お役立ち資料 無料配布中!

【2022年最新】翻訳の料金・単価はどれくらい?内訳や相場を徹底解説

【2022年最新】翻訳の料金・単価はどれくらい?内訳や相場を徹底解説

翻訳の料金や単価はどれくらい?相場費用の内訳や計上方法を知ると理解できる!

現在のビジネスにおいて翻訳の需要が年々高まっています。例えば、ビジネスレベルの英語を使いこなすとなると、読み書きはなんなくできる人でも、いざ翻訳をより正確に行おうとすると、専門用語や内容の詳細を調べるのに時間がかかり大変な労力を使うことになります。

そんな時に、時間をかけずに利用できるのが翻訳サービスです。日本には、翻訳サービスを提供している会社はいくつもありますが、気になるのは料金や単価などの、翻訳にかかる費用ではないでしょうか。

今後、翻訳サービスを利用するにあたり、翻訳料金の相場を知っておくと目安がわかって便利です。

ここでは

  • 翻訳の種類
  • 翻訳の費用計上の仕方と種類
  • 日本語から英語に翻訳する場合の料金相場
  • オシエテのオンライン翻訳の内容、料金、プランについて
  • オシエテの英語の翻訳を利用するうえでよくあるご質問FAQ
  • 翻訳の料金・単価はどれくらい?内訳や相場を徹底解説|まとめ

について解説します。

これを読むことで、翻訳の種類や英語翻訳の相場費用がわかり、今後ビジネスで英語の翻訳を依頼する際の参考になります。ぜひ最後までご覧ください。

翻訳の種類

ビジネスに必要な英語翻訳には、実はさまざまな種類があります。

例えば、英語で記載されている契約書面の翻訳、情報収集のための海外ホームページや英語論文、または映画などがあり、目的にあわせた英語の翻訳が必要になります。

英語の翻訳者にも得意分野があるため、法律関係の翻訳に明るく技術のある翻訳者が同じレベルで雑誌や書籍の翻訳ができるとは限りません。

また、必要な分野によって翻訳の難易度も変わるため、依頼をしたい翻訳の分野が得意な英語翻訳者に依頼する事が重要です。

翻訳の費用計上の仕方と種類

英語を例に挙げて、翻訳料金の計上の仕方と種類を確認していきましょう。
翻訳料金は主に以下の3項目を合算したもので計上されます。

1.翻訳を行う費用

翻訳の作業をおこなう基本料金です。ここには、翻訳者の翻訳作業とセルフチェックが含まれます。
翻訳する内容の専門性や難易度、英語を日本語に翻訳する際にネイティブをアサインするかどうかでも料金が変わってきます。

2.翻訳を校正するための費用

翻訳した翻訳者以外の第三者に、内容の正確性を期して校正チェックを依頼するために必要な料金です。
・原文と照らし合わせながら内容の確認をする
・翻訳した文章の内容があっているかを確認する
・誤字脱字がないか納品の体裁に沿っているかを確認する
上記いずれかの校正方法を選択することが多いです。

3.その他、翻訳にまつわる作業で別途発生した費用

翻訳した内容の体裁を整える、指定のアプリケーションを使って整形した納品をおこなう、または急ぎで納品して欲しい場合の特急料金といった、プラスの要望がある場合は、翻訳とは別に作業費が計上されます。

一般的な英語の英語翻訳の場合

翻訳に必要な費用も、翻訳する内容や種類によって変わります。だいたいの翻訳料金は「日本語→英語」の場合文字数「英語→日本語」の場合ワード数の単価×量となることが多いです。

契約書・ホームページ・論文などの翻訳する種類や、その分野ごとの単価×文字・ワード数に校正チェックを追加するか、特急料金が必要か、などによって加算が発生しその合計が英語翻訳の発注費用です。

専門分野によってかなり料金の幅があるため、依頼する際は必ずお見積もりを取って料金はいくらになるかを確認する必要があります!

日本語から英語に翻訳する場合の料金相場

それでは種類別の料金相場をみてみましょう。翻訳会社によって料金設定は様々なので、1ワードあたりの単価は一般社団法人日本翻訳連盟にある平均的な分野の料金を参考にします。

また特急料金や校正費も各者それぞれのため、イメージしやすいように仮に特急料金は35%、校正チェック費は1ワード20円とします。こちらは仮定の上での参考ですので、実際の費用は各翻訳会社に必ず見積もりを取りましょう。

契約書の翻訳を依頼した場合の相場

  • 分野:契約(1文字25円)
  • 量:1,500文字
  • 校正チェック:外注の校正チェック
  • 納期:早急
  • (25※1文字単価×1,500※文字数×1.35※特急料金)+(1,500×20※校正チェック)=80,625円

論文の翻訳を依頼した場合の相場

  • 分野:医療・医学(1文字30円)
  • ワード数:4,000文字
  • 校正チェック:外注の校正チェック
  • 納期:10日※特急料金なし
  • (30※1文字単価×4,000※文字数)+(4,000×20※校正チェック)=200,000円

ホームページの翻訳を依頼した場合の相場

  • 分野:一般科学(1文字21円)
  • ワード数:3,000文字
  • 校正チェック:翻訳者のセルフチェックのみ※校正チェック費なし
  • 納期:5日※特急料金なし
  • (21※1文字単価×3,000※ワード数)=63,000円

※参考:
一般社団法人日本翻訳連盟翻訳料金(クライアント企業の翻訳発注価格)の目安

中国語や韓国語など、言語によって翻訳料金の相場は変わるので、理解しておきましょう!

翻訳サービスはどこが良い?悩んでいるなら「OCiETe」のオンライン翻訳がおすすめ

オンライン翻訳サービス「OCiETe(オシエテ)」では、ホームページの翻訳をメインにサービスを展開しています。

OCiETeでは、対応言語数の多さや急な依頼でも対応できます。まずはOCiETeの翻訳サービスを知りたい、単発で依頼してみたいという方もお気軽にご相談ください。

下記からは、サービスの特徴や料金についてそれぞれの特徴をご紹介します。

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

翻訳の料金・単価はどれくらい?内訳や相場を徹底解説|まとめ

この記事では、翻訳の料金や相場単価ついて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?今回のポイントは以下のとおりです。

ここがポイント!
  • 翻訳にはさまざまな種類があるので、それぞれの内容の適した専門の翻訳者に依頼する必要がある
  • 翻訳の料金相場は「翻訳の種類と分野+ワード数+校正チェック+納期のスピード」によって決まっている
  • 「OCiETe(オシエテ)」のオンライン翻訳サービスは業界に精通した専門知識のある翻訳者をアサインできる
  • 「OCiETe(オシエテ)」は計50か国語に対応しており、厳しいスキルチェックを受けた高品質な翻訳が担保されている

ビジネスの英語の翻訳は専門性の高いものなので、クオリティを求めるとある程度のコストがかかります。

プロの翻訳者のみが登録しているOCiETeの翻訳サービスは、高品質をキープしたまま面倒な翻訳の発注作業を簡単にできるサービスで、高いコストパフォーマンスがあります。ホームページや契約書などのビジネスシーンで翻訳が必要な場合はぜひご利用ください。

OCiETeでは、翻訳だけではなく「1時間〜」依頼ができる通訳サービスもご用意しています!海外企業との商談・打ち合わせなども必要な方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。