろん、海外へのプロモーションを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

YouTube動画翻訳のご依頼例

常時、数百名以上の翻訳スタッフが稼働するオシエテの翻訳サービスは、日々様々な翻訳依頼が寄せられています。その中には、YouTubeの動画翻訳依頼も。

近々では、YouTubeをはじめとした各種動画メディアで掲載するコンテンツのタイトルや内容紹介テキストの翻訳や、海外メディアに掲載するゲームタイトルや紹介文章の翻訳に対応しました。

また、こちらもプロモーションには欠かせないSNSにおいて、海外向けに投稿する記事の文章翻訳を行なった実績もあります。

OCiETeのご対応内容領域

動画翻訳において、現在オシエテの翻訳サービスが対応できる領域は、
・動画に使用する字幕やテロップの翻訳
・字幕ファイルのミリ秒変換
・外国語でのナレーション、吹き替え

の3つです。様々な言語の翻訳に対応できるスタッフが揃っているため、多様な用途に合わせた効果的な翻訳を提供します。

ほかにも、「映像変換」「音声おこし」「タイムコード入れ」といった、動画制作に必要な各種作業も対応可能です。効果的な翻訳と共に、動画制作に関わる各種作業をワンストップで対応できる体制を整えています。

OCiETeのYouTube翻訳(映像字幕翻訳)サービスや、映像分野の翻訳について、さらに詳しく下記の記事で解説しています。是非ご覧ください。

YouTube以外の映像字幕翻訳も対応

オシエテでは、YouTubeをはじめとしたWebの動画コンテンツ以外にも、映像で使用される字幕翻訳にも対応しています。

映画やドラマなどの作品、報道やバラエティなどの番組、セミナーや学会に使われる専門分野の映像、外国人労働者を受け入れる際の研修映像など、その用途は様々です。

ライブ放送・配信や、オンラインで開催されるセミナーにおける、リアルタイム翻訳(=同時翻訳)も対応可能で、多様な動画・映像の翻訳ニーズに応えられる体制が整っています。

あわせて読みたい
→映像字幕翻訳の制作を依頼するポイントとオシエテの翻訳対応料金

まとめ

今回は、YouTubeをはじめとした動画における翻訳を依頼する際に大切なポイントについて解説してきましたが、いかがでしょうか。ここでのポイントは4つです。

  • Youtubeの自動翻訳は無料で気軽に使えるけどクオリティはまだ低い
  • 企業のプロモーションで翻訳を行うならプロ翻訳者に依頼すべき
  • プロ翻訳者に依頼することによって、より魅力のある動画になる
  • Youtubeの翻訳依頼は映像字幕翻訳の実績が多いオシエテがおすすめ

YouTubeなどの動画コンテンツの翻訳をご検討される場合は、専門性の高い翻訳スペシャリストが常時活躍する「OCiETe(オシエテ)」をぜひ利用してみてください。

OCiETeでは、翻訳以外でも「1時間〜依頼ができるオンライン通訳サービス」の依頼も可能です!PR先の現地企業との商談・会議で通訳が必要な方もお気軽にお問い合わせください!

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。