お役立ち資料 無料配布中!

マレー語通訳はオンラインがおすすめ!料金相場や現地通訳との違いを解説

マレー語通訳はオンラインがおすすめ!料金相場や現地通訳との違いを解説

マレー語通訳を依頼する際に抑えておくべきポイントとは

マレー語は、現地では「バハサマレーシア(Bahasa Malaysia)」と呼ばれているマレーシアの国語です。マレー語を国語とする国は、マレーシアのほかにシンガポール、ブルネイ、インドネシアがあります。

「東南アジアの優等生」と呼ばれる経済成長が著しいマレーシアで、マレー人を相手にビジネスを展開することになったときに必要になるのがマレー語の通訳です。

通訳依頼をする上で、マレー語を話せるということ以外にも気にすべき点があります。

単にマレー語通訳を依頼するのではなく、マレー語の特徴を知ることや依頼先の通訳会社・通訳者をこだわることによって、より良い依頼が可能となります。

この記事では、マレー語の通訳を選ぶポイントや、料金相場などについて解説しています。今後のマレー語通訳を依頼する際の参考になるので、ぜひ最後までご覧ください!

ビジネスシーンでの通訳はマレー語の特徴を抑えるべき

マレー語通訳を依頼する前に、マレー語の特徴や依頼をする際の注意点について知っておくと、通訳の選び方にも役立ちます。

まずは、マレー語の特徴や依頼時に知っておきたい料金相場を理解する必要があります。

ここからは、通訳を依頼する前に確認すべきマレー語通訳の特徴、料金相場について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください!

マレー語の特徴とは

マレー語は、ラテン文字26文字のアルファベット表記で、発音も基本ローマ字読みです。

特に発音は、日本語と同じく母音と子音のならびで成り立っており、子音を連続して用いることはあまりないため、日本人には比較的習得しやすい言語と言われています。

ただし、文法は英語と同じく「S+V+O(主語+動詞+目的語)」で成り立っており、その点においては日本語とは異なるので注意しておきましょう。

マレー語は語彙(単語数)が多くないため、旅行会話レベルであれば、使用頻度の高い単語と「接頭辞」「接尾辞」を憶えておくことにより簡単にコミュニケーションをとることができます。

早い人は簡単な日常会話程度であれば、数か月である程度習得できるようになります。

マレー語の通訳を依頼する際は相手の出身地を確認すべき

そんな比較的習得が簡単といわれるマレー語ですが、ビジネスで使用するとなると簡単ではありません。

マレー語は、東南アジアの広範囲で使用されているため各地域で使われるマレー語には、単語、文法、発音方法に違いがあります。

首都クアラルンプールがあるマレー半島と、サラワク州、サバ州では使われるマレー語は異なるため、ビジネスでマレー語の通訳を依頼する際には、ビジネスを行う相手の出身地なども確認し通訳を選ぶことが重要です。

単にマレー語スキルがある。というだけで判断せず、相手の出身地に応じて通訳ができる通訳者を選ぶことをおすすめします!

マレー語通訳を依頼した場合の料金相場

マレー語の通訳を依頼する際、現地に来てもらう派遣型の通訳と、オンライン上で通訳をしてもらうオンライン通訳の2種類があります。

料金は大幅に異なるので、利用するシーンや予算にあわせて、うまく使い分けるのがおすすめです。

マレー語の派遣型通訳を実際に依頼する際の料金

マレー語の派遣型通訳を依頼した場合の相場は以下の通りです。

■【通訳難易度:★★★★☆】
研修・会議・セミナー・企業視察:1日拘束(8時間)の場合
通訳形式:逐次通訳
料金相場:5.5万円~10万円

■【通訳難易度:★★★☆☆】
工場見学・展示会ブース商談:1日拘束(8時間)の場合
通訳形式:逐次通訳
料金相場:4万円~6万円

■【通訳難易度:★★☆☆☆】
会食アテンド・空港送迎:1日拘束(8時間)の場合
通訳形式:逐次通訳
料金相場:3万円~

派遣型通訳は、半日または一日単位でしか依頼ができないことが多いため、高額になりがちです。

派遣型通訳は、半日または一日単位でしか依頼ができないことが多いため、高額になりがちです…
また、通訳料金の他にも移動時にかかる交通費などの諸経費がかかることも留意しておく必要があります。

オンライン通訳サービスに依頼する際に必要になる費用

オンライン通訳に依頼した場合、通訳にかかった時間単位のみ料金が発生するため費用を抑えて専門的なクオリティの高い通訳を依頼できます。

オンラインでのマレー語通訳依頼では、依頼から完了まですべてオンラインで完結できるため、通訳をする時間と通訳をするために必要な情報の擦り合わせにかかった時間以外の料金は発生しません。

マレー語のオンライン通訳依頼はOCiETeがおすすめ!

オンライン通訳の依頼はOCiETeがおすすめです。

OCiETeでは、1000名を超えるプロ通訳者の中から、マレー語が得意なだけではなく、依頼する通訳内容にも特化した通訳者に依頼することが可能です。

プロ通訳者への依頼でも必要になる費用は「通訳料金のみ」で、特別な料金は一切かかりません!

ここからはオンライン通訳サービス「OCiETe」の特徴をさらに詳しく解説していきます。

法人向けオンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」について

「OCiETe(オシエテ)」は、契約から発注、業務終了までのすべてをオンラインで完結できる、法人向けのオンライン通訳サービスです。

短時間の通訳案件から、長期間の案件まで、ビジネスシーンで通訳が必要となるケースにおいて柔軟に対応できる体制をOCiETeは整えています。

オンライン通訳のご利用を検討している方は、ぜひ下記から紹介するOCiETeの特徴をご覧ください。

業界最大級の登録数!ハイレベルな通訳者とベストマッチングが可能

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」には、様々な分野の業界で通訳を経験されてきたスキルやビジネス経験値も高い1,000名以上の通訳者が登録をしています。

契約前にすべての通訳者情報の自己紹介動画やスキルなどのプロフィールを確認することができます。また、ミスマッチを防ぐため、お仕事を依頼される前に事前面談ができる「お試し面談」機能もあるため、ご要望に沿ったベストマッチの通訳者を探すことができるので、安心して依頼をすることが可能です。

さらに オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」ではご希望があればマッチングサポートも行っているので、不安がある方はご相談いただけます。

OCiETeでは、通訳者の紹介はもちろん、依頼主様から「通訳者を探せる・直接依頼できる」プラットフォームもございます。
通訳者の各ページで、スキルや専門分野、料金など明確に記載されているので、ぜひご活用ください!

ビジネスパートナーとしても!専門コーディネーターのサポートがとにかく手厚い

海外企業との商談や打ち合わせなどのコミュニケーションを図っていく上では、通訳者を探す業務や、スケジュール調整など、担当者の負担は大きくなりがちです。

その負担を軽減できるように、通訳専門コーディネーターのサポートがOCiETeにはあります。依頼前の通訳者選定から通訳者の確保まで、通訳が必要となるシーンで全てのサポートを行うことにより、より効率的に業務を進められることが可能です。

負担がかかるがゆえに出るミスを避けるためのリスクヘッジ、プロの通訳者に出会えて海外企業とのコミュニケーションを円滑にできるだけでなく、社内の人員的稼働も効率化できます。

通訳サービスとしてだけではなく、通訳会社の新しい形となる「ビジネスパートナー」としてOCiETeのご利用を検討してみてください。

1時間〜の依頼が可能!大幅な料金削減を実現

従来の通訳サービスは1時間の利用でも最低金額となる半日料金〜となる見積もりが一般的でした。

料金の縛りで、短時間で完了する打ち合わせや商談でも通訳が必要となった場合でも、予算面で通訳者の同席が難しいと悩む担当者の方は多いです。

そんな悩みを解消するために、OCiETeでは【1時間〜の依頼ができる】サービスを提供しています。必要な費用は通訳料金のみなので、より利用しやすい通訳サービスとなっています。

オンライン通訳最大のメリットである、交通費や宿泊費などの諸費用もカットできるので、通訳依頼に必要なコストが最小限に抑えられます。

また、OCiETeでは短時間の依頼だけではなく、長期間で利用したいという方に向けて、お得な時間パックもご用意しています。商談での利用や社内会議など、利用方法は自由に決めて頂いても問題ありません。

より効果的に、より高いコストパフォーマンスの通訳サービスを多くの企業様へ提供できるように自由度が高い通訳サービスを求めている方は、OCiETeのご利用をおすすめします。

3分で見られる!説明動画もございます!

OCiETeのオンライン通訳サービスは、システム利用料などもなく必要な費用は「通訳者への時給のみ」です!わかりやすい料金なので安心してご利用いただけます!

実際にOCiETeを利用して、コストダウンを実現させた企業様もいます。下記の事例インタビューで詳しい内容を掲載しています。

また、他の通訳サービス活用事例も多く公開していますので、ぜひご覧ください。

OCiETeに通訳依頼することでコストが大幅に削減できる

マレーシア企業との会議・商談を行う際、半日もかからず数時間で完了するケースも多くあると思います。

従来の通訳サービスでは最低半日料金〜といった料金設定で無駄にコストがかかることがあり、費用面で通訳者に依頼するのをためらう方も少なくありませんでした。

しかし、OCiETeのオンライン通訳を活用すれば1時間〜の依頼が可能で、通訳料金以外の移動費や宿泊費などの諸経費をカットすることができます

実際にOCiETeを活用した企業様では4割以上のコスト削減に成功されているので、プロ通訳者への依頼でもコストパフォーマンスが高く依頼することが可能です。

OCiETeの活用事例は下記の記事をご覧ください。

活用事例|横河電機株式会社様

マレー語の通訳を依頼するうえでよくある質問

マレー語の通訳を探しているお客様から、通訳を依頼するにあたりよくいただく質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

Q,マレー語の通訳を依頼するうえで注意すべきことはありますか?

マレー語を母語とするマレーシアはアジアの中でも特に多数の民族が暮らす多民族国家です。そのため、民族ごとに価値観や文化に違いがあり、それらを理解することはビジネスを共に行っていくうえでとても重要になってきます。

出身地ごとに異なるマレー語の相違について理解することも必要ですが、それとあわせてその土地ごとの習慣も知っておくことで、長く有効なビジネス関係をつくりあげていくことができます。

マレー語の通訳を依頼する際には、そういった現地の文化や習慣についても知識をもっている通訳者を選択すると、よりスムーズなビジネス展開を期待できるでしょう。

Q,マレー語の通訳を依頼するために事前に必要な準備はありますか?

マレー語通訳を依頼する際は、事前に以下の情報をまとめていただければ、よりスムーズに通訳業務に進められます。

  • 対象人数
  • 日時
  • 利用シーン(会議、訪問、会食 など)
  • 通訳形態(同時通訳、逐次通訳、ウィスパリング)
  • 分野・業界
  • 通訳をおこなう現場の目的・ゴール

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」ではWebサイトからご自身で通訳者を検索していただくため、その時点で通訳言語や分野などを絞り込むことは可能です。

さらに依頼したい通訳者を見つけたら、無料のオンライン面談を利用して上記の内容を事前に説明すると、依頼案件のミスマッチが起こりにくく、スムーズに進めることができます!

まとめ

マレー語の特徴や依頼時の料金相場などについて解説しました。

ここでお伝えしたポイントは以下のとおりです。

  • マレー語は発音の仕方が日本語と似ているため、旅行会話程度であれば習得しやすい
  • ビジネスにおいては地域ごとに言語が異なるため、専門のマレー語通訳を依頼するべき
  • マレー語の派遣型通訳は、会議や企業視察の場合5.5万円~で、これらに交通費などその他経費が加算される
  • OCiETeにマレー語の通訳を依頼した場合の料金は、1時間〜の通訳料金のみでクオリティの高い通訳を依頼できる
  • ・OCiETeでは、言語スキルのみならず、ビジネスを行う上で重要な情報収集能力や柔軟性といった点もチェックして通訳者を登録している
  • ・マレー語の通訳を選ぶ際は、現地の文化や習慣についても知識のある通訳者を選ぶとより良い友好関係を構築できる

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」は1時間単位でのご利用が可能なので、コストを抑えてクオリティの高い通訳が利用できます!気になる方はお気軽にお問い合わせください!

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。