通訳を依頼する時に知っておきたい基本知識と依頼の流れ・料金

通訳を依頼する時に知っておきたい基本知識と依頼の流れ・料金

通訳を依頼する際に知っておくべき通訳の基本知識と料金

AIの発達が著しい現代、ありがたいことにアプリや翻訳機などによる機械翻訳の性能は著しく向上し、旅行などの日常で使うには十分な機能を兼ね備えてきています。

しかし、ビジネスシーンにおいてはどうでしょうか。
会社の未来が決まるといっても過言ではない商談などの重要なシチュエーションにおいて、専門的な難易度の高い言語やその場の状況に応じたデリケートな言い回しなど、通訳には高い専門性とスキルが求められるため、まだまだ機械翻訳が通訳者に代わって通訳をおこなうのは難しいと言えます。

では、実際に通訳への依頼が必要になったとき、どのように通訳者を選んで依頼をすればよいのでしょうか。

ここでは、
・通訳の依頼をする際に知っておくべき基本知識と料金
・法人向けオンライン通訳「OCiETe(オシエテ)」を利用した場合の料金
・法人向けオンライン通訳「OCiETe(オシエテ)」の対応言語
・法人向けオンライン通訳「OCiETe(オシエテ)」に通訳の依頼をする際の流れ

について解説します。

これを読むことで通訳を依頼する際に必要な、通訳の基本的な知識や料金について知ることができ、オンライン通訳を活用するメリットがわかるのでぜひ最後までご覧ください。

通訳の依頼が必要となるシチュエーションは大きく4つ

ビジネスにおいて通訳への依頼が必要になるのは、以下のような場合が考えられます。それぞれのシチュエーションにおける通訳の役割について解説します。

1.商談
会社の商品やサービスについて海外の会社に対し商談を行う際、重要な役割を担うのが通訳です。
通訳者には、交渉にあたる際の正確な言語のセレクトと細かなニュアンスを読み取り伝える能力、そして契約に必要な専門用語の知識と商談をスムーズに進めるために会話を止めずに伝えるスピード感など、あらゆる面において高いスキルが求められます。

2.アテンド・会食
海外からの大切なお客様をおもてなしする際にも、双方のスムーズな会話のキャッチボールはとても重要となります。
双方がストレスなく会話ができるよう、瞬時に最適な言葉を選び会話を成立させていくスキルが必要です。

3.展示会・説明会
会社の商品を販売するための展示会や、株主にむけた株主総会・会社説明会など、多くの人に対してプレゼンテーションする場においても通訳への依頼需要が増えてきています。
会社や商品の魅力をしっかりと伝えるためには、より細かで正確な説明が必要であり、いまやグローバルに商品展開を行っていくうえで通訳は欠かせない存在といえます。

4.国際会議、シンポジウム
政治会談や学術系のシンポジウムなどでも、専門性の高いスキルをもつ通訳が求められます。
政治会談では誤った言葉で通訳をおこなってしまうと、場合によっては国同士の関係性を壊す可能性もあるため、とても責任のある役割を担うことになります。

このように、通訳はただ言葉をそのまま訳して伝えればよいというものではなく、その時その時のシチュエーションにあわせて目的をしっかりと理解し、正確な言語セレクトと知識を持っていることが求められます。

通訳を依頼するときには、具体的にどんなシチュエーションでどのような知識を兼ね備えている必要があるかをしっかりと確認をすることが大切です。

必要となる通訳依頼の形式は3つ

ビジネスシーンにおいて、通訳の形式は3つあります。それぞれどのような通訳の仕方なのかを知り、依頼する際の参考にしましょう。

1.同時通訳
その名のとおり、話し手とほぼ同時に通訳をしていく形式です。
話し手は通常の会話のスピードで話し続けるため、最も高いスキルが求められます。
通訳者は通訳ブースから通訳をおこない、聞き手はヘッドホンから内容を聞くのが一般的です。
利用シーン:国際会議やシンポジウムなど大人数の場

2.ウィスパリング通訳
通訳者が利き手の後方につき、話の内容を同時通訳していく形式です。
耳元で囁いて通訳していくので、2~3人などの少人数の際に利用します。
利用シーン:少人数での商談や会議など

3.逐次通訳
話し手と通訳者が交互に発言をしながら通訳をおこなっていく形式です。
通訳者は話し手に質問をして内容を確認したり、メモをとったりすることもできるので、他の通訳と比べるとやや難易度は下がります。ただ通訳の時間は他の2倍かかります。
利用シーン:商談やアテンド、インタビューなど

専門性や移動距離によって通訳の依頼料金は大きく異なる

通訳の料金は、利用するシチュエーションや通訳の形式によって異なります。
通訳を行う内容の難易度が高ければ、当然通訳者に対し高いスキルや専門性が求められることになるため、支払う料金も高くなります。

また、通訳を行う場所によっては、その拘束時間や待機時間、移動にかかる運賃などの経費も必要となってきます。

「OCiETe(オシエテ)」なら安い料金で通訳の依頼できる

これからますますビジネスも国際化し、通訳の需要が高まっていく上で、高いスキルをもった通訳の存在はとても重要となってきます。

しかし通訳を依頼する際の料金はとても高く、また派遣する場所によっては求めるスキルを兼ね備えた通訳に依頼をすることが難しい場合もあります。

そんなとき、オンライン通訳なら、場所を選ばずに通常の通訳に依頼するよりもかなり料金をおさえて依頼をすることが可能となります。

ここからは、法人向けオンライン通訳サービスを提供している「OCiETe(オシエテ)」についてご紹介していきます。

オンライン通訳なら拘束時間が少ないため安い料金で依頼が可能

オンライン通訳は、依頼開始から業務終了まで、すべてオンライン上で完結することができるため、通訳者の拘束時間が短く済み、結果的に料金を安くおさえて依頼をすることが可能となります。

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」では、最短1時間から契約をすることができ、発生するのは通訳者の時給のみなので気軽に利用しやすいのも特徴です。

また、通訳をおこなう場所も選ばないため、通訳者がどこに住んでいても気にせずに依頼をすることができるので、希望する高いスキルを兼ね備えた通訳への依頼もできます。

オンラインでもハイレベルな通訳者が多数登録しているので安心

これまで通訳の仕事は、現場に行き、直接その場で通訳をすることが求められていました。

そのため、とても高いスキルと経験を持っている通訳者であるにもかかわらず、稼働できる時間に制約があるがゆえに通訳のスキルを活かす場所が少ないという課題がありました。

そこで、そのような有能な通訳者の方の経験を存分に活かす場としてオンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」は誕生しました。

現在、「OCiETe(オシエテ)」に登録をしている通訳者は、事前にスキルチェックをしっかりと受けたスタッフのみなので、安心して通訳を依頼することができます。

また、企業が依頼をしたい通訳内容についてのミスマッチが起きないよう、事前に企業側と通訳者によるオンライン面談を行うことができる機能を兼ね備えているので安心です。

通訳者を現場派遣しなくても十分な役割が果たせるオンライン通訳

オンライン通訳を利用すれば、現場に通訳者が行くことなく、パソコンやタブレットの利用のみで通訳をすることが可能となります。

また、ビデオ電話のように顔を見ながらの通訳となるため、その場の雰囲気をつかみ取ることができ、状況にあわせてビジネスに必要なニュアンスや専門用語での通訳をおこなうので、通訳者が現場にいるのと変わらない精度の通訳を実現します。

万が一に備え「情報漏洩保険」適用で通訳の依頼も安心

オンライン通訳サービス 「OCiEte(オシエテ)」は三井住友海上社と提携し、「サイバープロテクター」の提供を開始しました。

これは、「OCiETe(オシエテ)」のサービスを利用して発生した通訳者の故意ではない情報漏洩に対して賠賠償請求を受けた場合に、1事故、期間中500万円まで補償するサービスです。サービス利用時に、オンライン・オフラインのどちらでもあっても適用されます。

通訳を依頼したい企業やオンライン通訳者が、より安心してサービスをご利用いただけるよう、オンライン通訳サービス 「OCiEte(オシエテ)」は常に高いサービスの提供を目指しています。

通訳の依頼が可能な言語は英語や韓国語など全18言語

オンライン通訳サービス「OCiEte(オシエテ)」では、英語や韓国語など依頼の多い言語はもちろん、そのほか各国の言語についても対応しています。
現在は、下記の言語についてオンライン通訳者の手配が可能です。

■アジア・オセアニア
韓国語/中国語/タイ語/ベトナム語/マレー語/インドネシア語

■北米
英語/フランス語

■中南米
ポルトガル語/スペイン語

■ヨーロッパ
スペイン語/ロシア語/ハンガリー語/イタリア語/ドイツ語/フランス語/オランダ語/トルコ語/ブルガリア語/ポルトガル語

■中東・アフリカ
アラビア語

「OCiETe(オシエテ)」に通訳の依頼をする流れ

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」に依頼をする流れはとても簡単です。

本サービスは通訳業務の登録から通訳の実施まで、すべて「OCiETe(オシエテ)」サービス上で管理できます。

■サービス開始~完了までの流れ
Step1. 無料会員登録
Step2. 新規案件登録
Step3. 通訳者へ仕事のオファー
Step4. 契約
Step5. 通訳業務の実施、評価

通訳を依頼する際に知っておくべき通訳の基本知識と料金のまとめ

通訳を依頼する際に知っておくべき基本知識と料金について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

通訳を依頼する際のポイントは、下記となります。

・通訳を依頼するときは、そのシチュエーションにあわせた通訳形式で依頼をすること
・通訳者の依頼は、専門性や移動距離によって依頼料金が大きく異なるので注意すること
・オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」なら安い料金でスキルの高い通訳者に依頼ができる

通訳を依頼する際には、利用するシーンや通訳方法をしっかりと確認したうえで、必要な高いスキルをもった通訳者に依頼をすることが重要です。
オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」なら、低価格にもかかわらず高い専門性を兼ね備えた通訳者が必ず見つかります。

30秒でできる「無料会員登録」で、あなたにぴったりのオンライン通訳者を検索してみてください。

通訳の種類カテゴリの最新記事