お役立ち資料 無料配布中!

ホームページの中国語翻訳はOCiETeがおすすめ!

中国語のホームページ翻訳を依頼したい…そんな時には、どこへどのように依頼するのが良いのか悩む方も多いのではないでしょうか?

依頼する際には、「どんなシーンでホームページ翻訳が必要なのか」「どんなポイントを押さえて翻訳サービスを選べばよいのか」を知ることが大切です。

依頼したい内容に合わせてサービスを利用したほうが、コストパフォーマンスも高くなります。

ここでは、中国語のホームページ翻訳において、機械翻訳とプロの翻訳どちらが良いのか、依頼すべき翻訳会社の特徴などについて解説します。

これを読めば、中国語のホームページ翻訳が必要な時に、どうすれば最適な翻訳者へ依頼できるかを知ることができます。ぜひ最後までお読みください。

中国語の翻訳を依頼する前に知っておくべき2つのポイント

中国語の翻訳を依頼する前に知っておくべき2つのポイント

人口・話者数が多い中国語は世界中で使われていて、国連の公用語の1つでもあります。

参照:文部科学省|世界の母語人口

巨大な市場であることから、中国に関わるビジネスを取り組む日本企業も少なくありません。

商品・サービスの事業展開を日本国内にとどめず、より大きな市場へ向けるために「まずは中国語に対応するホームページから!」と意気を込める人も少なくありません。

ここで多いのは「日本語⇆中国語の翻訳を自動(機械)で行おう」と考えを持つことです。

機械翻訳は、無料または低価格で利用することが可能で、すぐに翻訳できるのがメリットの1つですが、ビジネスシーンで機械翻訳だけを使うのは危険です。

まずは中国語の特徴を理解し、機械翻訳が活用できるケース、使わない方が良いケースを知っておきましょう。

翻訳するのは簡体字・繁体字どちらか

一概に中国語翻訳と言っても「繁体字」と「簡体字」のどちかを翻訳したいのかを考える必要があります。

繁体字・簡体字は似ているように思えますが、文字の特徴が違うだけではなく、使用する地域も異なります。

例えば、繁体字が使われる地域に簡体字のコンテンツを作成しても、見るユーザー側は認識がし辛くなってしまう可能性があります。

中国語の翻訳は地域に合わせた中国語を選び、作成しなければいけません。

そして、もう一つ大切なポイントは、簡体字・繁体字にも方言のような違いがあることです。

台湾繁体字と香港繁体字の違いは、その代表例と言えます。台湾繁体字は北京語をルーツとして、香港繁体字は広東語をルーツとしており、表現・読み方・文法などが異なります。

こうしたポイントを把握しておくことは、最適な形で中国語翻訳を依頼するために重要なポイントとなります。

使用される中国語は地域や国で異なる

上記でもお伝えした通り世界中で多く使われる中国語でも、翻訳する際にはターゲットとなる地域に合わせて翻訳する言葉を変えなければいけません。

中国語を公用語とする中国・シンガポールなどの広い地域で使われている中国語は簡体字です。繁体字は香港・マカオ・台湾などで使われています。

繁体字はTraditional Chineseと言われているように、本来使われてきた中国語です。

しかし、1949年に建国した中華人民共和国政府は、識字率の向上を重視し、習得が容易な簡体字の使用を同国国民に義務づけました。

政府が定めた字に対する規定の影響を受けなかった台湾などの地域では、現在でも繁体字が使われているというわけです。

ホームページの中国語翻訳は機械(自動)翻訳だけで大丈夫?

機械(自動)翻訳の精度が向上した近年では、無料の翻訳アプリや翻訳サービスを活用する方が増えました。

手軽に使用できることで、例えば海外旅行など、国際交流の場におけるコミュニケーションツールとして、頻繁に使われています

一方で、予めシステム内に登録された文法や大量の訳文データを基に翻訳を行なうアプリやWebサービスは、ホームページに掲載する中国語の長文や契約書など正確性をシビアに求められる翻訳には不向きです。

やはりビジネスシーンでは、プロフェッショナルな翻訳者が求められます。

中国語のホームページ翻訳を機械翻訳で対応した場合

革新のスピードが加速するIT技術において、いま最も耳なじみのあるワードは「AI」と言えます。機械翻訳にも、ユーザーの翻訳情報を自動学習するAIを導入したサービスが主流になってきました。

補助的なツールとしての有用性は、どんどん高まっていると言えるでしょう。

その反面、誤訳してしまうことも少なくはありません。国内のとある施設のホームページで、中国語対応されているコンテンツにも、誤訳したまま掲載されているものがちらほら。

例えば、「このエスカレーターは屋上まで参りません」の“参る”が「降参する」の意味合いとして、誤訳されていたこともあります。

正確に翻訳できなければ、せっかくの気づかいも伝わらず、クレームの原因にもなりかねません。

プロは翻訳スキルはもちろん完成文書の品質も高い

魅力的なホームページを制作するには、原稿をただ正確に翻訳するだけではなく、ホームページ内に掲載するコンテンツの情報を余すことなく伝えられます

最適な表現で翻訳を行なえる中国語翻訳のプロフェッショナルが必要です。

しかし、ビジネスシーンで機械翻訳は全く使えないという訳ではありません。上手な使い方を駆使することで、より良いコンテンツに仕上がります。

機械翻訳の特徴や活用方法については、下記の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

中国語のホームページ翻訳はOCiETeがおすすめ!

翻訳を専門にしている業者でも翻訳分野(内容)専門の翻訳者を用意していることは少なく、多くの場合は「中国語翻訳」のひとくくりにされます。

OCiETeに登録する翻訳者は、中国語スキルはもちろん、あらゆる分野・業界にも精通しているビジネススキルも兼ね備えたプロ翻訳者のみが登録しています。

ビジネス・依頼分野に関する知識も備わっている翻訳者のみが対応するため、品質は最高レベルです。

ここからはOCiETeの翻訳サービスについて、さらに詳しく解説していきます。

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

まとめ

この記事では、ホームページの中国語翻訳で大切なポイント、機械翻訳との違い、OCiETeのオンライン翻訳サービスについて解説してきました。

ここでのポイントは以下の通りです。

ここがポイント!
  • 一概に中国語翻訳と言っても地域やユーザー層によって言葉を変える必要がある
  • 機械(自動)翻訳は精度は向上しているもののビジネスシーンではまだまだ課題がある
  • OCiETeの翻訳者は中国語スキルはもちろん依頼分野の専門知識も有しているのでより良いコンテンツを作ることができる。

ホームページ翻訳は、ビジネスの海外進出において非常に大切なポイントです。

今後、中国との取引を目指す、すでに中国と関わるビジネスを行っているという方は、ぜひプロの翻訳で施すクオリティの高いホームページ作成を検討してみてください。

OCiETeでは翻訳だけではなく「1時間〜依頼ができる」オンライン通訳にも対応しています。中国企業との商談・会議で通訳が必要になる場合は、お気軽にご相談ください。

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。