英語の翻訳を依頼した場合の料金相場表

英語の翻訳を依頼した場合の料金相場表

英語の翻訳の料金相場と安く利用する方法

日々の仕事の中で、英語の翻訳が必要な場面に直面する企業が徐々に増えて来ています。
英語の翻訳を依頼する必要がある際にその料金相場を知っておくことは、コストをおさえてよりクオリティの高い英語翻訳を利用するために必要不可欠です。

ここでは、
・英語の翻訳文書の種類別による料金相場
・英語の翻訳校正レベルにより料金が変わることも考慮
・オシエテの英語翻訳は月額3万円から使い放題なので安い
・オシエテの英語翻訳は品質管理も万全なので料金以上にお得
・急な依頼や多言語化にもオシエテなら安い料金で対応
・英語の翻訳を依頼した場合の料金相場表まとめ

について解説します。

これを読むことで、英語翻訳料金の相場がわかり、また安く高品質で利用できるオンライン翻訳サービスオシエテの紹介もあわせて説明することで、今後ビジネスで英語の翻訳を依頼する際の参考となるので、ぜひ最後までご覧ください。

英語の翻訳文書の種類別による料金相場

英語翻訳の料金相場ですが、翻訳する文書の種類や分野によって料金が異なります。

また、「日本語から英語」「英語から日本語」の元の言語の違いによっても料金は異なり、基本的にワード数、文字数の単価にその分量をかけたものが英語の翻訳料金となります。

単価の参考例として日本翻訳連盟に記載されている翻訳料金をご紹介します。(※)

【特許明細書】英→日:26円  日→英:30円
【コンピューター】英→日:28円 日→英:20円
【一般科学・工業技術】英→日:28円 日→英:21円
【金融】英→日:30円 日→英:25円
【経営管理・財務・契約書】英→日:30円 日→英:25円
【医学・医療・薬学】英→日:35円  日→英:30円

英語の翻訳料金の計算方法

では、英語の翻訳料金の計算方法をみていきましょう。

英語翻訳の料金は、基本的に「翻訳料金」と「翻訳した内容の校正料金」が合算されたものに、見積もり作成などの事務費用が加算され料金提示されます。

そのため、一般的に英語翻訳の料金の計算式は

(日本語→英語の場合文字数 or 英語→日本語の場合ワード数 単価)× 翻訳する文書の内容量 + 校正費用 + 事務費用

となります。

校正費や事務費は翻訳する文書の量によってかかる時間が変わるため、量が増えたり短納期だったりすると料金が上がるのが一般的です。

※参考
日本翻訳連盟 翻訳料金(クライアント企業の翻訳発注価格)の目安

英語の翻訳校正レベルにより料金が変わることも考慮

英語の翻訳は上記の通り文字数がベースですが、その料金にどの程度精緻な校正チェックを入れるかによって金額が変わります。

翻訳した後の文書は、校正を厚く入れることで文章の精度が上がります。

翻訳した本人だけが軽くチェックするのと、第三者のチェックが入るかどうかでは仕上がりのクオリティがかなり変わってきます。
また母国語ではない第三者チェックとネイティブのチェックでは、もちろんネイティブチェックが入る方がより精度が高くなるため料金が上がります。

翻訳に加えて、翻訳者本人のチェックのみ、翻訳者本人+第三者のクロスチェック、翻訳者本人+第三者チェック+ネイティブチェックのトリプルチェックなどパターンを作って料金を提示している翻訳会社も多くあります。

翻訳をしてもらう文書が重要なものであればあるほど、校正はしっかりと対応してもらえるところに依頼をした方が良いでしょう。

翻訳料金で校正以外にも加算されるもの

原稿の専門性による難易度も料金加算の対象です。

英語の翻訳は、翻訳する分野の専門知識がないと適正にできません。
特に医療や法律、ITなど特定の分野でのより深い専門知識を求められる翻訳の場合、文字単位の料金が高くなる傾向があります。

また、翻訳を依頼する原稿のボリュームが多ければ1文字あたりの翻訳の効率が上がるため翻訳自体の料金は下がりやすいものの、お見積もりなどをするための事務作業に必要な時間は分量の増加によりかかるため料金加算されます。

さらに、急ぎの翻訳依頼の場合も特急料金が追加で発生しますので、できるだけ余裕をもって依頼をする方が良いでしょう。

オシエテの英語翻訳は月額3万円から使い放題なので安い

「OCiETe(オシエテ)」は、ホームページのオンライン翻訳専門のサービスです。
しかも、使い放題のサブスクリプションサービスなので、翻訳業務が発生するたびに都度翻訳者に見積もりを取って予算をおさえて、という煩雑な作業が不要になるためスムーズに依頼できるのが強みです。

ホームページで英語翻訳をおこないたいページ数によって9プランの中から選択でき、月額3万円(20Pのホームページ翻訳相当)〜の安い翻訳料金で簡単に依頼ができます。

オシエテの英語翻訳は品質管理も万全なので料金以上にお得

オシエテに登録している翻訳スタッフは、厳しいスキルチェックを受けた翻訳者のみなので英語翻訳の品質が担保されています。

また常時100名以上の翻訳スタッフが在籍しており、翻訳者と企業の単なるマッチングサービスではなく、オシエテ自体がご依頼内容に沿った翻訳者を的確にアサインするためミスマッチが起こりにくく安心して英語翻訳のサービスが受けられます。

そのためオシエテは、サブスクリプションサービスを安く提供しながら高品質な翻訳を実現できるため、コストパフォーマンスが非常に優れています。

急な依頼や多言語化にもオシエテなら安い料金で対応

オンライン翻訳サービス「OCiETe(オシエテ)」は翻訳スタッフ数が充実しているため、急な英語翻訳のご依頼でも最適な翻訳者のアサインが可能です。
急ぎの場合最短納期1日での対応も可能なので、まずはお気軽にご相談ください。

また、英語翻訳だけではなく30か国の言語に対応しているので、多言語化にも強いのがオシエテの特徴です。
もちろん、単発での依頼もご相談に応じて受け付けていますのでぜひご利用ください。

英語の翻訳を依頼した場合の料金相場表まとめ

英語の翻訳を依頼した場合の料金相場と安く利用する方法ついて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ここでのポイントは以下です。

・英語翻訳の料金相場は翻訳する文書の種類や分野によって料金が違う
・翻訳料金だけではなく、校正費用も校正の精度に応じて別途発生する
・その他にも、事務費用や急ぎの場合の特急料金なども必要になるため、出来るだけ余裕をもって早めに依頼をするなど留意して必要がある
・「OCiETe(オシエテ)」なら、サブスクリプションサービスなので月額3万円〜の安い料金でホームページの翻訳が利用できる
・「OCiETe(オシエテ)」の翻訳者はスキルチェックを受けたスタッフのみなので高品質な翻訳を担保している
・30か国語の多言語に対応しており、最短1日の納期で急な依頼も可能なオシエテは使い勝手も良い

ホームページの英語翻訳をご希望の場合は、相場よりも安くホームページの翻訳ができる専門のオンライン翻訳サービス「OCiETe(オシエテ)」をぜひ利用してみてください。

気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら

通訳の種類カテゴリの最新記事