英語人材の採用方法の注意点・人材不足の解消方法をわかりやすく解説

英語人材の採用方法の注意点・人材不足の解消方法をわかりやすく解説

日本国内だけではなく、海外との取引を行う企業や、海外スタッフを雇用している企業に、共通して必要なのは、英語を話せる人材の確保です。
しかし、英語人材は簡単に採用することは難しく、悩んでいる担当者の方も多いのではないでしょうか?

この記事では、英語人材の重要性や採用方法、採用時の注意点などを解説しています。
「英語力の高いスタッフが退社してしまった」「英語力の高い人材を確保したい」「採用か外注どっちが良い」などの悩みを持つ担当者の方は、ぜひ最後までご覧ください。

英語人材とは

英語人材とは

英語人材とは単に英語が話せる人材ではなく、ビジネスにおいて必要な発言力や読解力・理解力を持ち、かつ英語が堪能な人材のことを指します。

例えば、TOEICなどの英語関連の資格・検定では、英語のリーディングからリスニングのスキルを数字で証明してくれています。高得点を出しているのが目に見えてわかっていれば、スキルレベルもわかりやすいです。

しかし、TOEICなど試験の高得点があるからといって、「自社にとって効果的な業務ができるのか」「海外企業との交渉成功率が上がるのか」「会議で意味のある発言ができるのか」という部分では全く別の話です。

では、英語人材に求める業務内容や英語人材が必要とされる理由はどういったものがあるのでしょうか?

英語人材が必要とされる理由

大きな理由としては、「英語で海外企業や社内でのコミュニケーションを図ってほしい」ということが挙げられます。

さらに、英語人材を獲得することで、自社の商品やサービスが国内だけではなく、国境を超えて海外マーケットも取り入れたいという目的で英語人材を求める企業は少なくありません。

さらに、外国人の雇用などを行なっている企業にとって、業務内容の説明や外国人雇用後も円滑にコミュニケーションが取ることは非常に大事です。
英語人材が社内にいれば、業務説明から外国人スタッフの評価まで、より効率良く行えます。

英語人材を採用する際に注意するべきポイント

英語人材の採用時に注意すべきポイント

英語人材を採用(募集)する際に注意すべきポイントをあらかじめ理解しておけば、採用活動時に、より人材を選びやすくなります。採用(募集)時の注意点は下記から詳しく解説します。

語学力だけではなくコミュニケーション能力やビジネススキルがあるか

英語力(語学力)はもちろん重要視すべき部分です。しかし、語学力があるだけでは英語人材としての業務を遂行することは難しいでしょう。

大事なのは、任せたい業務を行うために必要なスキル・経験を基にどれぐらいの英語レベルなのか、ビジネスシーンでの英語が使えるのかを基準にしておくことが重要です。

また、英語が使えることはもちろん、日本と英語圏にある価値観の違い・文化の理解度(感受性)・意見を交わし合う際に関係性・信頼性を築き上げられることができるコミュニケーション能力が必要です。

自社の商品やサービスに関する知識を持っているか

上記にも繋がるポイントですが、ビジネススキルやコミュニケーション能力に加えて、自社で扱う商品やサービスに関する知識を持っていると、優秀な英語人材として迎え入れることが可能です。

英語・日本語など言語に関係なく、その商品やサービスに深い知識があると、会社にとって大きな戦力になります。逆に英語力が高くても知識が浅ければ、商品の詳細やサービス内容の研修を行わなければいけません。より即戦力の英語人材を求めるなら、専門知識も持った人を選考基準にすることをおすすめします。

英語人材を採用したいならアウトソージングがおすすめ

英語人材を採用する際に注意すべきポイントをご紹介しましたが、もう一つの選択肢として、アウトソージングでの英語人材を確保という方法もあります。

アウトソージングとは、業務の一部を外部に依頼・発注すること、いわゆる「外注・外部委託」と言われている方法です。

アウトソージングがおすすめな理由①無駄なコストをかけずに高いクオリティで業務を行ってくれる

アウトソージング最大のメリットは、特定業務に精通したプロの英語人材が、任せたい業務を高いクオリティで行ってくれるという点です。
さらに、固定での人件費や教育(研修)コストがかかることもありません。

社内で英語人材を育成するとなると、費用や時間の面で多額の固定費が発生し、負担も大きくなります。

また、業種・業態問わず「人材不足」が問題視されている昨今ですが、アウトソーシングを行うことで、限られた人員とアウトソージング部分の業務を切り出し、業務に集中させられることが可能です。

アウトソージングがおすすめな理由②業務の増減に柔軟に対応できる

業務の繁忙期・閑散期に合わせて社内の人員リソースを調整することは難しいです。
閑散期には過剰な人員数になってしまうと悩む企業も多いですが、繁忙期のみににアウトソージングに依頼することで、人件費などのコストコントロールを行えます。

英語人材のアウトソージングはOCiETeがおすすめ

英語人材確保の方法として、アウトソージングについてご紹介してきましたが、「アウトソージングと言ってもどのように英語人材を確保すれば良いのかわからない」と悩む担当者の方もいらっしゃると思います。

そこでオンライン通訳・翻訳の【OCiETe(オシエテ)】を利用してみてはいかがでしょうか?

OCiETeでは、さまざまな業界の専門知識に精通しているスタッフに通訳・翻訳業務を依頼できます。

オシエテの英語人材は厳しい審査を通過したパートナーのみが在籍している

OCiETeは通訳・翻訳に特化したマッチングサービスです。
約800名いるプロ翻訳者・プロ通訳者を、専門知識や得意業界といった軸で検索し、マッチングすることが可能です。
オシエテに在籍しているプロ通訳者は、事前に厳しいスキルチェックを受けていて、英語力だけではなく、ビジネススキルから各分野の専門知識などの合格基準を満たした人のみが在籍しています。

24時間どこからでも依頼が可能な完全オンラインサービス

オシエテでは24時間いつでもオンラインで案件を依頼することが可能です。
お時間に余裕がない場合や、地方を拠点とする場合でも手軽に依頼が可能です。
また、依頼するうえで必要になる打ち合わせなどもオンラインで完結するため、移動や時間の無駄を省けます。

まとめ

英語人材の採用方法とは?採用時の注意点や人材不足の解消方法をわかりやすく解説|まとめ

この記事では、英語人材が必要になった場合、採用する際の注意点やアウトソージングのメリット・OCiETeのオンラインサービスについてお伝えしました。
ここでのポイントは以下です。

・英語人材は英語力(語学力)が高いだけではなく、ビジネススキルやコミュニケーション能力も高い人を採用すべき

・商品やサービス・業界の知識も持つ英語人材を確保すれば、即戦力で活躍してくれる

・アウトソージングで英語人材を確保することで、コストコントロールから人材不足も解消できる

・OCiETe(オシエテ)のオンラインサービスは、専門知識・ビジネススキルのあるプロ英語人材のみが対応

「英語スキルが高い社員が辞めてしまった」「英語スキルが高い英語人材を採用したい」などを考えている企業様は、ぜひオシエテのオンラインサービスを利用してみてください。
即戦力となるプロ英語人材を確保することで、会社の売上向上・業務効率化の可能性が大きく変わるかも知れません。

通訳や翻訳に関わるご相談を受け付けております。

「まずは料金を知りたい」
「オンライン通訳と通常の通訳との違いは?」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者に依頼をしたい」

など、通訳・翻訳に関するご相談やお問合せがございましたら、お気軽に下記よりご連絡ください!
お急ぎの方はお電話でも受け付けております。03-6868-7531(平日10時~19時)

未分類カテゴリの最新記事