通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点

こんにちは。通訳・翻訳エージェントOCiETeの佐野です。

通訳品質を向上させるために、通訳をご依頼される際に依頼者が考慮すべき4つのポイントと注意点をご紹介します。

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点
OCiETe佐野

このポイントを考慮いただくだけで、通訳クオリティがぐっとアップします!会議全体を成功させるためにも、通訳利用前にぜひご一読ください!

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのこと

通訳品質を高めるために、ご依頼主様にご留意いただきたい点は4点です。

  • 資料を事前に共有する
  • 事前打ち合わせを行う
  • 会議の進行を通訳者に任せない
  • 発言スピードに注意する

資料を事前に共有する

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点

会議で使用する資料や関連資料がある場合、通訳者に事前に共有しましょう。通訳者はこれらの資料を事前に確認し、会議の背景を理解した上で通訳に臨みます。

特に、業界用語や社内の専門用語が頻繁に使用される場合、用語集を提供することで通訳をスムーズに進行させるのに役立ちます。

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点
OCiETe佐野

特段資料は用意していない、資料の共有が直前になってしまう、という場合は大まかなご共有でも構いません。会議の概要や進行の段取りについてご共有いただくだけでも、通訳者にとっては有益な情報となります。

事前打合せを行う

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点

通訳を依頼する際には、会議前に通訳者と依頼主で情報共有の時間を設けることをお勧めします。事前に打合せをすることで、通訳の品質が向上します。

事前打合せでの情報共有例
  • 出席者の名前の発音や敬称の確認
  • 会議の目的や趣旨
  • 通訳者に特に注意してほしい点や要望

例えば、「〇〇について話がでてしまったときは先方には通訳をしないでほしい」「できるだけ強気に交渉をしてほしい」などといったご要望も可能です。

また通訳者に対して、会議参加者の国や地域に関する文化やマナー、タブーについてご質問していただくことも可能です。

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点
OCiETe佐野

またOCiETe通訳では、会議直前30分のお打合せであれば、無償で対応いたします。
別日に実施をする場合は、別途料金が発生する場合がございますので、OCiETeコーディネーターご相談ください。

会議の進行を通訳者に任せない

特別なご依頼がない限り、会議の進行はご依頼主様にお任せしております。通訳者がベストエフォートで対応するために、通訳に集中できる環境づくりへのご協力をお願いいたします。

発言スピードに注意する

通訳をいれた会議では、発言の速さが重要です。

逐次通訳の場合、発言を1分程度で区切るよう心掛けましょう。短すぎると通訳者に正確に伝わらない可能性があり、長すぎると聞き手は通訳を待つことになります。

同時通訳の場合、発言をゆっくり、文と文を区切って話すことが重要です。速すぎないように注意しましょう。

同時通訳・逐次通訳・ウィスパリング|通訳3種の違いとは

通訳依頼時の注意点

通訳依頼時にはいくつか注意すべきポイントがあります。

以下の2点に注意することで、より効率的かつリスクを取り除いた依頼が可能です。

  • ご依頼時間の厳守する
  • 通訳音声の無断録音・録画はNG

ご依頼時間の厳守する

終了時間の厳守をお願いいたします。延長する場合は事前に通訳者の了承をとりましょう。

優秀な通訳者や、通訳繁忙期は延長対応が難しい場合もございます。

会議は続いているが、止むを得ず通訳者が退出しなければならない…といった辞退を避けるためにも、ご依頼時間に余裕をもたせてご依頼いただくのがベターです。

また延長があった場合は、会議終了後に超過分をご請求させていただきます。

通訳音声の無断録音・録画はNG

通訳音声の無断録音や録画は禁止です。通訳者の集中を妨げないよう、録音や録画を行う場合は事前に相談することがおすすめです。

また通訳者が参加する会議を録音・録画される場合は、別途費用が発生します。

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点

通訳者によっては録音・録画がNGという場合もございますので、録音・録画を希望される場合は事前にOCiETeコーディネーターへご相談ください。

また通訳音声は通訳者自身に著作権があります。そのため通訳者の肉声や動画が、社外向けに使用される場合は、二次利用料が発生します。

まとめ

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点
まとめ
  • 資料を事前に共有する
  • 事前打合せを行う
  • 会議の進行を通訳者に任せない
  • 発言スピードに注意する

最後に、通訳品質の向上には、依頼者と通訳者の協力が不可欠です。

これらのポイントと注意事項を遵守し、円滑なコミュニケーションを実現することで、高品質な通訳サービスが提供できます。

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点
OCiETe佐野

OCiETeは専任コーディネーターが、会議の成功に向けて全力でサポートいたします!
どんな疑問や要望もお気軽にご相談ください。

通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点

通訳・翻訳に関するご相談
資料請求・お見積りの問合せ(03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
通訳品質を高めるために依頼側が対応すべき4つのことと注意点
Sano
翻訳・通訳サービスを展開するOCiETeでマーケティングを担当。「世界をシームレスにつなげる」の企業理念のもと、海外企業や外国人とのビジネスに必要な翻訳者・通訳者とのマッチング支援行っています。 翻訳・通訳依頼の基礎知識だけではなく、依頼前に知ってほしいポイントを伝えることをモットーに、情報発信しております。 また海外ビジネスに関するWebメディア「セカイノビジネス presented by オシエテ」の運営も兼務。