ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

中国・インドの2大国の間にあるネパールでは、物流や製造など地理的に重要な拠点となっています。

また、人件費も近隣国に比べて廉価であることも特徴的で、労働人口も若年世代が半数を占めているなど、今後の発展が期待されている国の1つです。

そんなネパールへのビジネス展開を実施している企業や今後検討している方にとって、ネパール語の通訳は外せません。

英語や中国語などに比べるとマイナー言語であるネパール語は通訳者数も多くないので、ネパール語が話せるというだけで依頼しようと考えている方は多いのではないでしょうか?

ここで注意すべきなのは、単に言語スキルだけでビジネスシーンの通訳者を選ぶのは危険という点です。

この記事では、ネパール語通訳を依頼すべき通訳者・通訳会社の特徴や依頼前の注意点・ポイントなどを解説しています。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

これを読めばビジネス通訳に適した通訳の条件がわかり、通訳者・通訳会社が選びやすくなることでよりビジネスを円滑に進められることができます。ぜひ最後までご覧ください。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

ネパール語の特徴

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

ネパール語は、ネパール連邦民主共和国で公用語として採用されており、話者数は約1,600万人です。ネパールだけではなく、ブータンやインドの一部でも話されています。

ネパール語の文法は日本語の語順が同じで、主語→目的語→述語の順で文が形成されています。

また、人称による動詞の語尾が変化するなど、仏教とヒンドゥー教が合わさった国の文化のため、英語などとは違い尊敬語があるのも特徴の一つです。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

ネパール語通訳を依頼する前に知っておきたい大切なポイント

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

ネパール語通訳が必要になった際、依頼内容とどんな通訳者に依頼するのかを明確にしておく必要があります。

通訳業務が始まる前に、何を目的に通訳依頼するのか、予算はどれくらい必要なのかなど、事前準備をしっかりと整えることで、より効率良くビジネスを進めることができます。

ネパールの商習慣・文化に関する知識を持った通訳者に依頼する

海外でのビジネスは国によって商習慣・文化の違いを把握した上で、商談や会議を行わなければいけません。

ネパールでは、助け合いの精神が強くマナーを守ることが大切と言われており、遠慮深い性格や礼儀正しい関係性を重要視するネパール人は日本人と似るところがあります。

相手が遠慮深い性格だからといって、交渉時にガツガツした態度を取ると、マナーがなっていないと判断され、交渉決裂が起きることも。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

つまり、ネパール語が堪能なだけではなく相手(ネパール人)に合わせて、ビジネスを進めることが大事だということです。

言語スキルだけではなく、ネパールの文化やネパール人の性格、ビジネスにおける現地の商習慣を理解している通訳者に依頼することがベストです。

通訳業務が必要なシーン・ケースをあらかじめ明確にしておく

ネパール語通訳の依頼時で次に大切になるのは、どのシーンで通訳が必要になるのかを整理しておくことです。

商談で通訳が必要なのか、現地視察時のコミュニケーションを図るために通訳が必要なのか、日本で働くネパール人への通訳が必要なのか。など、通訳シーンによって通訳者に求めるべきスキルが変わります

例えば工場視察や製造交渉などは、製造分野に強い通訳者、研修などで通訳が必要になる場合は、研修内容の知識がある通訳者など、上記でもお伝えした通りネパール語スキル+各分野に精通した通訳者へ依頼することで、通訳の質も向上します。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

また、依頼内容によって通訳費用にも差が出てくるので、依頼する通訳者・依頼予算などを明確にしておくことで、スムーズに予算設定や通訳実施まで進めることが可能です。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

ネパール語通訳が必要になるビジネスシーン例

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

グローバルビジネスで通訳が必要になるシーン・ケースはさまざまありますが、ビジネス通訳がよく利用される例を紹介します。

契約や条件交渉などの商談

ネパールとの輸入・輸出に対して、どれくらいのコストで製造ができるか、種類や数の変更など、契約締結や条件交渉の場には、必ずプロのネパール語通訳者を同席してもらうことを忘れてはいけません。

商談や交渉は、ストレートな意味だけではなく前後の会話で出るニュアンスを含めた意味もしっかりと意思疎通する必要があります

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

ネパール語通訳者を会議の場に同席してもらい、お互いの要望を伝えて交渉を進めていきましょう。

日本在留のネパール人スタッフへの研修

日本で働くネパール人は、※2021年時点で日本在留者は約10万人まで増えています。

人材資産として外国人を雇用する日本企業は増え続け、ネパール人を雇用対象とする企業も少なくありません。しかし、日本で働く以上は日本語が主流になります。

管理者がネパール語や英語を使えないというケースも珍しくないので、ここで通訳者を入れることで、伝えたい内容・意識してほしい動きなどのポイントを確実に伝えることができます。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

日本語やネパール語でのコミュニケーションが頻繁に行われないというケースでも、要所で伝えるべきポイントは少なからずあるでしょう。普段は無料の通訳アプリなどでコミュニケーションを図り、大事な場面ではプロ通訳者に入ってもらうなども一つの選択肢です!

※参照:「外国人雇用状況」届出状況|厚生労働省

ネパール語通訳の料金相場

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

ネパール語通訳を依頼する際の料金相場として【37,000円~40,000円(税抜)/半日】となっています。

これはあくまで一般的に使われるネパール語通訳の料金目安です。依頼内容の専門性によって料金は変動し、交通・滞在費が必要な場合は別途料金が発生します。

ここで注意すべきなのは、会議で通訳が必要になり稼働時間が1時間~2時間であっても「最低半日料金の料金がかかる」ということです。

一般的な通訳派遣会社は半日単位・1日単位で通訳料金を換算することが多いです。

短時間での利用を検討している場合は、一回の依頼でどれくらいの料金なのか、どんな見積もりなのかを事前に確認しましょう。

ネパール語のビジネス通訳を依頼するならOCiETeがおすすめ!

法人向けオンライン通訳サービスOCiETeでは、各分野に精通したプロ通訳者がクオリティの高いビジネス通訳サービスを提供しています。

また、1時間~の依頼が可能で使った分だけの通訳料金しか発生しないため、コスト面でも安心して利用することができます

ネパール語通訳におすすめなオンライン通訳サービスOCiETeの特徴を下記から詳しく解説します。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

専用フォームからお問合せ
専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら

お見積り・翻訳者のご紹介
お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。

発注・翻訳業務開始
ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。

ご納品
メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記の通りです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

まとめ

この記事ではネパール語通訳を依頼すべき通訳者・通訳会社の特徴などについて解説しました。

ここでのポイントは以下の通りです。

ここがポイント!
  • ネパールの文化・商習慣を理解している通訳者に依頼すべき
  • 言語スキルだけではなく通訳内容の分野にも精通する通訳者が良い
  • コストパフォーマンスを最大化させるためには短時間~長期案件まで対応できる通訳会社がおすすめ

ネパール人とのコミュニケーションは礼儀正しく、そしてマナーが大切になります。こうした面でネパール語が堪能な通訳者に依頼することはとても重要です。

ネパールと関わるビジネスにおいて通訳依頼が必要な方は、1時間~の依頼が可能で長期案件にも合う時間パックがあるOCiETeの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント

通訳に関するお見積りやご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください!

通訳・翻訳に関するご相談
資料請求・お見積りの問合せ(03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
ネパール語通訳|依頼前に知っておくべきポイント
Sano
翻訳・通訳サービスを展開するOCiETeでマーケティングを担当。「世界をシームレスにつなげる」の企業理念のもと、海外企業や外国人とのビジネスに必要な翻訳者・通訳者とのマッチング支援行っています。 翻訳・通訳依頼の基礎知識だけではなく、依頼前に知ってほしいポイントを伝えることをモットーに、情報発信しております。 また海外ビジネスに関するWebメディア「セカイノビジネス presented by オシエテ」の運営も兼務。