お役立ち資料 無料配布中!

インドネシア語通訳、選ぶポイントは

Indonesian Business woman standing in front of team

インドネシア語通訳はポイントをおさえて依頼することが重要

インドネシアは日本の約5倍に当たる約192万平方キロメートルの国土をもち、世界で一番多くの島で構成された国です。
インドネシアの人口は2015年時点で既に2.5億人を越え、これは世界で第4位の人口数にあたるため今後の市場成長がさらに期待されています。

マレー系を代表とする300を越える民族が存在する多民族国家であり、会話言語は方言も含めて数多く存在しています。
公用語のインドネシア語は第二国語として学ぶため多くの人々が使えます。
宗教もイスラム教徒が一番多いですが、ヒンドゥー教徒やキリスト教徒もいる多彩な文化のある国です。

以前より日本政府は、鉄道を主としたインフラ整備の援助などをインドネシアにおこなってきました。
また、近年サブカルチャーなどを通してインドネシア国民の日本文化への興味や質の高い日本製品への需要も高まってきたと言われています。

現在日系の企業の進出も盛んにおこなわれているため、インドネシア語の通訳や翻訳は今後さらに需要が高まる事が予想されます。

ただしインドネシアは日本ほどインフラ整備が進んではおらず、首都でのMRTの開通など公共交通が整ってきつつありますが交通渋滞の問題など現在まさに対応中の状況です。
またビジネスマナーにおいても、国民性の違いにより日本のやりかたがそのまま通じる訳ではありません。
宗教や文化が異なる国インドネシアとのビジネスにおいて、その国の文化や状況を理解して通訳をする事が重要になってきます。

ここでは、
・インドネシア語の市場価値・ニーズ
・インドネシア語のビジネス活用シーン
・インドネシア語通訳依頼の料金相場
・オシエテのインドネシア語通訳では、通訳者の能力を可視化
・インドネシア語の通訳を依頼するうえでよくあるご質問FAQ
・インドネシア語通訳、選ぶポイントまとめ

について解説します。

これを読むことで、インドネシア語通訳の市場価値や料金相場、オンライン通訳サービスの「OCiETe(オシエテ)」を利用するメリットがわかり、今後のインドネシア語通訳をビジネスで依頼する時に参考とできるので、ぜひ最後までご覧ください。

インドネシア語の市場価値・ニーズ

2.5億人を越え消費が増加傾向にある巨大なマーケットを持つインドネシアには、現在多くの日系企業が進出しています。

ジェトロの「2019年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」(※1)によると、アンケート対象の企業のうち19.3%がインドネシアに進出しており、これはアンケート回答全体で7位の企業割合です。
そして今後海外で拡大を図る予定の地域としては、中国・ベトナム・タイ・米国に続いて5番目にインドネシアが入っています。
現在の進出数だけではなく、インドネシアは今後の展開も続いて期待の大きい国です。
日本とは2008年より自由貿易協定(FTA)を結んでおり、関税優遇のため輸出にFTAはよく利用されています。

これらの結果からみても、ビジネスにおいて今後のさらなる発展も期待されるインドネシアは非常に重要なアジアの国なのです。

※参考1
ジェトロ 「2019年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」(PDF)

インドネシア語のビジネス活用シーン

インドネシアはASEANで一番人口の多い国です。
近年インドネシアのGDP成長はいちじるしく、その消費市場はかなりの規模です。

ジェトロの「世界貿易投資報告 2019年版」(※2)によると、インドネシア国内の消費が堅調で、内需の拡大により輸入全体が増えています。
また日本との貿易も拡大傾向にあり、2018年は輸出入ともに前年に引き続き増加をしています。
日本からの輸出品目で一番多いのは機械類やその他電気機器、輸入は燃料のほか木製品なども増えてきています。

ただし、インドネシアは外資企業の起業に関して規制や法が厳しく定められており、例えば駐在員がいる事務所をつくるためには英語もしくはインドネシア語(インドネシア大使館の認証もしくは宣誓翻訳家の翻訳の必要あり)で定款の提出など複数の書類提出が必要です。
またインドネシア国内の労働者が手厚く守られているため、現地での雇用の難しさなどビジネスでの注意点が数多くあります。
宗教はムスリムの多い地域なので、ビジネスにおいても宗教と文化に対する理解と充分に配慮されたコミュニケーションが必要です。

現地の慣習や法律、労働者制度に明るく、専門分野の知識を持ったインドネシア語通訳のサポートを受けて、スムーズな取引を進めましょう。

インドネシア語のビジネス通訳活用シーン1:採用・雇用

インドネシアでは現地雇用が最優先とされており、その雇用にも細かく条件が定められています。
また業種や分野によってもルールが違うので、慎重に調べた上で現地の採用面接経験があるインドネシア語通訳者へ依頼をしましょう。

CASE1:新規プロジェクトのために、3年契約の契約社員を採用したい
→完了までに3年を見込んでいる現地プロジェクトの専門分野ポジションに契約社員を採用したい場合、条件や賃金の交渉経験があり、専門知識を持つインドネシア語の逐次通訳者サポートが必要です。

CASE2:現地スタッフの職業訓練を実施したい
→100人以上雇用している企業に年に1度の職業訓練義務があるため、日本の専門スタッフの訓練について通訳を通して実施してもらいます。専門知識があり職業訓練・セミナーなどで通訳の経験がある逐次通訳者に依頼をしましょう。

インドネシア語のビジネス通訳活用シーン2:商談

インドネシアはムスリムの多い国なので、食品・医薬品・化粧品などの輸出にはハラル認証が必須です。
自社商品を販売する時には細心の注意を払って売り込みましょう。

CASE1:インドネシアの企業から、合板を輸入したい
→インドネシアの合板産業は1970年代から開始されている主要の木材製品で、現在環境保護の目的から合法性が求められ木材合法性証明システムを採用した分野です。これらの専門知識を持ち、合板の輸出入業経験のあるインドネシア語の逐次通訳者サポートが必要です。

CASE2:自社のサプリメントを現地で販売したい
→成分や安全性に自信があり市場のニーズに合っていても、サプリメントはハラル認証対象の商材です。商品の良さの説明はもちろんですがハラル認証を受けているかどうかを説明ができる事が前提なので、現地の文化に理解があり食品等の輸出入業種の通訳の経験がある逐次通訳者に依頼をしましょう。

※参考2
ジェトロ 「世界貿易投資報告 2019年版」インドネシア(PDF)

インドネシア語通訳依頼の料金相場

インドネシア語の通訳は、同時通訳・ウィスパリング通訳・逐次通訳いずれかの形式で依頼を行います。

ビジネスに必要なインドネシア語通訳には、送迎の際にサポートしてもらう簡易的な通訳から、会議で話者と同時に通訳をしなくてはいけない難易度の高いものまで様々なケースが考えられます。
通訳は対応する分野の内容や通訳形式によって必要な技術が異なり、それとあわせて金額が変わってきます。

さらに、通訳者を現地に派遣してもらう派遣通訳とオンラインで通訳をしてもらうオンライン通訳といった選択肢もあります。

実際の通訳内容ごとに、料金相場をみていきましょう。

派遣型通訳を実際に依頼する費用は?

インドネシア語通訳を、通訳者を現地に派遣する方式で依頼した場合の相場は以下です。

■【通訳難易度:★★★★★】
会議・商談:半日拘束(4時間)の場合
通訳形式:ウィスパリング通訳
料金相場:4.5万円~6.5万円

■【通訳難易度:★★★★☆】
会議・商談・研修:1日拘束(8時間)の場合
通訳形式:逐次通訳
料金相場:5万円~7.5万円

■【通訳難易度:★★☆☆☆】
一般アテンド・送迎:半日拘束(4時間)の場合
通訳形式:逐次通訳
料金相場:2.5万円~3.5万円

通訳形式によって、金額は変わってきます。
最も難易度の高い同時通訳やウィスパリング通訳は、通訳者の技術力が求められるのと通訳時の負担が大きいため高額です。
また通訳時間だけではなく、移動にかかった時間や交通費・出張費なども別途上記の料金以外に加算になるため注意しましょう。

オンライン通訳「OCiETe(オシエテ)」に依頼する場合の料金

派遣通訳はその場にきてもらえて安心で便利な反面、派遣費用が別途かかるため高額になりやすいという問題があります。
また、移動時間もふくめた拘束時間が料金に加算されるため、1時間の会議時だけの依頼などに対応していない派遣会社も多くあります。

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」を利用した場合、交通費など実費が不要なので1時間単位で利用した時間分のみ支払うシンプルな料金体系で、なおかつ費用を抑えてビジネス向けの精度の高い通訳の依頼ができます。

そのため、1時間からインドネシア語通訳が依頼できる「OCiETe(オシエテ)」は「短時間の通訳業務」「定期的な通訳業務」にも最適です。

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」では運営サポートによる無料の通訳者のコーディネート相談を受け付けています。
無料会員登録を行うだけで、サポートを受けられますので、初めて通訳依頼をされる方も、気軽に相談をしてみてください。

オシエテのインドネシア語通訳では、通訳者の能力を可視化

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」では依頼から完了まですべてオンラインで完結できるため、依頼や相談などの場を別途セッティングする必要も無く時間を節約してスムーズに依頼できます。

ビジネスレベルの通訳ができる通訳者のみスキルチェックの上の登録されており、管理画面で通訳者の今までの経歴や経験を紹介ページでご覧いただけます。

通訳をするにあたり、語学力はどのレベルか、現地滞在の経験はあるか(現地文化への理解はあるか)、どういった業種の通訳経験があるかなど気になる部分をしっかり確認下状態で通訳者を選定できます。

また、文字だけではなく事前にオンライン面談機能も無料で利用できるので依頼前に直接話す事ができより安心して依頼する事が可能です。

過去「OCiETe(オシエテ)」で依頼を受けた企業の評価もご確認いただけるので、求めているスキルや専門分野のミスマッチが起こりにくく、すべて見た上で依頼できるのが「OCiETe(オシエテ)」の強みです。

インドネシア語の通訳を依頼するうえでよくあるご質問FAQ

インドネシア語の通訳を探しているお客様から、通訳を依頼するにあたりよくいただく質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

インドネシア語の通訳を依頼するために事前に必要な準備はあるか

インドネシア語通訳を依頼する前に、以下の情報をまとめておくとよりスムーズです。

通訳言語(インドネシア語から日本語 など)
対象人数
日時
利用シーン(会議、訪問、会食 など)
通訳形態
分野・業界

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」ではWebサイトの管理画面で通訳者を条件で絞り込んで簡単に検索できますが、より詳細な情報を先に展開する事で通訳者のスキルとのミスマッチを防ぐ事ができます。
クオリティの高いインドネシア語通訳を依頼するために、これらの情報は早めにまとめておく事をおすすめします。

インドネシア語の通訳の依頼に注意する事はあるか

インドネシアは現在まさに発展中の国なので、ルールが流動的です。
事業内容によっては外資の参画を認めていないものもあり、この業種リストはしばしば変わる事もあるため通訳とは常にコミュニケーションを取り合って仕事を進めていくことが理想的です。
またどういった分野でどんな内容を通訳するかによって通訳料金が変わってくるので、通訳をしてもらいたい内容もなるべく細かくまとめておきましょう。

インドネシア語通訳、選ぶポイントまとめ

インドネシア語通訳、選ぶポイントを解説してきましたが、いかがでしたか?

ASEANで最大の人口を有し、近年の発展いちじるしいインドネシアは今後のビジネスに非常に重要な国です。
異なる文化を持つ巨大マーケットに参画するために、現地事情に通じたインドネシア語のクオリティの高い通訳を利用する事はとても大事です。

インドネシア語通訳、選ぶポイントは下記の通りです。

・インドネシアはASEAN最大の巨大マーケットを持つイスラム教徒の多い多民族国家で、公用語はインドネシア語
・日系企業の進出も盛んだが、外資企業の参画にはルールが多いので注意が必要。通訳にはインドネシアの法律にも詳しく、細かなコミュニケーションをとることができる通訳者が最適
・インドネシア語の派遣通訳料金相場は、アテンドで半日2.5万円~、難易度の高いウィスパリング通訳で半日4.5万円~(別途交通費や出張費など必要に応じて料金が加算される)
・オンライン通訳サービスは派遣通訳と比較すると移動コストなどの別途実費の料金が不要なので、インドネシア語のクオリティの高い通訳サービスを低価格で依頼できる

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」は1時間単位でのご利用が可能、交通費などその他費用を発生させずに低価格で専門性の高いインドネシア語通訳が利用できるので、ぜひ検討してみてください。

まずは、30秒でできる「無料会員登録」で、スキルのマッチしたインドネシア語の通訳者を検索してみてください。

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。