@include('analytics_body')
OCieTe Columnオシエテ コラム

長文の中国語翻訳をおこなうのに適した方法とは

中国語の長文翻訳は機械翻訳には難しい

中国語の長文翻訳を依頼したい…そんな時には、どこへどのように依頼をすればよいのでしょうか。
依頼する際には、「中国語には細やかな違いがある」「機械翻訳は中国語の長文翻訳に耐え得るのか?」「ビジネスシーンには専門スキルを持った翻訳者が必要」などのポイントを事前に知ることが大切です。依頼したい内容に合わせたサービスを選べば、コストパフォーマンスも高くなります。

ここでは、中国語の長文翻訳に大切な
・中国語と日本語の異なる点を知ろう
・手軽に使える機械翻訳でビジネスシーンを乗り切れるか
・中国語翻訳の需要はますます高まっていく
・増えている中国語の翻訳長文依頼
について解説します。

中国語の長文翻訳が必要な時に、どうすれば最適なサービスを利用できるかを知ることができます。ぜひ、最後までお読みください。

中国語と日本語の異なる点を知ろう

ともに漢字を使用するなど、日本語と中国語は一見近しい言語にも思えます。実際、「経済」や「銀行」など、同じ意味となる単語も中にはあります。

しかし、ほとんどの単語は同じ字面でも意味が異なったり、漢字も同じように見えて部首や構造が違ったり、文法自体が別だったりと、様々な違いがあることをご存知でしょうか?

中国語を翻訳するには、こうした違いを理解したうえで、信頼のおける方法で翻訳しなければなりません。この項では、日本語と中国語の異なる点をご紹介します。

中国語と日本語は文法が異なる

日本語と中国語の文法は、大きく2つの点で異なります。ひとつは、日本語の文法において特徴的な助詞(て・に・を・は)の使い方です。実は、中国語には「は」「を」の助詞が存在しません。

例えば「私はテレビを見る」という日本語を中国語に訳すと、「我看电视」となります。この場合、「我」だけで「私は」を指しますし、「电视」は「テレビを」を指します。名詞だけで文章を構成できる(場合がある)ことが、中国語の特徴です。

そして、もうひとつのポイントは、文法の構成です。中国語は英語の語順に近く、動詞が目的語よりも前に入ります。

例えば、日本語では
「私たちは(S:主語)、公園に(O:目的語)、出かけます(V:動詞)」と、「S→O→V」という順番になりますが、
中国語では
「私たちは(S:主語)、出かけます(V:動詞)、公園に(O:目的語)」と、いう「S→V→O」という順番になるのです。

同じに見える単語でも意味が違う

日本語と中国語で共に使われている漢字も、それぞれに字体が異なります。中国語で広く使われている簡体字は、その名の通り文字が簡略化されているのが特徴です。例えば、日本語の「銀」は、中国語で「」(簡体字・かねへんを省略した形)と書きます。

そして、気をつけなければいけないのは、漢字が持つ意味の違いです。日本語で「一周」と書けば、その意味は「ひとまわり」となりますよね。しかし、中国語の「一周」は、「一週間」という意味になります。

このような似た漢字でも意味が異なる場合のほか、そもそもまったく意味合いが違う単語もあります。例えば、日本語での「手紙」は、中国語ですと「トイレットペーパー」を指します。こうした違いを正しく理解できていなければ、正確な中国語翻訳は望めません。

中国語は動詞が変化しない

目的語よりも動詞が先に入る中国語は、英語と近い文法です。しかし、過去・現在・未来といった“時間軸”で動詞が変化する英語と比較して、中国語はどんな時制でも動詞の形は変化しません。

中国語には、英語のような「過去形」や「未来形」は無く、動詞はすべて同じ形で問題ありません。過去や未来を表す時には、会話の背景や動作の状況に合わせて表現します。

例えば、助詞の「了」はそのひとつ。文末に用いた時には、新しい状況の発生や変化を表す「語気助詞」となり、動詞の後に「了」を用いた場合には動作が実現したことを意味する「事態助詞」となります。

【例文1】
刚才他去学校了。
“先ほど彼は学校へ行きました。”

「他去学校。」のみの場合は「彼は学校へ行きます。」という意味になります。そこに「先ほど」を意味する「刚才」が文頭に用いられているため、状況の変化を表す語気助詞としての「了」を合わせて用いることで、「先ほど彼が学校へ行きました。」という訳になるのです。

【例文2】
他去了学校上课。
“彼は学校に行って授業を受けました。”

一方、「行く」を意味する動詞「他去」の後ろに、動作の実現を示す事態助詞としての「了」を用いることで、「学校に行き、他の○○をしている」と話の続きがある訳となります。

このように、中国語の動詞は過去・未来に関わらず変化せず、会話の背景や置かれた状況により、助詞を用いて説明するという特徴があることがわかります。

手軽に使える機械翻訳でビジネスシーンを乗り切れるか

AIに代表される機械学習など、発展のスピードを緩めないIT技術により、Webやアプリを活用した機械翻訳の精度は年々向上しています。しかしながら、文脈の理解を要する長文の翻訳では、プロの翻訳者の手が必要な現状です。

それに、無料サービスで機械翻訳を行なったとして、その内容が正しいかどうかを判断できる人材が必要です。特にビジネスシーンで中国語の長文翻訳を行なう時には、翻訳の正確性が重視されます。さて、この項では機械翻訳について考察していきましょう。

長文の中国語を機械翻訳でおこなった場合の課題

機械翻訳は、アルゴリズムで文章に配された単語を文法に合わせて切り分け、コーパスと呼ばれる言語のデータベースを参照しながら翻訳する「ルールベース型翻訳」が一般的です。しかし、ルールベース型翻訳は正しい文法で原文を入力した場合に効果を発揮するものの、口語のような表現で原文を入力した時の対応は不得手です。

一方、近年は脳の神経回路を模した「ニューラル機械翻訳」が注目を集めています。機械学習を用いているため、十分な学習データ量と優れた機械学習を用いれば、自然な翻訳にグッと近づきます。しかし、データ量に依存するため専門分野やジョークのようなくだけた表現は、うまく訳せないことも。中国語を長文で翻訳する際に、機械翻訳を使いたい場合はこの点をまず考慮しなければなりません。

中国語の知識がないと翻訳内容が正しいかもわからない

中国語は、識字率の向上を目指した中華人民共和国政府によって推進された、文字どおりシンプルな「簡体字」と、台湾や香港・マカオといった地域で使われている古来の「繁体字」に大別されます。さらに、北京語をルーツ台湾繁体字や、広東語をルーツとしている香港繁体字など、細やかな違いもあります。

たとえ機械翻訳の精度が大きく上がったとしても、こうした様々な違いを理解できる人材がいなければ、翻訳内容が適したものかどうかを判断できません。

ビジネスで中国語の翻訳に求められること

ビジネスシーンで、中国語の長文翻訳を行なう際には、よりシビアに翻訳を進める必要があります。例えば、契約書のような法務分野の専門知識が必要な書面の翻訳や、商品の魅力を長文でも的確に表現する場合など、高い中国語スキルが求められます。

機械翻訳のサービス開発は今もなお繰り広げられており、近い将来さらなる精度の高さを持つサービスが出てくるかもしれません。しかし、今の段階では機械翻訳のみでビジネスシーンにおける中国語の長文翻訳をやり通すのは不安が残ります。プロフェッショナルな翻訳者を手配する必要があると言えそうです。

あわせて読みたい
→中国語の機械翻訳の精度とは?

中国語翻訳の需要はますます高まっていく

2000年代後半から急速な経済成長を続ける中国は、現在アメリカに次いで世界第2位の経済大国となりました。2018年時点の数字ではありますが、GDP(国内総生産)は13.61兆ドルと高い数字を示しています。今もなお経済政策に力を入れていることから、さらなる成長可能性もあります。

日本企業も中国にオフィスや工場を数多く展開していると共に、越境ECでは中国ユーザー向けに出店するなど、ビジネスシーンにおいて両国の関係性は近い位置にあると言えるでしょう。今後も中国語翻訳のニーズはますます高まっていくと考えられます。

増えている中国語の翻訳長文依頼

中国企業やユーザー向けにビジネスを行なう日本企業は増えており、様々なシーンで中国語の長文翻訳依頼のニーズが高まっています。例えば、

■商品の魅力を的確に伝えるECサイトの商品ページテキスト
■中国人のリクルートに必要なコーポレートページの制作
■インバウンドの観光客向けプロモーションメディア

など、プロの翻訳者が常時稼働するオシエテにも数多くの依頼が寄せられています。

ホームページやECサイトなら月額固定のオシエテが使いやすい

ホームページやECサイトに掲載するコンテンツは、長文になりがちです。そのため、中国語の長文翻訳に依頼できるサービスを選ぶ必要があります。

その点、ハイスキルを持つ中国語の翻訳者が数多く在籍するオシエテは、数ある翻訳会社の中でも信頼に応えられるだけのクオリティを提供します。そして、文字数換算による翻訳サービスが一般的な中で、オシエテのサービスは月額固定プランを採用。文字数を考慮することなく、クオリティの高い中国語の長文コンテンツ制作することで、魅力あるホームページやECサイトの制作が可能です。

24時間気軽に依頼ができるオンライン翻訳

時差が少ないとは言え、海外企業とのビジネス展開には緊急対応がつきものです。増して、言語が異なる相手だと、急場でも対応できる中国語スキルが求められます。

その点、オシエテの翻訳サービスは、毎月定額プランのため、翻訳依頼の回数は無制限。専門システムから24時間、気軽に依頼が可能です。また、常時100名以上のプロ翻訳スタッフが稼働しているためにスケジュールも調整しやすく、最短納期1日で対応します。緊急で中国語の翻訳が必要な時にも、頼れる存在です。

あわせて読みたい
→中国語の翻訳会社なら定額使い放題のオシエテが便利

長文の中国語翻訳をおこなうのに適した方法とはまとめ

今回は、中国語の長文翻訳について解説してきましたが、いかがでしょうか。

ここでのポイントは5つです。

・同じ漢字や単語でも意味が異なるなど、日本語と中国語は様々な違いがある
・繁体字、簡体字など中国語でも細やかな違いがあり、正しい知識を持つハイスキルな中国語翻訳が必要
・機械翻訳の精度は年々上がっているものの、長文の翻訳クオリティにはまだまだ課題が。最終的には、中国語を理解した人材が求められる
・大きな経済成長を見せる中国は、今後ビジネスシーンの拡大も想定され、翻訳ニーズも高くなると考えられる
・魅力あるコンテンツを制作したい時には、文字数換算ではなく、月額使い放題のオシエテの翻訳サービスが便利。緊急時にも最短納期1日で対応

一般事業者向け・EC事業者向け・メディア事業者向けに、想定される翻訳ボリュームに合わせてそれぞれ3つの月額プランを設定しているオシエテの翻訳サービスは、24時間依頼が可能。プロの翻訳者が数多く稼働するオシエテは、割安ながら高品質な翻訳を提供しているので、コストパフォーマンスが高くおすすめです。

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら