中国語の翻訳料金が月額固定3万円〜とわかりやすいオシエテが便利

中国語の翻訳料金が月額固定3万円〜とわかりやすいオシエテが便利

中国語の翻訳依頼なら文字単価よりページ単価の料金が良い

中国語の翻訳を依頼するなら、できるだけわかりやすい料金設定を望む方は多いと思います。ではどのような料金設定が一般的なのでしょうか?

ここでは、

・中国語の翻訳を依頼した場合の料金は文字単価が基本
・オシエテの中国語翻訳はページ単価なのでわかりやすい
・ビジネス文書の中国語翻訳をオシエテに依頼した場合の料金
・中国語の翻訳料金は専門度合いにより異なる
・急ぎの翻訳も24時間いつでも受付・対応
・中国語の翻訳料金が月額固定3万円~とわかりやすいオシエテが便利まとめ
について解説します。

これを読むことで、中国語の翻訳依頼をする際に、自社にあった予算や翻訳依頼をした際の料金の不安要素も解決できたり、中国語翻訳の依頼に必要なポイントも解説していますので、ぜひ最後までお読みください。

中国語の翻訳を依頼した場合の料金は文字単価が基本

中国語翻訳を依頼できる多くの翻訳会社では文字数による料金設定が一般的です。
会社や依頼する内容によって異なりますが、1文字〇〇円と定められており、
翻訳後の最終的な文字数から文字単価を計算して料金が確定されます。
つまり、翻訳完了後の文字数が2000文字で文字単価が1文字20円の場合は、40000円という翻訳料金になるという事です。
翻訳前の原稿(ページ)ではなく、翻訳後の文字数で料金が決定しますので、あらかじめ注意しておく必要があります。

オシエテの中国語翻訳はページ単価なのでわかりやすい

文字数によって翻訳単価が変動する事は、依頼する側として文字単価は事前に分かっていても翻訳が終了するまで料金が不透明である事は不安になったり、事前の予算設定が難しいと思います。
しかし、OCiETe(オシエテ)の翻訳サブスクサービスでは、「文字単価」ではなく、「ページ単価」となっているので非常にわかりやすい料金設定となっており、加えて月々決まった料金で翻訳依頼サービスを無制限で利用できますので、料金の変動もなく予算の組み立ても行いやすいサービスです。
さらにオシエテでは、事業者様に合わせたプランを分けておりますので下記のセクションで3つのサブスクプランをご紹介します。

一般事業者向けの中国語翻訳料金

まず1つ目は中国と関わるビジネスを展開されている一般事業者様向けのプランです。「日本語→中国語」「中国語→日本語」といった対象言語を中国語に絞ったプランには3種類ご用意しておます。
・ライトプラン
月額3万円でホームページ規模では20ページ分の翻訳依頼が可能です。
オンライン通訳が必要となった場合は、5000円~/時といった料金設定になっています。
・スタンダードプラン
月額5万円でホームページ規模では50ページ分の翻訳依頼が可能です。
オンライン通訳が必要となった場合は、4000円~/時といった料金設定になっています。
・プレミアムプラン
月額10万円でホームページ規模では100ぺージ分の翻訳依頼が可能です。
オンライン通訳が必要となった場合は、3000円~/時といった料金設定になっています。
一般の事業者様向けの3つのプランでは、契約期間は6ヶ月、依頼回数は全プラン無制限となっていますので、何度でも翻訳依頼して頂く事が可能です。ホームページのボリュームや、オンライン通訳を利用する頻度を考慮して、事業者様に合ったプランをお選びください。

EC事業者向けの中国語翻訳料金

次に中国と関わるECビジネスを展開されている事業様向けのプランを3つご紹介します。
・ライトプラン
月額5万円でSKU数上限は20SKUまでの翻訳が可能なプランです。
オンライン通訳が必要となった場合は、5000円~/時といった料金設定になっています。
・スタンダードプラン
月額10万円でSKU数上限は50SKUまでの翻訳が可能なプランです。
オンライン通訳が必要となった場合は、4000円~/時といった料金設定になっています。
・プレミアムプラン
月額15万円でSKU数上限は100SKUまでの翻訳が可能なプランです。
オンライン通訳が必要となった場合は、3000円~/時といった料金設定になっています。
ECプランも全てのプランにおいて、契約期間は6ヶ月で依頼回数も無制限になります。SKU数(商品数)の多さや、中国現地の方との打ち合わせなどの頻度に合わせてご検討して下さい。

メディア事業者向けの中国語翻訳料金

最後はメディア事業を展開されている事業様に合わせた3つのプランをご紹介します。
・ライトプラン
月額10万円で新規記事本数は20記事までの翻訳が可能なプランです。
オンライン通訳が必要となった場合は、5000円~/時といった料金設定になっています。
・スタンダードプラン
月額20万円で新規記事本数は50記事までの翻訳が可能なプランです。
オンライン通訳が必要となった場合は、4000円~/時といった料金設定になっています。
・プレミアムプラン月額30万円で新規記事本数は100記事までの翻訳が可能なプランです。
オンライン通訳が必要となった場合は、3000円~/時といった料金設定になっています。
こちらのメディア事業者様向けの3つのプランも契約期間は6ヶ月で依頼回数も無制限になります。プランによって単価は異なりますが、ビジネス内容によっては必要なボリュームや不必要な点も出てくると思いますので、是非一度オシエテにご相談して下さい。

あわせて読みたい
→定額制でWEBサイトの翻訳依頼し放題!なんと月額30,000円~!

ビジネス文書の中国語翻訳をオシエテに依頼した場合の料金

オシエテではホームページの翻訳だけではなく、専門的な知識が必要となる契約書などといったビジネス文書の翻訳も依頼も可能となっています。
中国語には簡体字・繁体字の2種類がございますが、どちらも対応が可能です。例えば、会社対会社で結ぶ契約書・利用規約・プライバシーポリシーなどの翻訳については1文字20円で翻訳依頼をする事が可能です。
他にも、専門知識とまではならなくともある程度の翻訳クオリティが必要な一般的用語の記事翻訳であれば、1文字5円~10円でのご依頼が可能です。

中国語の翻訳料金は専門度合いにより異なる

中国語の翻訳に必要となる料金は、言葉や文書を含めた内容の専門度合いによって変わります。
単に翻訳するだけでも十分な簡易的な手紙や、専門知識が必要とまで至らない文書に比べて、特許関連や法律用語なども含まれたり、言葉の1語のニュアンスにも注意しなければいけないような文書の翻訳は、当然の事ながら翻訳料金が異なります。

翻訳する内容の難易度により料金は変わる

中国語の翻訳依頼をする際に、専門度合いによって翻訳料金が異なるという事は上記でもお伝えしましたが、実は専門度合いだけではなく中国語以外の知識が必要になるかどうかでも料金は変動します。
例えば翻訳者の能力として、現地でも全く問題ないネイティブレベル程度に中国語を理解しているとしても翻訳するジャンルの知識がなければ完璧な翻訳をする事は不可能です。
日本人は日本語を誰でも話したり読み書きする事ができますが、法律に関する話をされて、しっかりと理解できるのは、法律について勉強したり法律に関わる人だけです。
中国語翻訳でも同じように機械系ジャンルであれば、機械の知識・服飾系ジャンルであれば服飾の知識といった中国語以外の知識を持っている人に依頼すると「単なる中国語翻訳」ではなくなるので翻訳の料金が変動します。

中国語の翻訳者選びで大事なこと

中国語の翻訳者選びで大事なことは、中国語の翻訳能力+αのスキルです。
ビジネスシーンにおける誤訳が許されない翻訳に関しては、どこまでのスキルを持っているかが、重要になってきます。
オシエテで専門知識が必要な中国語翻訳を依頼された場合、厳しいスキルチェックを行ったビジネス翻訳者のみが対応します。
スキルチェックを行っている事により、依頼主とのミスマッチを防ぎ、尚かつ誤訳のない完璧な翻訳を提供する事が可能になるので、安心して翻訳依頼をしていただけるようになっています。

急ぎの翻訳も24時間いつでも受付・対応

どんなビジネスでも急ぎで対応しなければいけないシーンがあると思います。
しかし、言語に違いがあるビジネスでの急な対応は言葉の壁のせいで対応しきれないケースも多いです。
どうしても遅れをとってはいけない場合にも関わらず「言語の違い」でミスが出た。なんてことは絶対に避けたい部分です。
そんな事が起きても安心して頂けるようにオシエテでは、在籍している多くの翻訳スタッフのスケジュールを調整し、急ぎで翻訳を依頼したい場合でも24時間いつでも受付・対応する事が可能です。

中国語の翻訳料金が月額固定3万円~とわかりやすいオシエテが便利まとめ

中国語の翻訳料金が月額固定3万円~とわかりやすいオシエテが便利についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここでのポイントは以下です。

・中国語翻訳の料金は基本的には文字単価
・オシエテではページ単価での翻訳で料金設定がわかりやすい
・オシエテのサブスク翻訳サービスは事業者様に合わせた9つのプランがある
・ホームページ翻訳だけではなく、専門知識の必要な翻訳もオシエテでは可能
・オシエテの翻訳サービスは厳しいスキルチェックを行ったビジネス翻訳者のみが対応
・オシエテは急ぎの翻訳も24時間いつでも受付・対応

ホームページの中国語翻訳やビジネスにおいて必要な中国語翻訳をご希望の場合は、定額使い放題でお得に翻訳ができる専門のオンライン翻訳サービス「OCiETe(オシエテ)」をぜひ利用してみてください。

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら

通訳の種類カテゴリの最新記事