@include('analytics_body')
OCieTe Columnオシエテ コラム

中国語のビジネス翻訳はプロに依頼しよう

中国語のビジネス翻訳に特化したオンライン翻訳「オシエテ」

中国語のビジネス翻訳を依頼したい…そんな時には、どこへどのように依頼をすればよいのでしょうか。
依頼する際には、「ビジネス展開する国や地域に合わせた中国語翻訳が必要」「翻訳の正確さと専門領域に対応できる翻訳サービスを選ぶポイント」を知ることが大切です。依頼したい内容に合わせたサービスを選べば、コストパフォーマンスも高くなります。

ここでは、中国語のEC翻訳に大切な
・中国語翻訳をビジネスで利用する場合の重要なポイント
・オシエテの中国語翻訳はビジネス利用に最適
・オシエテの中国語翻訳なら品質チェックも万全
・中国語翻訳の料金が明確なのでビジネス利用にもうれしい
について解説します。

中国語のビジネス翻訳が必要な時に、どうすれば最適なサービスを利用できるかを知ることができます。ぜひ、最後までお読みください。

中国語翻訳をビジネスで利用する場合の重要なポイント

めざましい経済発展を遂げる中国の存在は、海外展開を目指す企業にとって、無視できない存在と言えるのではないでしょうか。

ビジネス展開を進めていく上では、中国語翻訳の存在が欠かせません。伝えたいことを明確に伝えられる翻訳クオリティや、ミスコミュニケーションが生じない正確な翻訳精度、専門性の高い領域でも対応できる翻訳スキルが必要です。また。中国語は国・地域により、使われている中国語にも違いがあります。

どんな違いを押さえたうえで、中国語翻訳をビジネスで活用すればよいか、ここでは3つのポイントをご紹介します。

ビジネスだからこそ求められる正確な翻訳

世界第2位のGDPを誇るまでに大きく成長した中国。現地法人や工場の開設など、日本企業も数多く進出しました。近年では、購買力の高い中国ユーザー向けに、越境ECモールにて出店する企業も増えています。

ビジネスチャンスが広がるにつれて、中国語翻訳のニーズも高まっています。リクルートページも含むコーポレートサイトや、ECサイト内の商品ページ、インバウンド目的のプロモーションメディア…様々なビジネスシーンにて、中国語翻訳が求められていると言えるでしょう。

一方で、魅力ある商品やサービスを正しく紹介するコンテンツ制作の際には、正確な中国語翻訳が必要です。高い中国語スキルを持ったプロが在籍する、翻訳サービスの活用が自然と視野に入ってくると思います。

地域や国にあわせた翻訳

中国語には、繁体字と簡体字があります。そして、繁体字の中でも北京語由来の台湾繁体字と広東語由来の香港繁体字があるように、細やかな違いがあります。日本語でいう「○○弁」と近いイメージかもしれませんね。

一番多く使用されている中国語は、中国本土やシンガポールで公用語として使われている、簡体字です。簡体字は、中華人民共和国を建国した際に、政府が識字率の向上を目指し、旧来から使われていた繁体字を簡略化したものです(英語でも“Simplified Chinese”と訳されます)。

ビジネスで中国語翻訳を行なう場合には、こうした繁体字・簡体字の違いや背景を踏まえたうえで、事業やサービスを展開する国・地域に合わせたコンテンツ制作を考慮して依頼すると良いでしょう。

専門分野に精通した翻訳

詳細な機能説明が必要な商品をECサイトに掲載する際や、海外取引における様々な法解釈が必要となる契約書面の作成など、ビジネスシーンで中国語翻訳を行なう際には、中国語スキルのみならず、専門領域に明るい翻訳者に依頼する必要があります。

近年は、機械翻訳サービスの精度も上がってきましたが、前後の文脈を配慮した翻訳が必要となる長文翻訳は、まだまだビジネスシーンでの実用化は難しいと言えます。

商品やサービスの魅力を最適に打ち出せる長文コンテンツや、高い専門知識が要求されるビジネスシーンでの中国語翻訳においては、訪れたビジネスチャンスを逃すことの無いよう、プロフェッショナルの手による翻訳を依頼する方がやはり安心です。

オシエテの中国語翻訳はビジネス利用に最適

プロフェッショナルな翻訳者が常時稼働するオシエテの翻訳サービスは、簡体字・繁体字双方の中国語翻訳にもちろん対応しています。ネイティブレベルのスキルを持つスタッフが、ビジネスを展開する国や地域に合わせて、確かなクオリティの翻訳を行ないます。

また、国際法務経験を持つ翻訳スタッフなど、専門分野に特化した中国語翻訳を行なえるメンバーも在籍しているため、ビジネスにおける難易度の高い中国語翻訳も問題なく対応可能です。

簡体字・繁体字ともに対応

漢字を共に使用する日本語と中国語に様々な違いがあるように、繁体字と簡体字にも細やかな違いがあります。簡体字で育った中国本土出身の方々は、意味こそある程度理解できるものの、繁体字を読むことは難しいそうです。反対に、繁体字を使う台湾や香港出身の方にとっても、簡体字は理解し辛い面があります。

また、台湾繁体字と香港繁体字でも、同じ意味でも表記が異なります(例えば、「バス」を台湾繁体字で表記すると「公車」、香港繁体字で表記すると「巴士」となります)。そうした違いを適切に理解し、翻訳できるスタッフがオシエテには揃っています。

ネイティブ翻訳者がいるので地域や国にあわせた翻訳も可能

中国語圏には、急成長する大規模な経済都市や工業都市が多数あります。こうした都市部や人口が集中するエリアに、ビジネスを展開する際には、その国や地域に合わせた中国語翻訳が必要です。

繁体字、簡体字、北京語、広東語…など、様々な違いがある中国語ですが、オシエテの翻訳サービスにはネイティブ対応できるスタッフが多数在籍しています。ビジネス展開を目指す国や地域に合わせ、最適な翻訳者が中国語翻訳に対応できることが強みです。

専門分野に特化した中国語の翻訳者も在籍

貿易・金融・観光・医療・教育などの業界はもちろん、事業/サービスPR・人材採用・法務・契約といった業務まで、ビジネスシーンにおける中国語翻訳には多種多様なニーズがあります。

オシエテにはこうした幅広いニーズに応える、専門領域に特化したスキルや海外実務経験を持つ様々な翻訳スタッフが稼働しています。あらゆる翻訳シーンに対応できるオシエテの翻訳サービスは、ビジネスを発展させる確かな価値のあるクオリティを日々届けています。

オシエテの中国語翻訳なら品質チェックも万全

機械翻訳などのサービスを利用していたり、ある程度中国語スキルのあるスタッフがコンテンツの制作や翻訳を担当していたりと、中国語翻訳こそ行なえているものの、ビジネスでの利用に問題がないかどうかをチェックしたい場合にも、オシエテの翻訳サービスは対応可能です。

社内外のリソースをうまく活用してビジネスを進めていくことは、近年のビジネスシーンのポイントと言えます。月額プランで依頼回数に制限のないオシエテの翻訳サービスを上手に活用しながら、ビジネスを軌道に乗せていきましょう。

中国語翻訳の料金が明確なのでビジネス利用にもうれしい

中国語翻訳を翻訳会社に依頼した場合、多くは文字数ベースで料金が発生します。そして、日本語→中国語への翻訳と、中国語→日本語の翻訳料金も単価が異なります(中国語→日本語のほうが翻訳単価は上がります)。また、専門性が高まるほど費用も高額になりがちです。

オシエテの翻訳サービスは月額プランのため、そうした細やかな料金設定はありません。

・一般事業者向けプランなら、ホームページ数
・EC事業者向けプランなら、SKU(商品数)
・メディア事業者向けプランなら、記事数

と、それぞれの事業者に合わせた単位で翻訳サービスを活用でき、月々の翻訳量に合わせてライト・スタンダード・プレミアムと3つの料金プランを設定しています。

依頼回数は、月々のホームページ数・SKU・記事数の上限まで無制限で、24時間システムから依頼できるオシエテは、ビジネスに必要な中国語翻訳にフレキシブルに対応できるサービスです。

あわせて読みたい
→中国語の翻訳料金が月額固定3万円~とわかりやすいオシエテが便利

中国語のビジネス翻訳はプロに依頼しようまとめ

今回は、中国語のビジネス翻訳について解説してきましたが、いかがでしょうか。

ここでのポイントは4つです。

・中国語は国や地域により違いがあり、ビジネス展開する地域に合わせた翻訳依頼が必要
・専門性が高まるほど、翻訳者に求められるスキルも上がる。費用面も考慮した、どんな翻訳サービスを選べばいいかを考える
・もし、機械翻訳や社内メンバーにて中国語翻訳を行なった場合にも、プロの翻訳者によるダブルチェックを行なうことで翻訳効果を高められ、ビジネス機会の創出につながる
・翻訳会社の多くは文字数換算で翻訳料金が発生する。文字数が多くなるコンテンツの翻訳を行なう場合には、事前にどんな翻訳会社があるかを選ぶ必要がある

オシエテの翻訳サービスは月額プランで、ページ・商品数・記事数など各事業者に合わせたコンテンツ数で上限を設定しているため、文字数を考慮せずに依頼できます。また、専門性が求められる翻訳についても原則料金は一律です。24時間依頼が可能なオシエテの翻訳サービスは、割安ながら高品質なビジネス翻訳を提供できるので、コストパフォーマンスが高くおすすめです。

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら