英語翻訳は機械(AI)か翻訳者どっちが良いの?違いや活用例を解説

長文の英語翻訳をする場合のサイトやアプリと人による翻訳の違い

ひと昔前までインターネットはパソコンで利用するのが一般的でした。スマートフォンの普及でインターネットはより手軽なツールとなり、ECサイトのAmazonや動画配信のNetflixなどのインターネットサービスは存在感をますます強めています。

これは日本のインターネットビジネスが世界に進出する可能性も示唆しています。

インターネットでは国境を気にすることなくWebサイトにアクセスできます。これを活用すれば外国人向けのビジネスを行うことは十分可能です。

しかし、外国人向けWebサイトの場合、英語への翻訳が必要不可欠。翻訳については自分で行うか、人に頼むかの選択肢があります。

ここでは、長文英語翻訳を実施する時にはアプリやサイトと人による翻訳どちらが良いのか、人力翻訳と機械翻訳の違いなどについて解説します。

Webサイトは長文の翻訳が主になりますが、自分で翻訳するべきかプロに依頼するのがいいかシーンによっての使い分けもご紹介します!

長文翻訳は機械翻訳と人力翻訳どちらが良いのか

近年は海外旅行が身近になったことも相まって、無料の翻訳アプリや翻訳サイトが数多く出回っています。これらを利用することで個人でも英語の翻訳が簡単にできるようになりました。

しかし商業用Webサイトに掲載している長文の商品説明や、正確性が求められる個人情報の取り扱い表示などを翻訳する場合、翻訳アプリでの翻訳は注意が必要です。

長文の英語を翻訳する際にサイト・アプリを使う場合

一言で英語翻訳アプリといっても、機械翻訳には3つの手法があります。

ルールベース機械翻訳
事前に登録した文法に基づいて翻訳する最も古くから利用されている手法。

ルールベース翻訳や統計的機械翻訳の場合、すでに登録されている翻訳データだけを使用した処理ですので長文の正確な翻訳は難しいです。

統計的機械翻訳
大量の訳文データを事前に登録し翻訳の統計データを作成したうえで翻訳する手法

ニューラル機械翻訳
事前に訳文データを登録しつつ、自動学習AIが原稿の意味を学習しながら翻訳をする手法

ニューラル機械翻訳はAIがユーザーの翻訳情報を学習していくので、長文でも翻訳の精度は高まってきていきます。

翻訳アプリや翻訳サイトのメリット

翻訳アプリや翻訳サイトの最大のメリットは、無料で手軽に利用できる点にあります。スマートフォンに翻訳アプリを入れればどこでも瞬時に翻訳を行えます。

海外旅行の際にはコミュニケーションツールのひとつとして積極的に活用しましょう。

長文原稿に使用すると翻訳精度が下がりますが、海外旅行ではボディーランゲージやガイドブックと平行利用する場合がほとんどです。

翻訳アプリはあくまで会話のサポートとして利用するので「長文の英語が通じずに途方にくれる」という機会はあまりないでしょう。

翻訳アプリや翻訳サイトのデメリット

翻訳アプリや翻訳サイトの難点はやはり訳文の正確性です。

ニューラル機械翻訳は長文の精度も高まっていますが、まだ完璧とは言えません。

近年もMicrosoftの機械翻訳を使用した大阪メトロの外国語ホームページで、「堺筋線」が「Sakai Muscle line」と誤訳されたトラブルが話題になりました。

企業Webサイトで翻訳アプリや翻訳サイトを使用するのはこのようなリスクをはらんでいるのです。

長文の英語を翻訳する際に人が行う場合

Webサイトに記載されている長文を英語に翻訳する場合、人が翻訳を行うと精度が高まります。しかしそれも完璧ではなく注意点もあります。

それは企業Webサイトに関しては、プロの翻訳家に任せるのが良いという点です。

英語は義務教育でも取り入れられていますので、近年では英会話が堪能な日本人も珍しくありません。だからといって友人に翻訳を頼むというのは控えたほうが良いでしょう。

企業Webサイトの場合、業界の基礎知識やビジネスモデル、強みなどを理解していなければ、ユーザーに伝わる文章に翻訳することができません。

良い翻訳には英語の能力だけでなく、これらの知識と分析行動が必要になります。人が翻訳を行う場合、プロの翻訳業務でなければ質の良い訳文を構成できないのです。

翻訳家が翻訳するメリット

プロの翻訳家が英語の翻訳を行う場合、その精度の高さが最大のメリットです。

翻訳代行会社に翻訳を依頼した場合、業界知識をもった翻訳家が担当となり、企業分析や情報収集などから始めます。

翻訳作業時には英語ネイティブ向けに文章の再構成も行い、完成した訳文は社内レビューで更に精度を高めます。これらの工程を見れば、機械翻訳の訳文と比較した質は比べるまでもありません。

特に長文の場合、原稿に正確なだけの訳文では読みづらくなります。時には文章を分けたり、文章の前後関係から主語を補完したりなど、日本語では省略しがちな品詞も追加して翻訳を行う必要があるのです。

翻訳家が翻訳するデメリット

翻訳家に英語翻訳を依頼する場合、作業完了まで時間がかかること、料金が安くはないことが注意点に挙げられます。

メリットに記載したように翻訳家は複雑な翻訳工程行っているため、まとまった時間が必要です。
特に長文原稿ともなれば、コピーライティングや誤訳のチェックも慎重に行われるため納品までの期間は長くとられます。

また、翻訳は1単語ごとの翻訳単価を定めるかページ単価で見積もりを行います。長文の場合必然的に単語数が多くなりますので、見積もりも高額になりがちです。

ビジネスシーンで翻訳を依頼するなら通訳依頼も頭に入れておこう!

海外市場向けにWebサイトの翻訳を行う際、問い合わせや商談・会議などで文面だけではなく、対面で話さなければいけないケースも珍しくありません。

翻訳を依頼するのと同時に通訳対応も可能かどうかを確認すると、よりスムーズにプロジェクトを進めることができます。

英語翻訳の依頼はOCiETeがおすすめ!

翻訳代行会社に英語翻訳を依頼した場合、複雑な工程から見積りも高額になりやすいということもある中で、法人向け翻訳サービス OCiETe(オシエテ)では、わかりやすい料金設定でプロの翻訳者による英語翻訳サービスを提供しています。

さらにOCiETeでは、英語スキル・翻訳スキルだけではなく、各業界分野に精通したプロ翻訳者が1000名以上登録しています!

英語(言語)スキルがあるからといって、全ての翻訳を完璧な翻訳を施すことはできません。翻訳・依頼内容に合わせて最適な翻訳者をアサインする体制をOCiETeは整えています。

ここからは、OCiETeの翻訳サービスの特徴や依頼方法などを解説していきます。

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

英語翻訳、サイトやアプリと人の翻訳の違いまとめ

英語翻訳、サイトやアプリと人の翻訳の違いについて解説しました。機械翻訳の精度は高まっているとはいえ、商用サイトの翻訳に利用する場合は誤訳の注意が必要です。

英語翻訳、サイトやアプリと人の翻訳の違いのポイントは、下記となります。

ここがポイント!
  • 機械翻訳のメリットは手軽さ。プライベートのコミュニケーションで活用するのに最適
  • IT大手企業が提供する機械翻訳もその質は発展途上。サイトへの商用使用は注意が必要
  • 人の手で翻訳をすれば長文でも正確な英語翻訳が可能
  • 人の手での翻訳は時間とお金に余裕が必要
  • 法人向け翻訳・通訳サービス OCiETe(オシエテ)なら3万円で長文翻訳が頼み放題のサービスがある

機械翻訳か人の手での翻訳にするかは用途次第です。しかし、法人向け翻訳・通訳サービス OCiETe(オシエテ)なら翻訳業務が効率化できることは確かなので、まずは一度お問合せください。

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。