英語のスピーチ原稿翻訳で大切なポイントと注意点を解説

英語のスピーチ原稿翻訳で大切なポイントと注意点を解説

原稿の翻訳で大事なポイントとは?

外国語を用いて様々なイベントやプレゼンでスピーチを行なう際には、伝えたいことを的確に伝えられる原稿の作成が欠かせません。

では、魅力あるスピーチ原稿を作成する際には、どんなことに気をつけて翻訳を依頼すれば良いのでしょうか?

この記事では、スピーチ原稿を翻訳するうえで注意すべきことや依頼すべき翻訳会社の特徴などについて解説します。

この記事を読めば、魅力あるスピーチ原稿を作成するために大切なポイントを把握できます。ぜひ、最後までお読みください。

スピーチ原稿を翻訳するうえで注意すべきこと

講演会・セミナー・国際会議・シンポジウム・学会といったイベント、商談・製品発表会などのビジネス、結婚式や披露宴などのプライベートなど、様々なイベントでスピーチを行なうシーンがあります。

ビジネスシーンでも世界中のあらゆる企業が、発表会やセミナーなどでスピーチの時間を大切にしています。

スピーチを行なう際には原稿を用いることも多い中、スピーチ原稿の翻訳を行なう時にどんなことを注意すべきでしょうか。

また、近年精度が向上している機械翻訳でスピーチ原稿が作成できるのでしょうか?この項では、スピーチ原稿の翻訳を行なう際のポイントについて考えていきましょう!

スピーチをするための原稿翻訳として注意すべきこと

スピーチ原稿の翻訳を行なう際には、話者がスピーチを行なう背景から、話者の意見や思い、個性(オリジナリティ)までを把握し、いかに原稿へ反映できるかがポイントです。

そのためには、話者と翻訳者が深くコミュニケーションをとりながら、話者がどんなことを伝えたいか、どんなトーンで話したいかを細かく把握することが、魅力あるスピーチ原稿を作成、翻訳するために必要と言えます。

スピーチのテーマに合わせて、適切なニュアンスでスピーチ原稿を作成するには、スピーチを行なう国や対象者を踏まえた意訳や、英単語の様々なニュアンスなどを考慮して翻訳できるプロに依頼することが大切です。

スピーチ原稿の翻訳に精通する翻訳者へ依頼することより相手の心に響くスピーチ原稿を作ることができるでしょう。

自動翻訳でスピーチ原稿の翻訳をおこなう難しさ

英語のスピーチをリアルタイムに翻訳する機械通訳をはじめ、自動翻訳しながらスピーチするホログラムが開発されるなど、目覚ましく進化する技術のもとで新たな翻訳サービスが生まれています。

問題とされていた精度も、AIの導入により格段にアップしたと言えます。

しかし、スピーチは話者のパーソナリティや伝えたい思いを把握した上で、原稿を作成するため、細やかなニュアンスや感覚的な意訳が求められるスピーチの翻訳において、機械翻訳の結果をそのまま原稿に反映するのには難しい面があります。

大切なシーンだからこそ、正確かつ思いが伝わるスピーチができるよう、プロフェッショナルの翻訳者に依頼を行なったほうが、安心感が高まります。

セミナーや講演会などのスピーチ原稿翻訳はOCiETeがおすすめ!

各種セミナー・講演会・プレゼンなどのイベントに登壇する際に使用するスピーチ原稿の翻訳は、スピーチ翻訳に対応した実績を持つ翻訳スタッフに任せると安心できます。

OCiETeの翻訳サービスは、スピーチ翻訳の経験者が多く登録しています。また、メジャー言語からマイナー言語まで多言語翻訳が可能なスタッフも在籍しているなど、あらゆる翻訳シーンでの依頼できます。

「原稿翻訳スキル」「原稿内容に関する知識」を持ち合わせていることで、翻訳言語を使う国の文化、表現に合わせた、より良い原稿の作成が可能です。

オンライン上で24時間依頼できるため、緊急時の翻訳を依頼したい時にも心強い存在となる、OCiETeの翻訳サービスについてご紹介します。

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

スピーチ原稿の翻訳を対応した実績のある翻訳者をアサイン

話者の原稿をただ翻訳するだけでなく、スピーチとしていかに魅力ある文章へと翻訳するかが、翻訳者に求められます。

高い英語スキルはもちろん、スピーチを行なう背景を理解して適切に表現する力が必要不可欠です。

オシエテの翻訳サービスには、スピーチ原稿の翻訳実績のあるスタッフが在籍しているため、最適な翻訳スタッフのアサインが可能。イベントやプレゼンなど、様々なシーンで高品質のスピーチ翻訳を提供して、スピーチが成功できるようにサポートします。

まとめ

外国語で魅力的なスピーチ原稿を作成するためには、プロの翻訳スタッフのサポートがあれば心強いことをここまで解説してきましたが、いかがでしょうか?

スピーチ翻訳に必要なポイントは、以下の5点です。

ここがポイント!
  • スピーチを行なう背景や、話者のパーソナリティや思い、イベントやプレゼンの内容、リスナーの特性や国・地域などに合わせ、細やかな表現やニュアンスを理解・意識して翻訳を行なう必要がある
  • 機械翻訳に頼り切るのではなく、プロの翻訳者に依頼する方が安心かつ効果が期待できる
  • スピーチ原稿の翻訳は言語翻訳スキル+原稿内容の知識も持つ翻訳家へ依頼すべき

スピーチ原稿の翻訳をご希望される場合は、スキルの高い翻訳者を高いコストパフォーマンスで利用できるオンライン翻訳サービス「OCiETe(オシエテ)」をぜひ利用してみてください。

OCiETeでは、翻訳だけではなく「1時間〜依頼ができるオンライン通訳サービス」の依頼も受け付けてます。発表会やセミナーで通訳も必要になるという方はお気軽にお問い合わせください。

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
admin
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。