派遣通訳者に依頼する出張通訳とオンライン通訳はどちらがお得?

派遣通訳者に依頼する出張通訳とオンライン通訳はどちらがお得?

派遣・出張通訳とオンライン通訳お得なのはどっち?

海外の企業と商談が決まって通訳が必要になったとき、これまでは通訳者に現場まで出張してきてもらうのが一般的でしたが、最近はオンライン通訳の需要が高まってきています。

では、出張での通訳を依頼するのと、オンライン通訳を依頼するのとでは、どちらが総合的にお得なのでしょうか?

ここでは、
・出張通訳のメリットと料金について
・オンライン通訳のメリットと料金について
・オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」の特徴

について解説します。

これを読むことで出張通訳とオンライン通訳の違いがわかり、利用シーンによっては気軽にオンライン通訳を活用できることがわかるので、参考までにぜひ最後までご覧ください。

出張通訳の最大のメリットは安心感

海外での商談に必要不可欠ともいえる出張通訳は、仕事を成功させるためにとても重要なポジションを担っていると言えます。
しかしその料金や通訳者の質は、依頼する通訳会社によりさまざまです。

では、実際通訳に出張をともなう依頼をした場合、いくらかかるのか、また、どのようなメリットがあるのかをしっかりと把握し、依頼に見合った料金設定かどうかを見極めましょう。

出張通訳のメリット

出張通訳の最大のメリットは、現地に同行をしてもらうことにより、万が一現場で何かあった際にも臨機応変に対応が可能なことです。

海外での仕事に慣れていないと、いろいろなことの勝手がわからず余裕をもって仕事をこなすことが難しい場合もあります。そんな中で万が一予期せぬ事態がおきた際にも、その場に通訳が一緒にいることで安心してコミュニケーションをとることができるのが最も大きな強みといえます。

また、現地の文化に精通している通訳者であれば、相手と仕事の合間にとるコミュニケーションも期待できるかもしれません。

出張通訳を依頼したときの料金

出張通訳の料金は、通訳会社や依頼する通訳者のスキルレベルや対応内容、拘束時間によって大きく異なります。

出張通訳の場合、以下のような項目で料金が変わります。
・通訳者のランク
・拘束時間
・通訳の方法と内容(分野)

また、上記以外に移動にかかった交通費や、宿泊が伴う業務の場合はその宿泊費、さらに現地でマイクや受信機などを必要とする場合は、それら設備費も料金として加算されます。

例えば最も高いランクの通訳者の場合は、拘束費だけで10万前後、通訳をはじめてまもない通訳者の場合は3万前後が一般的です。つまりこれらの料金にプラスして、交通費などのその他諸経費がかかるということになります。

出張通訳に依頼すべき通訳シーン

国際会議やシンポジウムなど、大勢を相手とする通訳業務の場合は、出張通訳への依頼が適しているといえます。

また、オンライン通訳は通信環境の整っている場所でなければ実施することができないため、通信状況に不安のある地域や場所では出張通訳に頼むという選択肢となります。

オンライン通訳なら安心感も料金満足度も得られる

最近人気が高まっているオンライン通訳には、どのような特徴があるのでしょうか。
その料金や利用に適したシーン、出張通訳と比較したときのメリットとあわせてご紹介します。

オンライン通訳のメリット

オンライン通訳の最大のメリットは、契約開始から業務終了までをオンライン上で手軽におこなえる点です。もちろんサービスを展開している会社により多少の違いはありますが、出張通訳への依頼よりは手軽にサービスの利用が可能となっています。

たとえば通訳が必要になったらオンラインで業務に適した通訳者を検索し、すぐに依頼をかけることができます。
また、通訳をおこなう当日も通訳者に現場まで来てもらう必要はなく、パソコンやタブレットをオンラインに接続するだけで大掛かりな準備も必要なく簡単に通訳を開始できるので、1時間の会議だけ通訳してほしいというときにも気軽に利用できます。

オンライン通訳の料金

オンライン通訳の料金も、出張通訳と同様に、通訳者のランクや通訳の方法・内容によって変わります。

しかし、オンライン通訳の最大の特徴は、移動や待機などの余計な拘束時間がかからないため、発生する料金は通訳をおこなった業務時間のみとなります。

そのため、ランクの高い通訳者に依頼をしたとしても、出張通訳と比較すると格段に安い料金で依頼ができます。また、海外などの宿泊を伴う場所での商談でも、オンラインで接続さえできれば通訳者は現場に行く必要がないため、宿泊費なども発生しません。

細かなオプション料金などの設定は、オンライン通訳サービスを提供している会社により異なるため確認は必要ですが、いずれにせよ出張通訳よりは各段に安い料金で通訳を依頼することが可能です。

オンライン通訳が利用される通訳シーン

オンライン通訳は、端末を通して顔をみながら通訳をおこなうため、その場の雰囲気もうまくくみ取って、現場に通訳者がいるのと変わらないレベルで適切な通訳を行うことができるようになってきています。

また、1時間など短時間から利用できるオンライン通訳サービスが多いため、短い商談、外国人のお客様との会食やアテンドなどでも気軽に利用することができ便利です。

さらに、オンラインで接続可能な端末さえあれば、複数端末を用いて大人数の会議でも対応することは可能です。

オンラインに接続できない環境以外の場所であれば、基本的にはどんなビジネスシーンでも活用できるでしょう。

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」の特徴

「OCiEte(オシエテ)」は、契約から発注、業務終了までのすべてをオンラインで完結できる、法人向けの通訳サービスです。

スキルチェックをクリアしたレベルの高いビジネス通訳者のみが登録しており、お客様の使い勝手を一番に考え、簡単・安心・便利に使えるサービスを提供しています。

ここでは、法人向けオンライン通訳サービス「OCiEte(オシエテ)」の特徴や料金についてご紹介します。

事前に通訳者と面談できるのでミスマッチが起こりにくい

通訳を依頼したいと思ったら、業務内容にあった通訳者をオンラインで簡単に検索し、通訳者のプロフィールや、これまで依頼をした企業からの評価を確認することができるため、依頼したい業務に適した通訳者かどうかを見極めやすい仕組みになっています。

また、業務のミスマッチが起きないよう、契約前に気になる通訳者とオンライン上で面談をおこなうことができます。これにより、本人に直接これまでの経験なども確認することができるので一層安心して仕事を依頼することができると好評です。

1時間単位から依頼できるので料金が格安

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」では、仕事の依頼を1時間単位からおこなうことができます。
料金は、通訳を利用した時間給のみなので、出張通訳とは異なり、スキルの高い通訳者でも非常にリーズナブルな料金で利用することができます。

通訳者の料金は、検索をした際にわかりやすく明示しているため、安心してご利用いただけます。

契約開始から業務終了までオンラインでスピーディーに対応

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」は、契約開始から業務の終了まで、すべてオンライン上で完結できる仕組みを整えています。

このため、すべての作業がオンライン上でクイックに完結できるため、急に通訳が必要になった場合も便利に利用いただくことが可能です。

万が一に備えて全案件「情報漏洩保険」を適用

オンライン通訳サービス 「OCiEte(オシエテ)」は、三井住友海上社との提携により「サイバープロテクター」の提供を開始しました。

これは、「OCiEte(オシエテ)」を利用して発生した情報漏洩に対し、オンライン・オフラインどちらの利用であるかにかかわらず、通訳者の故意ではない情報漏洩に対し損賠賠償請求を受けた際に、1事故、期間中500万円まで補償するサービスです。

サイバープロテクターの提供により、オンライン通訳に仕事を依頼したい企業と、オンライン通訳者の両方が安心してサービスをご利用いただけます。

現地へ来てもらう出張通訳とオンライン通訳はどちらがお得?のまとめ

現地へ来てもらう出張通訳とオンライン通訳はどちらがお得なのか?について解説してきましたが、いかがでしたか?

今回のポイントは以下のとおりです。

・出張通訳の最大のメリットは、万が一何かあった際にも現場で臨機応変に対応してもらえる
・オンライン通訳の最大のメリットは、短時間から利用でき、料金も安いため、ランクの高い通訳者も気軽に依頼できる
・「OCiETe(オシエテ)」なら、1時間単位から気軽にビジネス向けのハイレベルな通訳を利用できる

出張通訳とオンライン通訳、それぞれにメリットはありますので、利用したいシーンや予算にあわせて最適な通訳を依頼しましょう。

もしオンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」に興味をもたれたら、まずは30秒でできる「無料会員登録」で、あなたにぴったりのオンライン通訳者を検索してみてください。

通訳や翻訳に関わるご相談を受け付けております。

「まずは料金を知りたい」
「オンライン通訳と通常の通訳との違いは?」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者に依頼をしたい」

など、通訳・翻訳に関するご相談やお問合せがございましたら、お気軽に下記よりご連絡ください!
お急ぎの方はお電話でも受け付けております。03-6868-7531(平日10時~19時)

通訳の種類カテゴリの最新記事