@include('analytics_body')
OCieTe Columnオシエテ コラム

中国語の機械翻訳の精度とは?

中国語の機械翻訳をビジネスで利用するのはまだ難しい

中国語翻訳の需要は近年上昇し、手軽に利用できるサイトやアプリといった機械翻訳の利用者も増えてきました。
しかし、間違いの許されないビジネスシーンでの翻訳は機械翻訳だけで問題ないのでしょうか。

ここでは、

・機械翻訳を精度高く使うために中国語の基礎を知っておこう
・精度があがってきたといわれる中国の機械翻訳の実態
・特許戦略のグローバル化拡大による中国語翻訳の急増
・中国語を現状の機械翻訳の精度で利用できるシーン
・中国語の翻訳を精度高く対応するなら翻訳会社へ依頼がベスト
・中国語の機械翻訳の精度とは?まとめ

について解説します。

これを読むことで中国語の機械翻訳の精度についてわかり、どんな時に機械翻訳が有効なのか、そして機械翻訳では出来ない翻訳のことまでわかるのでぜひ最後までお読みください。

機械翻訳を精度高く使うために中国語の基礎を知っておこう

実際に中国語を機械で翻訳する前に、注意して頂きたいのはまず中国語の基礎を知っておく必要があります。中国語の正しい基礎知識や表現の仕方などを知っておくことで、機械で行う翻訳の精度はグッと高くなります。
今回お伝えするのは3つの基礎知識です。以下をご覧になって下さい。

一つ一つの漢字が独立した意味を持つ孤立語

中国語には世界中の言語でも珍しい「孤立語」というものがあります。孤立語とは、1つの漢字が独立して1つの意味が完結しているという言葉になります。
この孤立語は日本語や他の言語のように文章の位置や時間軸、話し手聞き手問わず言葉(文字)が変わる事はありません。
つまり中国語の文章を作るには、意味が完成されている漢字を並べていく事が正しい文章の作り方となります。
わかりやすく言えば「~は」「~を」などの助詞が文章には組み込まれないという事です。中国では並べられる語順によって文法などが決められています。

中国語には敬語はないが近しい表現はある

中国語には、日本で使用されているような丁寧語や謙譲語といった複雑な敬語を使う事はありません。しかし中国語に敬語自体がない。という訳ではなく滅多に使うことはないという事です。
中国では一般的に言葉ではなく行動や表現で敬意を払う事が多いので、中国語を翻訳する際に無理に敬語を使ったりすると、実は言葉の表現として間違った伝え方になってしまう可能性もあります。
敬語などといった複雑な表現言語のある日本語をサイトやアプリの機械翻訳でそのまま中国語に翻訳すると誤訳や間違ったニュアンスになるので十分に注意しておく必要があります。

中国語で音声機械翻訳を使うときに注意したい「あ~」の違い

中国語の基礎として最後にお伝えするのが「声調」です。中国語には4種類の「声調」があるので、同じ発音でも音の高低で意味が変わります。中国語の音声翻訳する際には、十分に注意しておく必要があるポイントです。
例えば、母音となる「あ~(a)」でも語尾を上げたり下げたり、伸ばしたり止めたりで意味が全く異なります。
中国語では、同じ発音でも4つの声調を正しく発音することは極めて重要で、声調がずれると伝わりにくいだけではなく、全く違う意味の言葉を使った説明になってしまいます。
ビジネスシーンだけではなく、全てのシーンにおいて違う意味でのやり取りは対話が成立しないので中国語翻訳における音声機械翻訳では十分に注意しておきましょう。

精度があがってきたといわれる中国の機械翻訳の実態

中国語翻訳ができるサイト・アプリなどの機械翻訳は以前に比べると精度の向上はとても高くなっています。
一昔前までは翻訳機能として利用できるレベルではありませんでしたが、精度向上により簡単な文章や単語であれば正確に翻訳が出来るようになりました。
しかし機械翻訳にはまだまだ課題があり誤訳は避けられません。
具体的に機械翻訳にはどのような不安要素があるかをご紹介します。

機械翻訳は前後の文脈を読み取れない

機械翻訳の懸念されている1つの問題として前後の文脈を読み取れない。という事が挙げられます。
機械翻訳の翻訳レベル自体は向上しているのですが、やはり文章の中にある言葉でも前後の文脈によって文章のニュアンスが変わるような部分でも機械翻訳ではそこまで読み取ってくれません。
内容によっては多少のズレが許される場合もありますが、逆に文章全体で何かを伝えたい場合は機械翻訳では難しいです。

語順の誤りや訳漏れがある

機械翻訳で中国語翻訳を行う場合、サイトやアプリに文章や言葉を入力していきますが、入力された原文の内容を正確に認識されないことも多く結果的に、翻訳文に語順の誤りなどが出てきます。
加えて原文に記入されている文章や言葉が翻訳文には訳されていない「訳漏れ」も機械翻訳ではよくあるケースです。
単語だけの翻訳や、簡単な文章(短文)などの翻訳に関してはこのような語順の誤り・訳漏れは比較的少ないですが、専門的な単語・言葉を翻訳したり長文の翻訳となると、どうしても機械翻訳では誤訳・翻訳ミスが多くなります。

慣用句やあいまい表現の難しさ

普段何も意識せずに使っている言葉の意味が、中国でも同じような表現で使われている訳ではません。日本語の文章では自然な表現ができる慣用句でも、中国語に翻訳すれば全く違う意味になったり、訳漏れになる事が多いです。
しかし、普段から使っている言葉を機械でも認識できるような言葉に変えるとなると、また難しい文章になる可能性もあります。
機械翻訳で中国語翻訳を行う際はこうした点も正確な翻訳を行えるとは言い切れません。

中国語→英語への機械翻訳は精度があがっている

日本語→中国語・中国語→日本語の機械翻訳の不安要素についてご紹介しましたが、実は中国語→英語の機械翻訳の精度はかなり上がっています。
Microsoft社が展開している機械翻訳サービスでは、中国語から英語に機械翻訳した品質は人間が翻訳したレベルと同等になったという発表がありました。
実際に機械翻訳は冒頭でもお伝えした通り、常に進化し続けているので、この先機械翻訳があらゆるシーンにおいて活躍することは多くなると思われます。

特許戦略のグローバル化拡大による中国語翻訳の急増

さまざまなビジネスにおいて近年グローバル化が進み、特許に関しても国内だけではなく世界に向けて戦略として特許の取得を目指す企業も多くなりました。
その際に機械翻訳を活用した特許申請の際に利用できる翻訳サービスも存在します。
特許申請の中にある無数の専門用語にも対応できるという機械翻訳がある一方、やはり単なる技術用語だけの翻訳ではなくその国特有の専門用語まで翻訳するのには難易度が高すぎるという課題があり万全とは言い切れないとも言われています。

参考:→特許庁 機械翻訳に関する調査報告書 平成30年度「中国特許文献の解析及びデータ作成」

中国語を現状の機械翻訳の精度で利用できるシーン

機械翻訳を十分に利用できるシーンももちろんあります。現状の中国語⇆日本語における機械翻訳の精度では、専門知識などがいらない文書や簡易的な会話で済むシーンなどでは機械翻訳を利用しても特に問題はありません。
例として機械翻訳でも利用できる以下の2つをご紹介します。

接客などの直接対話

飲食店などの接客や、相手と直接話せるようなシーンでは機械翻訳でも十分に会話が成立します。
うまく翻訳ができなかったとしてもジェスチャーや表情を見て相手が何を伝えているのか、自分がどのようなことを伝えたいのかを、ある程度お互いに理解できるので機械翻訳での翻訳でも十分に意思疎通ができます。

音声機械翻訳を利用した旅行

最近手にする人が多くなった翻訳ツールである音声機械翻訳を利用した旅行でも機械翻訳だけで十分です。
観光目的であれば中国現地の人とそこまで難しい会話はしない人がほとんどだと思います。
タクシーで行き先を伝えたり、ホテルのチェックインを済ませたり、買い物をする際に値段を聞いたりと、このような場合でも簡単な会話程度なので音声機械翻訳を利用すれば「言葉の壁」で観光・旅行に困ることはないでしょう。

中国語の翻訳を精度高く対応するなら翻訳会社へ依頼がベスト

簡単な翻訳であれば、上記でもお伝えした通り機械翻訳でも問題ありませんが、機械翻訳だけでは不十分な精度の高さを求めるなら翻訳会社へ依頼することが一番良い方法です。
誤訳は間違った文書の理解を修正するだけではなく、そもそも記入段階からやり直しを行わなければいけません。
2度手間になって時間と労力を割いて、終わりのない正確さを追いかけるばかりではもったいないです。
上記の理由だけではなく、全てにおいて精度の高い中国語翻訳を求めているなら機械翻訳ではなく翻訳会社に依頼するべきです。
OCiETe(オシエテ)では、専門知識が必要な中国語翻訳でも厳しいスキルチェックを行ったプロの中国語翻訳者のみが対応しています。
さらに月々の定額料金で依頼回数が無制限の依頼し放題というお得なプランで精度の高い中国語翻訳を受けられます。

あわせて読みたい
→中国語の翻訳会社なら定額使い放題のオシエテが便利

中国語の機械翻訳の精度とは?まとめ

中国語の機械翻訳の精度とは?についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここでのポイントは以下です。

・機械翻訳の精度を高めるためには中国語の基礎知識が必要
・機械翻訳の精度は上がっているけど正確さはまだ万全ではない
・旅行や直接対話する簡単な会話では機械翻訳は十分使える
・中国語翻訳の精度を高くするなら翻訳会社に依頼するのがベスト
・オシエテではプロ翻訳者が精度の高い中国語翻訳が可能

オシエテの翻訳サービスは、精度の高い中国語翻訳を毎月依頼し放題で利用できます。
ホームページの中国語翻訳やビジネスにおいて必要な中国語翻訳をご希望の場合は、定額使い放題でお得に翻訳ができる専門のオンライン翻訳サービス「OCiETe(オシエテ)」をぜひ利用してみてください。

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら