金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴

金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴

金融翻訳には、高い専門と100%誤訳のない正確な翻訳が求められます。

例えば金融関連のレポートの場合、対象読者はファンドマネージャーや証券会社のセールスマンといった専門家なので、翻訳者にも同等レベルの金融知識が必要です。

さらにそれをわかりやすい、なおかつミスのない完璧な状態で依頼言語に翻訳をしてレポートする必要があるため、知識と経験が豊富な翻訳者へ依頼をすることが重要です。

また、動きの速い金融業界では、翻訳の依頼も短納期であるため、そのスピード感に対応できる翻訳会社に依頼をすることが大切です。

金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴

金融分野の翻訳で求められるスキル

金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴

金融分野の翻訳は難易度が高く、依頼する翻訳者の選択も簡単ではありません。

金融翻訳に求められるスキルを理解していれば、どんな翻訳者に依頼すべきなのかがわかります。

金融翻訳における適切な表現方法を知る

金融分野の翻訳では、専門用語・専門知識を持ったうえで翻訳をしなければいけません。

金融に関する知識が乏しい場合、専門用語を完璧に訳すことができず適切な表現(翻訳)をすることは難しいでしょう。

正確な翻訳を行うには、金融分野特有の専門用語もわかりやすく伝えるために、適切な表現を用いて訳す必要があります。

金融分野の翻訳が必要となるケースでは、財務状況を簡単にまとめられた資料から、投資家・株主向けのIR資料などでは表現方法が変わることも珍しくありません。

金融業界の最新情報を把握しておく

金融翻訳では専門用語の理解が必要であると同時に、新しい金融サービスの情報を得ることも大事です。

金融(ファイナンス)と最新技術(テクノロジー)が交えたフィンテックの動向など、新たな金融サービスの発展によって生成される最新用語を把握していなければいけません。

金融分野は国によって文化やルールが違い、単に翻訳するといってもその国で浸透している言葉、ルールを理解していなければ正しい翻訳は難しいと言えるでしょう。

参照:日本銀行|FinTech(フィンテック)とは何ですか?

時間と効率性が求められる

決算報告書や事業契約書などの金融分野の文書は、厳格な締め切りに追われることがあります。

翻訳者は、高品質な翻訳を提供するために必要な時間と労力を確保しながら、スピーディーな翻訳を行う必要があります。

つまり、適切なスケジュール(進捗)管理と効率的な翻訳の依頼フローを求めるべきです。

ここまで解説した観点から、金融分野の翻訳は専門的な知識と豊富な経験を要する作業となります。

翻訳者は金融業界の動向や用語の変化を常に追い、専門知識を継続的に向上させる必要があります。また、信頼性や正確性の要求が高いため、品質管理プロセスを確立し、専門家やコンテンツオーナーとのコミュニケーションを重視することも重要です。

IR翻訳を依頼する際には正確性とリスクの回避が大事

金融の翻訳でよくあるご依頼

金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴
金融分野の翻訳依頼例
  • 有価証券報告書や決算報告書、事業計画書などの翻訳
  • アナリストによる各種レポートの翻訳
  • 保険や金融商品の説明資料や約款などに関する翻訳
  • 金融・経済に関する記事の翻訳
  • 各種商品の説明動画の翻訳 など

金融分野の翻訳で気をつけるべきこと

金融分野の翻訳は、正確な翻訳を施せるスキルだけではなく、金融・経済・財務分野の専門的な内容を伝えられるかが大切になります。

専門的な翻訳を行うには、高い翻訳能力と金融・経済・財務分野の専門的な知識を掛け合わせた翻訳者に依頼すべきです。

金融分野の翻訳で注意すべきポイント、知っておくべきポイントについては下記の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

財務・金融分野の翻訳依頼をする前に知っておくべきポイント

金融分野の翻訳は難易度が高い

金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴

金融分野の翻訳は、専門用語の多さや表現方法、伝え方の意識など複雑で難易度が高いと言われています。

ここからは難易度が高いと言われる理由と、翻訳時の注意点についてご紹介します。

金融分野の翻訳に関する注意点
  • 専門用語の複雑さ
  • 法律と規制の複雑さ
  • 地域の文化的な違い
  • 機密性と正確性の要求
  • 文体の違い
金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴

専門用語の複雑さ

金融業界は専門的な用語や表現が非常に多く使われるため、正確に翻訳することは至難の業です。

例えば、会計や財務に関連する用語、投資戦略や金融商品に関する専門用語などが無数にあります。

こうした専門用語のニュアンスや正確な意味を把握し、対象言語に適切に翻訳することで、外国人投資家や海外企業に正確に伝えられます。

法律と規制の複雑さ

金融分野は厳格な法律や規制に基づいています。決算報告書や事業契約書などの翻訳では、地域や国によって異なる法律や規制に準拠しなければなりません。

これには企業の財務報告基準、税務規定、証券取引法、金融監督法などが含まれるため、言語スキルだけではなく、各国の法律に関する知識も必要です。

地域の文化的な違い

金融分野は国際的な性質を持ち、異なる文化や地域においても様々な取引が行うことも珍しくありません。

翻訳者は、文化的な背景や地域の慣習を考慮しながら、翻訳を行う必要があります。

特定の表現や概念が他の言語や文化においては異なる解釈を受けることがあるため、翻訳の適切性を確保するためには、言語的な正確さだけでなく文化的な敏感さも必要です。

機密性と正確性の要求

金融分野の文書は機密性が高く、正確な情報の伝達が求められます。翻訳者は、業界の機密情報を保護し、情報漏洩や翻訳ミスを防ぐために十分な注意を払うべきです。

また、数値データや統計情報などの正確性も重要であり、そのままの意味や数値を正確に翻訳する必要があります。

誤った数値や情報が重大な影響を及ぼす可能性がありますので、翻訳の正確性と一貫性には特に注意をしておきましょう。

文体の違い

金融分野の文書には、公式な文体や堅い表現が使われることがあります。一方で、翻訳先の言語には異なる表現や文体のルールが存在します。

翻訳者は、原文の専門的な文体を適切に再現しつつ、翻訳先の読み手に理解しやすい形で表現することが大切です。

IR分野の翻訳ならOCiETe IRがおすすめ!

金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴

OCiETeでは、ビジネスシーンで活用できるOCiETe翻訳だけではなく、さらに専門要素の強いIR分野に特化した翻訳サービス【OCiETe IR】を展開しています。

財務・会計・IR分野の専門知識を持ったプロ翻訳者のみが対応し、専門用語・技術用語なども含めて、伝えたいニュアンスを汲み取り、読み手が理解しやすくなる高品質の翻訳を提供します

金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴

翻訳の対応範囲

OCiETe IRの翻訳サービスは主に下記の範囲に対応しています。

  • 決算短信
  • 有価証券報告書
  • IR説明会資料
  • 適時開示資料
  • アニュアルレポート
  • ESG報告書
  • 株主総会招集通知
  • コーポレート・ガバナンス
  • 動画

そのほか、上記に記載していないドキュメントも対応いたしますので、まずはご相談ください。

翻訳だけではなく通訳も一貫して依頼できる

資料やWebページなどの翻訳だけではなく、海外企業や外国人担当者との商談・会議で通訳が必要になった場合も、1時間〜利用することができ、翻訳・通訳を一貫して依頼することができます

翻訳・通訳をまとめて依頼することにより、依頼目的や要望などをその都度説明する時間を省けるため、費用面だけではなくタイムパフォーマンスの最大化が可能です。

金融翻訳まとめ

本記事では、金融翻訳に関する注意点や難易度の高さについて解説しました。ここでのポイントは以下の通りです。

ここがポイント!
  • 金融分野の翻訳は言語スキルが高いだけでは不十分
  • 翻訳者は専門用語や法律規制に関する知識が必要
  • 修正や締め切りを見越したスケジュール管理といったスピード感も求められる

金融分野の翻訳依頼をする際は、金融翻訳の経験が豊富なプロ翻訳者に依頼できるオンライン翻訳サービス【OCiETe IR】をぜひ利用してみてください。

通訳・翻訳に関するご相談
資料請求・お見積りの問合せ(03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
金融分野の翻訳で求められるスキルと依頼すべき翻訳者の特徴
Sano
翻訳・通訳サービスを展開するOCiETeでマーケティングを担当。「世界をシームレスにつなげる」の企業理念のもと、海外企業や外国人とのビジネスに必要な翻訳者・通訳者とのマッチング支援行っています。 翻訳・通訳依頼の基礎知識だけではなく、依頼前に知ってほしいポイントを伝えることをモットーに、情報発信しております。 また海外ビジネスに関するWebメディア「セカイノビジネス presented by オシエテ」の運営も兼務。