英語翻訳を依頼するなら3万円から利用できるオシエテが便利

英語翻訳を依頼するなら3万円から利用できるオシエテが便利

英語翻訳の依頼フローと月額3万円から利用できるオシエテの紹介

英語の翻訳を依頼するのであれば、なるべく安く、しかし品質は担保されたものを納品してもらいたいと思うものです。
ではどんな翻訳会社に依頼をすればよいのでしょうか。

ここでは、
・英語翻訳の依頼フローは翻訳会社のサービスにより異なる
・オンライン・クラウド型サービスで英語翻訳を依頼する際の注意点
・オシエテの英語翻訳依頼フローはオンラインでも安心・簡単
・オンライン翻訳サービス「オシエテ」なら3万円から利用できる
・オシエテの翻訳者は審査を通過した高スキルの人材のみ登録
・英語翻訳を依頼するなら3万円から利用できるオシエテが便利まとめ

について解説します。

これを読むことで、英語の翻訳を依頼する際、自社にあった翻訳依頼の方法がわかり、また英語の翻訳を依頼するうえで注意すべきポイントもわかるのでぜひ最後までお読みください。

英語翻訳の依頼フローは翻訳会社のサービスにより異なる

英語の翻訳を依頼する際、翻訳の依頼先の形態は大きく分けて2種類あります。
1つ目は従来からある翻訳会社、2つ目は最近特に増えてきているオンラインで利用できるクラウド型の翻訳サービスです。
それぞれの依頼フローを知ることで、どちらがより便利で自分にとって使いやすいかがわかります。

従来からある翻訳会社に英語の翻訳依頼をする場合

翻訳といえば元々多いサービス形態は、営業担当者へメールや電話で依頼する方法です。

1.電話やメール、問い合わせフォームから見積もり依頼
2.内容を確認して見積もりを提出
3.料金決定・発注
4.翻訳作業
5.納品
6.請求書の送付
7.支払い

納品方法は、メールが一般的です。
直接担当とやりとりをしながら進められるので、安心感があります。
ただ、メールや電話でのやりとりなど細かな作業が発生し、管理が煩雑になりがちなので面倒な部分もあります。また、メールで書類や納品物のやり取りをする場合、しっかりとセキュリティ対策をおこなっていくことも必要となります。

オンライン・クラウド型サービスで英語の翻訳依頼をする場合

最近増えてきているオンライン上で完結できるクラウド型の翻訳サービスは、サービス形態が大きく分けて2種類あります。
1つは、翻訳をオンライン上で依頼する方法、2つ目は、オンライン上で翻訳依頼をあげ、それに対し翻訳者がエントリーする方法です。

■翻訳をオンライン上で依頼する方法
1.クラウド型のサービス上で会員登録
2.依頼内容を管理画面などでアップロード
3.料金決定・発注(あらかじめ料金が決まっているプランもあれば、翻訳者ごとに交渉の場合もある)
4.プランに応じてサービス会社がマッチング/または自分でオンライン上に登録されている翻訳者に依頼
5.翻訳作業
6.納品
7.オンライン上で決済(発注とあわせて支払いの場合もある)

■オンライン上で翻訳依頼をあげ、それに対し翻訳者がエントリーする方法
1.クラウド型のサービス上で会員登録
2.依頼内容を管理画面などでアップロード
3.翻訳者からのエントリー
4.料金決定・発注
5.翻訳作業
6.納品
7.オンライン上で決済(発注とあわせて支払いの場合もある)

すべてサイト上で完結できるようになっているものがほとんどなので、管理しやすく、依頼も簡単です。
ただし依頼フローやサービス内容が会社によって異なるため、どの依頼フローがやりやすいかを確認した方が良いでしょう。

オンライン・クラウド型サービスで英語翻訳を依頼する際の注意点

オンラインで完結できるクラウド型の翻訳サービスは、簡単に利用でき煩わしい事務処理なども省くことができるのでとても便利です。

ただ、サービス内容によっては翻訳者の選定が難しい場合や、オンライン上でのやりとりとなるため情報漏洩などの危険がないとは言い切れません。
そのため、オンラインで翻訳サービスを提供している会社を選ぶ場合は、そういった点についてもしっかりと対策している会社を選ぶことをお勧めします。

オシエテの英語翻訳依頼フローはオンラインでも安心・簡単

オシエテでは、オンライン翻訳サービスを安心して利用いただけるよう取り組みを行っています。

オシエテの英語翻訳依頼が安心な理由

オンライン翻訳サービス 「OCiEte(オシエテ)は、三井住友海上社との提携により「サイバープロテクター」の提供を行っています。

これは、「OCiETe(オシエテ)」のサービスを利用して発生した情報漏洩に対し、オンライン・オフラインどちらの利用であるかにかかわらず、翻訳者の故意ではない情報漏洩に対し、損賠賠償請求を受けた場合に、1事故、期間中500万円まで補償するサービスです。

これにより、オンライン翻訳で仕事を依頼したい企業と、オンライン翻訳者の両方がより安心してサービスをご利用いただけます。

オシエテの英語翻訳依頼が簡単な理由

「OCiETe(オシエテ)」では、翻訳の依頼を受けたらその業務に適した翻訳者のアサインは「OCiETe(オシエテ)」が実施するので、翻訳者を探す手間を省いていただけます。

また、依頼から納品まで、すべて「OCiETe(オシエテ)」が提供する管理画面内で完結できるので、余計な事務処理やメールなどのやり取りを行う手間も省けるので簡単です。

オンライン翻訳サービス「オシエテ」なら3万円から利用できる

「OCiETe(オシエテ)」では、依頼の多いホームページの英語翻訳について、低価格でご利用いただけるようサブスクリプションサービスを開始しました。

毎度依頼ごとに見積もりをとったり、打ち合わせをしたりするのは面倒という声を受けて、自社のサービス内容にあわせた使いやすい3プランを用意しています。

事業のサービス内容を英語でも発信していきたいという一般事業者向けには、月額使い放題で3万円~、また、ECサイトで商品販売を海外にむけてもおこなっていきたいというEC事業者向けには、月額5万円から利用できるプランをご用意しました。

24時間いつでも英語翻訳の依頼ができ、またホームページ以外の案件などが発生した場合もご相談いただけるのでオールマイティにご利用いただけます。

オシエテの翻訳者は審査を通過した高スキルの人材のみ登録

「OCiETe(オシエテ)」は、厳しい基準をクリアした翻訳スキルの高い合格者だけを登録しています。
そのため、納品物の品質も高く、安心して依頼をすることができます。

また、「OCiETe(オシエテ)」では英語だけではなく、中国語や韓国語など30言語まで対応ができるので、多言語化展開をしたいという場合にもご利用いただけます。

英語翻訳を依頼するなら3万円から利用できるオシエテが便利まとめ

英語翻訳を依頼するなら3万円から利用できるオシエテが便利について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ここでのポイントは以下です。

・従来型の翻訳会社への依頼は、担当者とのやりとりで安心感はあるが、メールや電話など細かな作業が面倒
・サイト上で完結できるオンライン翻訳サービスは、管理しやすく、依頼も簡単
・オンラインでの翻訳サービスを選ぶ際は、情報漏洩などの対策をしっかりとおこなっているところに依頼するのが良い
・「OCiETe(オシエテ)」なら、情報漏洩に対する保険対応もしっかりと行っているので安心して利用できる
・「OCiETe(オシエテ)」の翻訳者は厳しい審査をクリアした高スキルの翻訳者ばかりなので品質も安心
・サブスクリプションサービスで月額最安3万円から利用できる「OCiETe(オシエテ)」は、料金が安いうえに高品質

もしもホームページの翻訳をご希望の場合は、スピードとクオリティと利便性、さらに安心も兼ね備えた「OCiETe(オシエテ)」の翻訳サブスクリプションサービスをぜひご利用ください。

気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら

通訳の種類カテゴリの最新記事