台湾語(繁体字)の翻訳で気をつけるべきこと

台湾語(繁体字)の翻訳で気をつけるべきこと

台湾語(繁体字)の翻訳依頼で大事なことは?

台湾語の翻訳を依頼する際にはなるべく料金を抑えながら、質の高いものを納品して欲しいと思うものです。
ではどのようなポイントに気をつけてどのように依頼すれば良いのでしょうか?ここでは、

・台湾語(繁体字)の翻訳依頼をする前にチェックしておくべきこと
・台湾語は翻訳機や翻訳アプリで訳すことができない理由
・台湾語の翻訳は台湾語を理解している翻訳者に依頼することが大切
・オシエテなら台湾語専門の翻訳者がしっかり対応
・オシエテへの台湾語翻訳依頼フロー
・台湾語(繁体字)翻訳|オンライン翻訳格安サービスまとめ

について解説します。

この記事を読むと、台湾語翻訳をしたい際にどうすれば最適な翻訳者へ依頼することができるのかを知ることができるので、ぜひ最後までお読みください。

台湾語(繁体字)の翻訳依頼をする前にチェックしておくべきこと

台湾語は国連が定めている公用語ではないものの台湾で広く親しまれている言語になり、年齢が高くなればなるほど使用している人が増えます。そんな台湾語の翻訳依頼をする前には「台湾語の特徴」と「中国語との違い」はチェックしておくべきポイントです。特に中国語と似ているため勘違いされることが多く、間違った翻訳を避けるためにも注意しておきましょう。

台湾語の特徴

台湾語の特徴は「公用語ではない」「声調が8種類」「繁体字である」が挙げられます。
台湾語は中国福建省南部にルーツを持つ言語で、中国語が共通語として制定される前までは広い地域で使用されていました。制定されてから政治に関する演説や交通機関など公式の場では中国語、コンビニや親戚同士の会話など非公式の場では台湾語が使用されています。
電車のアナウンスなどでは中国語で案内されて次に台湾語が案内されます。
声調については台湾語は8種類もあり、声調が多いとされている中国語でも4種類なので、8種類の声調からなる言語は珍しく、短期間で発音を習得するのは難しいです。
台湾語の基盤となっている中国語には「簡体字」と「繁体字」と2種類の漢字があり、現在中国語では「簡体字」が使用されているのですが、台湾語では「繁体字」を使用しています。繁体字は日本の漢字に使用されている場合も多いため、見慣れた漢字も多いでしょう。

台湾語と中国語の違い

台湾語は中国語から派生した言語になっているため、似ている部分が多く間違われることも多いです。ただし中国語とは様々な違いがあるので、違いを理解しておくことが大切です。
上記でもお伝えした台湾語と中国語の違いは「漢字」「声調」です。現在中国語では「簡体字」が一般的に使用されていますが、台湾語では「繁体字」を使用しています。繁体字は画数は多く、現在日本で使用されている漢字と似ている部分が多いです。
声調については中国語は4種類使われている中で台湾語は8種類の声調があります。中国語が基盤となっているため文法は似ているものの、発音には大きな違いがあります。さらに中国語よりも発音が緩く、優しい印象を受けるとも言われています。

あわせて読みたい
→中国語翻訳|オンライン翻訳格安サービス

台湾語は翻訳機や翻訳アプリで訳すことができない理由

機械翻訳の精度は日々高くなって、翻訳の質や精度も向上しています。
しかし台湾語の全ての翻訳を行うことはまだまだ難しいです。台湾語は話し言葉になっているため、正しい文法は定められていないという実情があります。そのため翻訳機や翻訳アプリのインターネット上にある翻訳ツールでは「台湾語」を選択できません。似ている言語の「繁体中国語」なら選択することができるのですが、中国語とは異なるため正しい翻訳は機械翻訳ではまだ乏しいのが現状です。

台湾語の翻訳は台湾語を理解している翻訳者に依頼することが大切

上記でも触れたポイントですが台湾語は話し言葉になっているため、契約書やメールなどのビスネス文書で使用されることは少ないです。
そのため台湾語の翻訳を依頼する際にはどのターゲット層に絞って翻訳をするのか決めることが大切で、ターゲット層によって少しですが翻訳内容が変わってきます。
ターゲット層によって翻訳内容が変わるということは台湾語を理解していない方が翻訳すると、本来の目的を達成しません。
ターゲット層に合った翻訳を正しくするためには台湾語を理解していて、翻訳する目的・背景・状況を理解できている方に依頼することが大切です。
目的や背景を把握している翻訳者だからこそ、話し言葉である台湾語を使い分けることができます。

オシエテなら台湾語専門の翻訳者がしっかり対応

翻訳を専門にしている企業でも台湾語専門の翻訳者を用意していることは少なく、多くの場合は「中国語翻訳」のひとくくりにされます。
何度もお伝えしているように中国語とは違うため、一緒にされると正しく翻訳されません。
しかしオシエテではビジネス知識も備わっている台湾語専門の翻訳者を用意していて、希望する翻訳にしっかり対応します。そのためオシエテでは翻訳する目的を理解して、正しい台湾語で翻訳を行うことが可能です。

台湾語(繁体字)の翻訳が月額3万円から利用できる

オシエテの翻訳サービスは定額依頼プランです。

月額で決められた文字数の中であれば、コンテンツの種類は無制限。今月は契約文章の翻訳を依頼する、来月はホームページの翻訳を依頼する、などご状況に応じてご依頼いただけます。

まずは「一度オシエテの翻訳サービスを試してみたい」という方は、下記の相談フォームから相談してみてください。

→相談フォームはこちら

ビジネス文書の台湾語翻訳も各種対応

オシエテでは「専門的な知識と高度な翻訳が求められる契約書の作成」や「コミュニケーションミスが生じないメール文面の作成」など専門知識が必要なビジネス文書の台湾語翻訳にも対応しています。
さらに専任の翻訳スタッフになる前に厳しいスキルチェックを受けているので、専門知識が求められるビジネス文書の翻訳でも誤訳のない翻訳が可能です。
ご依頼される企業様にあったプランでサービスを提供できように9種類にわたるプランを用意していますが、プランにはない翻訳の案件や単発でのオンライン翻訳・通訳などを希望される事業者様はお気軽に見積もりの相談をしてください。

→定額制でWEBサイトの翻訳依頼し放題!なんと月額30,000円~!

オシエテへの台湾語翻訳依頼フロー

①オシエテの公式ページより会員登録を行います。(会員登録には一切料金が発生しません)

②会員登録では氏名やメールアドレスなど基本的な情報を入力します。

③台湾語翻訳を専門にしている翻訳スタッフの中から気になるスタッフへ面談の申し込みを行います。(案件を登録して翻訳スタッフからの応募を待つことも可能)

④翻訳スタッフとマッチングをすると翻訳依頼が可能になります。
以上の手順で翻訳依頼を行えます。

台湾語(繁体字)翻訳|オンライン翻訳格安サービスまとめ

台湾語(繁体字)翻訳|オンライン翻訳格安サービスについてご紹介してきましたが、いかがったでしょうか。ここでのポイントは以下です。

・共通言語は中国語だが台湾語も広く親しみのある言語
・台湾語は話し言葉で中国語とは発音が大きく違う
・台湾語は話し言葉で正確な文法が定められていないため機械での翻訳は難しい
・台湾語翻訳を依頼する際は台湾語を理解している翻訳者に依頼することが重要
・オシエテでは経験豊富な台湾語翻訳スタッフが対応
・プランにない翻訳案件や急な依頼にも対応可能

ホームページの台湾語翻訳やビジネスにおいて必要な台湾語翻訳をご希望の場合は、定額使い放題でお得に翻訳ができる専門のオンライン翻訳サービス「OCiETe(オシエテ)」をぜひ利用してみてください。

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら

台湾語翻訳カテゴリの最新記事