中国語の映像字幕翻訳で注意すべきポイントを解説!

中国語の映像字幕翻訳で注意すべきポイントを解説!

中国語の映像字幕翻訳

中国語の字幕翻訳は、中国語自体にいくつかの種類があることなど、いくつかのポイントを踏まえて依頼することが大切です。具体的には、どういった点に注意すれば良いのでしょうか?

ここでは、

・中国語の字幕翻訳を行う上で注意すべきポイント
・オシエテにはそれぞれの中国語に精通した字幕翻訳者が在籍
・字幕翻訳の内容
・中国語の字幕翻訳対応実績
・サブスク翻訳で固定費対応も可能
・中国語以外の多言語化翻訳も対応

について解説します。

この記事を読むと、中国語の字幕翻訳を依頼する際に考慮すべきことや、オシエテの翻訳サービスについて知ることができます。ぜひ、最後までお読みください。

中国語の字幕翻訳を行なう上で注意すべきポイント

中国語の字幕翻訳を依頼する際には、気をつけなければいけないポイントが2つあります。ひとつは、国や地域によって使われている“中国語”が異なることです。例えば、中国語を母語にする中国本土・香港・台湾では、主に使われる中国語の形が異なります。

そしてもうひとつは、“Traditional Chinese”と呼ばれる伝統的な繁体字と、“Simplified Chinese”と呼ばれる1950年代に制定された簡体字という違いがあることです。ここでは、それぞれの観点から、中国語の違いについて考察していきましょう。

北京語・広東語・台湾語

中国語には、繁体字と簡体字があります。その成り立ちは歴史的な背景がありますが、現代でもその影響は色濃く残ります。

例えば、中国本土で使われている中国語は簡体字の“北京語”、香港で使われている中国語は繁体字の“広東語”、台湾で使われている中国語は繁体字の“国語(北京語の台湾での呼び方)”と、ひとくちに「中国語」とは言うものの、話されている言葉には違いがあるのです。

このうち、台湾で使われている中国語は北京語をルーツとしているものの、1950年に中国本土で制定された簡体字と、繁体字の違いは大きいものです。また、それは広東語も同様で、同じ繁体字を用いる香港と台湾の言葉にも発音や表現など、大きな違いがあります。

簡体字と繁体字

元々、中国語は繁体字が使われていました。“正字”や“正体字”とも呼ばれた繁体字は画数が多いなど難解な面があり、中華人民共和国政府は1950年代に、識字率の向上を目指した“文字改革”を進める際に、繁体字を簡略化した簡体字の使用を定めます。簡体字を用いた中国語は、中国本土はもちろん、中国系移民が多く居住するシンガポールやマレーシアなど、広く用いられるようになりました。

一方で、繁体字の中国語は台湾・香港・マカオで使われています。これらの地域は、それぞれ歴史的に当時の中華人民共和国政府の影響を受けなかったため、古来の繁体字をそのまま用いてきました。しかし、先述のように同じ繁体字でも北京語と広東語の間には大きな違いがあります。

オシエテにはそれぞれの中国語に精通した字幕翻訳者が在籍

近年では、タピオカブームが起きるなど、台湾への注目度は高くなっています。台湾旅行に出かけた方の話を聞くことも珍しくはありません。一方、目覚ましい経済成長を見せる中国には、多くの日本企業が進出しました。また、スマートフォン開発など技術革新が進み、多くの中国メーカーが機器を販売しています。

諸外国の中でも日本からの距離が比較的近いなど、中国語の翻訳ニーズは確実に高まっていると言えるでしょう。ここでは、中国語の字幕翻訳をオシエテに依頼するメリットについてご紹介します。

希望言語にあわせた翻訳者をアサイン

オシエテの翻訳スタッフは、常時100名が稼働しています。ビジネスシーンにおける様々な経験を持つスキルの高い翻訳者をはじめ、あらゆる依頼に対応できるスタッフ揃いです。そのため、北京語・広東語や繁体字・簡体字の違いを適切に理解し、それぞれの言語の特徴を押さえたクオリティの高い翻訳が可能なスタッフをアサインできます。

字幕はもちろん、宣伝やプロモーションなどに用いる中国語翻訳を依頼する際にも、安心して依頼できることが、オシエテの強みです。

ネイティブ翻訳者も在籍

様々な形がある中国語の翻訳を依頼する際には、中国本土・香港・台湾といったそれぞれの地域で使われている中国語のポイントはもちろん、細やかなニュアンスを理解したうえで翻訳できる翻訳者の存在が必要不可欠です。

オシエテの翻訳サービスには、ネイティブスピーカーの翻訳スタッフも在籍しているため、より精緻な翻訳が可能です。最適な表現が求められるビジネスシーンで、新たなビジネス機会を創出するために、オシエテの翻訳サービスは有用な存在と言えるでしょう。

字幕翻訳の内容

中国語使用圏に向け、宣伝・プロモーションなどを目的とした情報発信の際に用いる字幕翻訳をはじめ、オシエテは様々なシーンの中国語翻訳に対応します。

例えば、視聴者が理解しやすいように、中国語で制作されている映像のセリフ・口の動きに合わせて訳文を調整する吹替翻訳時には、映像の進行とナレーションのタイミングを合わせるボイスオーバー、シノプシス(あらすじ)や台本の翻訳が可能です。ほかにも、様々な中国語のテープ起こしなど、あらゆる翻訳について相談できます。

中国語の字幕翻訳対応実績

これまで、オシエテではビジネスシーンに必要な中国語の字幕翻訳に対応してきました。例えば、

・セミナーで使用する映像の吹替、および字幕翻訳
・インタビュー映像の吹替、および字幕翻訳
・各種プロモーションで使用する映像の字幕翻訳 など

情報の正確性はもちろん、魅力を最大限に伝えられる表現での翻訳が、ビジネスを成功させる大きなポイントです。スキルの高い翻訳スタッフのもとで、実績を重ねてきたオシエテの翻訳サービスは信頼が置けます。

字幕翻訳以外の各種文書もあわせて依頼できるので便利

字幕や吹替の中国語翻訳のほか、オシエテの翻訳サービスでは広告文・提案/プレゼン資料・メール文面・契約書といったビジネス文書の翻訳も対応しています。ビジネスで必要となる様々な翻訳を行なえるため、字幕・吹替翻訳の依頼に合わせて、まとめて中国語翻訳の依頼が可能です。

一社に依頼できることで、打ち合わせなども最小限で済み、翻訳のクオリティや表現の統一もできることから、効率よく効果のある中国語翻訳が期待できます。

OCiETeの翻訳は月額3万円からの定額制

オシエテの翻訳サービスは定額依頼プランです。

月額で決められた文字数の中であれば、コンテンツの種類は無制限。今月は契約文章の翻訳を依頼する、来月はホームページの翻訳を依頼する、などご状況に応じてご依頼いただけます。

まずは「一度オシエテの翻訳サービスを試してみたい」という方は、下記の相談フォームから相談してみてください。
※翻訳内容やボリュームにより、文字単価は異なります。まずは、ご相談ください。

→相談フォームはこちら

中国語以外の多言語化翻訳も対応

オシエテには、様々な言語の翻訳に対応できるスタッフが在籍しています。例えば、母国語を英語とする方が日本語・中国語の翻訳に対応していたり、中国語の中でも北京語・広東語双方の翻訳に対応できるスタッフがいたりと、多言語対応が可能です。

グローバル化が進む今、翻訳は二国間だけに留まらないことが増えています。多言語翻訳を効率よく依頼することが可能なサービスに依頼すれば、スピードが求められるビジネスシーンでも、商機を逃しません。

中国語の映像字幕翻訳対応ならオシエテがお得まとめ

中国語の字幕翻訳を依頼する際に押さえておきたいポイントについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。今回のポイントは、こちらです。

・中国語は地域によって使われる文字や単語、表現が異なる
・そのため、ターゲットに合わせた中国語翻訳を依頼することが必要
・100名以上のプロ通訳者が稼働するオシエテでは、最適な翻訳者が様々なシーンの翻訳に対応
・オシエテには字幕翻訳のほか、ビジネス文書などあらゆる翻訳に対応できるスタッフ揃い。多言語翻訳にも対応できる
・Webの翻訳を主とする月額プランのオンライン翻訳サービスと同様に、固定費での字幕翻訳も相談可能

中国語の字幕翻訳を検討される場合は、高品質の翻訳を効率よく依頼できるオンライン翻訳サービス『OCiETe(オシエテ)』を、ぜひご利用ください。

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら

中国語翻訳カテゴリの最新記事