お役立ち資料 無料配布中!

フランス語の翻訳依頼はOCiETeがおすすめ!料金相場・内訳も解説

フランス語の翻訳依頼はOCiETeがおすすめ!料金相場も合わせて解説

2021年、他のユーロ諸国よりも高い経済成長率を上げたフランスに対し、日本企業にとってもビジネスチャンスを掴みたいと考える方も多いです。

フランスマーケットを目的にビジネスを展開させる場合は、翻訳が必要不可欠です。

しかし、フランス語翻訳を依頼するのに「相場料金がわからない」と悩む方も少なくありません。

フランス語の翻訳を翻訳会社に依頼する際には、どれくらいの料金がかかるのでしょうか。

依頼する際には、「フランス語翻訳に必要な料金の相場」「翻訳会社の対応力」「依頼のしやすさ」などのポイントを事前に知ることが大切です。

依頼したい内容に合わせた翻訳会社やサービスを選べば、コストパフォーマンスも高くなります。

ここでは、フランス語の翻訳料金を知るために大切なフランス語の翻訳料金の決まり方・料金相場などを解説します。

フランス語翻訳の料金相場や内訳、良い翻訳者の特徴を理解すれば、どうすれば最適なサービスを利用できるかを知ることができます。ぜひ、最後までお読みください。

フランス語の特徴

フランス語はラテン系の言語から作られた言語であり、日本人にとっては馴染みがなく習得にはかなり難しいと言われる言語です。

しかし、英語と共通する点も多く、英語力がある、堪能である方にとっては習得しやすい言語と感じるかもしれません。

英単語の中にはフランス語から派生された言葉もあり、文法ルールも英語と近い部分があります。

難しいフランス語でも実は日本で使われている言葉も多いです!例えばプチ旅行やプチダイエットなどの「プチ」はフランス語で小さい・ちょっとしたという意味を持つ形容詞なんです!

フランス語の難しいポイントは語彙量

フランス語が難しいと言われるポイントは、語彙の豊富さが挙げられます。

フランス語は英語に比べて表現する単語数や種類が多く、世界各国の言語の中でも繊細な違いを表すことで有名です。

こうした理由からフランス語の翻訳はサイトやアプリなどの機械翻訳だけでは難しく、なおさらビジネスシーンではプロに依頼することが最善策です。

表現の繊細さが複雑なフランス語Webサイトの翻訳や、商談・会議で提出する資料などの翻訳では、必ずフランス語に精通する翻訳者に依頼することをおすすめします。

フランス語翻訳の料金内訳と決まり方

フランス語の翻訳料金は、主に3つの要素で決まります。それぞれのレベルを合わせた翻訳作業で料金が決まるので、依頼内容に合わせて料金が変動するということを理解しておきましょう。

原稿の文字・ワード量

多くの翻訳会社では、翻訳前の原稿の文字数やワード(単語)数で料金を計算することが多いです。

フランス語翻訳の場合

「日本語⇆フランス語」に翻訳する場合:文字単価

「フランス語→日本語」に翻訳する場合:1ワードあたりの翻訳単価

日本語からフランス語、フランス語から日本語など、翻訳元言語によって計算方法は変わります。

翻訳の難易度・専門性

翻訳の正確さが要求されるビジネス文書や研究分野をはじめとした各種専門領域など、翻訳難易度が高くなるほど、フランス語の翻訳料金は比例して高くなります。

分野による料金の変動はありません。例として、簡単なメール文書の翻訳よりも専門用語も出てくるような契約書などの翻訳は、難易度が高くなるため料金も高くなります。

難易度・専門性によっては、翻訳依頼を受け付けないケースもありますので、依頼前には必ず確認しておきましょう!

納期

短納期・急な依頼の対応が必要な場合は、翻訳者を増やしたり、ハイスキルの翻訳者をアサインする必要があるため、翻訳料金が高くなります。

ビジネスシーンでは急に翻訳をしなければいけないケースも珍しくありません

通常依頼だけではなく、短納期での依頼も対応している翻訳会社(翻訳者)を見つけることが後のことを考えるとおすすめです。

フランス語の翻訳を依頼した場合の料金相場

フランス語翻訳に対応する企業は数多くあります。ここでは、フランス語翻訳にかかる料金の相場をご紹介します。

日本語→フランス語(文字単価)

  • ビジネスメールや一般的な文書/10~11円程度
  • 専門分野(金融・建築など)の文書/13円程度
  • 高等専門分野(医学・法学など)、契約書・証明書/15~20円程度

※ほかにも、特に専門性と高度なフランス語スキルを要求される学術領域では、1文字あたり40円程度の料金を設定する翻訳会社もあります。

フランス語→日本穂(フランス語1ワードあたりの単価)

  • ビジネスメールや一般的な文書/13~18円程度
  • 専門分野(金融・建築など)の文書/15.5~20円程度
  • 高等専門分野(医学・法学など)、契約書・証明書/17.5~24円程度

上記の通常翻訳料金のほか、オプションとして、「ミニマムチャージ(依頼価格の下限)」
3150円・4000円・7000円・10000円など、様々な料金設定があります。事前の確認が必要です。

短納期対応

1文字・1ワードあたり3~4円程度アップ

※短納期対応を依頼した場合の「スピードミニマムチャージ」を設定している企業もあります。

校正・ダブルチェック

400字あたり、1500~2000円程度など、フランス語翻訳にかかる料金体系は様々な形で設定されています。

フランス語翻訳の依頼はOCiETeがおすすめ!

フランス語の翻訳が必要になった場合、自社にマッチする翻訳会社を見つけることは、そう簡単ではありません。

そこでおすすめしたいのが、OCiETeのオンライン翻訳サービスです。

OCiETeの翻訳サービスは、1000名以上登録しているプロ翻訳者の中から、依頼内容に合わせて専門知識のある翻訳者をアサインし、通常依頼だけではなく、急な依頼にも対応することができます。

ここからはOCiETeのオンライン翻訳サービスについて、さらに詳しく解説します。

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

フランス語翻訳に関するよくあるご質問

フランス語の翻訳を専門会社に依頼する際には、

  • 翻訳依頼を行なう際に必要な情報
  • 翻訳者の経歴やスキル
  • 納期スピード(短納期対応は可能か)

下記では、OCiETeにてフランス語の翻訳を依頼されるお客様から、よくいただく質問を3つご紹介します。翻訳会社を選ぶ際のポイントとして、ぜひご覧ください。

フランス語の翻訳を依頼するときに必要な情報は何ですか

先に会員登録をいただいた後に、依頼が可能です。その後、フランス語の翻訳依頼をいただく際に、最適な翻訳者を紹介します。

  • 翻訳するコンテンツは、どんな内容なのか
  • 1コンテンツあたり、どれくらいの翻訳ボリュームがあるか
  • どんなクオリティのフランス語翻訳を求めているか
  • 納期日はいつなのか

上記項目のような情報を事前にお伺いします。もし、通常プラン以外の対応が必要な場合も、遠慮なくお話しください。オシエテの翻訳サービスは、基本的に様々な翻訳シーンに対応できます。

ホームページやサービスサイトのほか、各種資料・ビジネスメール・広告文・契約書など、ビジネス書面のフランス語翻訳も、経験・スキルを持つスタッフが確かなクオリティの翻訳を提供します。

どのような翻訳者の方が対応してくれるのですか

オシエテでは、翻訳者を採用する際、事前に厳しいスキルチェックを行なっています。そのため、ハイスキルな翻訳者が数多く揃っていることが強みです。

例えば、海外法人で法務実務を担当した専門性の高い翻訳者や、母国語がフランス語のネイティブスピーカーなど、様々な経験・スキルを持つ翻訳者が1000名以上が登録しています。

翻訳者とは、事前にオンライン面接が可能です。翻訳者のスキルはもちろん、どんな人物かも事前理解ができるため、ミスマッチが防げます。

翻訳者とのコミュニケーションを含め、すべての翻訳シーンにおいてオシエテの運営がサポートします。翻訳者選びをサポートすることも可能です。事前にいただいた情報を基に、フランス語の翻訳に最適なスタッフをアサインしますので、お気軽にご相談ください。

明日納品してほしい場合も、相談できますか

「緊急の対応が入って、明日までフランス語の翻訳が必要になった…」
「急に契約が決まり、膨大なボリュームのフランス語翻訳を今週中に対応しなければならない…」
そんな緊急時にも、OCiETeは柔軟に対応します。

翻訳依頼は、システムから24時間可能。依頼内容の確認後、数多く在籍する翻訳者から対応できるスタッフのスケジュールを調整し、最適な翻訳者を必要な分だけアサインします。最短納期は1日から。急なフランス語翻訳の依頼も、もちろん歓迎です。

月額プランを利用するお客様はもちろん、単発でのご依頼を検討されるお客様からのご依頼にもカスタマイズプランで対応します。どのくらいの費用がかかるか、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

まとめ

この記事では、フランス語翻訳の料金相場やOCiETeのオンライン翻訳サービスについて解説しました。

ここがポイント!
  • 多くの翻訳会社は、1文字&ワード換算で翻訳料金を決めている。専門性や緊急性が増すにつれ、翻訳料金は高額に。依頼料金の下限を定めている企業も
  • OCiETeのオンライン翻訳サービスは全て手作業で専門知識のあるプロ翻訳家だけが対応
  • OCiETeでは翻訳者との事前オンライン面談も可能でミスマッチを低減。短納期ニーズにも、最短1日から対応

OCiETeでは、翻訳だけではなく「1時間〜依頼ができる」通訳サービスの依頼も受け付けております。

フランス企業との打ち合わせや商談で、通訳を必要としている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。