中国語通訳の料金相場と良い通訳者に出会う方法

中国語通訳の料金相場と良い通訳者に出会う方法

良い中国語通訳を利用するには料金相場と依頼する方法を知ること

中国語の通訳が必要になったとき、気になることの一つはやはり料金ではないでしょうか。
通訳の料金は、通訳会社によってかなり異なるため、料金の相場をしっかりと把握し、求めるスキルをもった通訳に依頼をすることが重要です。

ここでは
・中国語通訳の料金が決まるしくみ
・中国語通訳を依頼した際の料金算出方法
・中国語通訳を依頼した際の実際かかる料金相場
・通訳を依頼する際のおさえておくべきポイント
・オシエテの中国語通訳では、通訳者の能力を可視化
・中国語の通訳を依頼するうえでよくあるご質問FAQ
・中国語通訳の料金相場と良い通訳を利用する方法まとめ

について解説します。

これを読むことで通訳にかかる料金の内訳がわかり、相場にあった適正な価格でスキルの高い中国語の通訳を依頼することができるので、ぜひ最後までご覧ください。

中国語通訳の料金が決まるしくみ

中国語の通訳の料金は、以下のような項目により決まるのが一般的です。

1. 通訳をおこなう分野の専門性・難易度
2. 通訳者のレベル(経験年数や実績から通訳会社が設定)
3. 通訳を行う形式(同時通訳、逐次通訳、ウィスパリング)
4. 通訳を行うのに必要な事前準備の時間(事前の打ち合わせなど)
5. 通訳を行う場所への移動時間
6. 通訳が移動や出張でかかった交通費や宿泊費などの経費
7. 通訳方法により必要な機材(マイクなどの簡易同時通訳用の機材や、受信機など)

通訳をおこなう内容の専門性が高く、通訳を行う形式も同時通訳など難易度の高いものを求める場合、中国語の通訳を依頼する際の料金は高くなります。

中国語通訳を依頼した際の料金算出方法

Female accountant or banker making calculation of finance and economy banking concept.

現場に直接きてもらい中国語の通訳を行う派遣型通訳と、パソコンやタブレットを通してオンラインで通訳をおこなうオンライン通訳では、料金の算出方法が異なります。

一般的な中国語の派遣通訳の場合

中国語の通訳をおこなう現場まで派遣通訳に来てもらう場合、

1. 通訳をおこなう分野の専門性・難易度
2. 通訳者のレベル(経験年数や実績から通訳会社が設定)
3. 通訳を行う形式(同時通訳、逐次通訳、ウィスパリング)
4. 通訳を行うのに必要な事前準備の時間(事前の打ち合わせなど)
5. 通訳を行う場所への移動時間
6. 通訳が移動や出張でかかった交通費や宿泊費などの経費

のすべての項目が料金に加算されます。
そのため、中国語の通訳料金を確認した際に、想定よりも高いと感じる方も少なくはないでしょう。

ちなみに下記
7. 通訳方法により必要な機材(マイクなどの簡易同時通訳用の機材や、受信機など)
については、通訳を行う現場が講演会やシンポジウムなど大勢を相手におこなう通訳の場合に発生するため、必ずしも発生する料金ではありません。

オシエテの中国語オンライン通訳の場合

パソコンやタブレットなどを用いたオンライン通訳の場合は、移動などの時間が発生しないため、派遣型通訳と異なり

1. 通訳をおこなう分野の専門性・難易度
2. 通訳者のレベル(経験年数や実績から通訳会社が設定)
3. 通訳を行う形式(同時通訳、逐次通訳、ウィスパリング)
4. 通訳を行うのに必要な事前準備の時間(事前の打ち合わせなど)

の4項目の料金しか発生しません。
そのため、派遣型の通訳よりもかなり安い料金で利用することが可能です。

中国語通訳を依頼した際の実際かかる料金相場

上記の項目をもとに、中国語の派遣型通訳を依頼した場合の料金相場と、オンライン通訳サービス「「OCiETe(オシエテ)」を利用した場合の料金について確認しましょう。

派遣通訳は半日または一日単位での依頼しかできない場合が多い

派遣型の通訳は、通常半日または一日単位での通訳依頼しか請けていません。
そのため、たとえ通訳を実際におこなう時間が2時間程度であったとしても、その場所に移動する時間や、事前打ち合わせの時間なども発生するため、場合によっては1日利用での料金にて見積もられることになります。

また下記料金はあくまで通訳のランクや通訳形式、拘束時間についての料金相場であり、実際の見積もりにはこのほかに交通費などの諸経費が加算されます。

■【通訳難易度:★★★★★】
会議・商談:1日拘束(8時間)の場合
通訳形式:ウィスパリング通訳
料金相場:10万円~

■【通訳難易度:★★★★☆】
会議・商談・研修:1日拘束(8時間)の場合
通訳形式:逐次通訳
料金相場:6万円~

■【通訳難易度:★★☆☆☆】
一般アテンド・送迎:1日拘束(8時間)の場合
通訳形式:逐次通訳
料金相場:4万円~

オシエテのオンライン通訳は1時間単位で依頼でき相場より安い

「OCiETe(オシエテ)」では、派遣型通訳と異なり1時間単位から依頼をすることができる仕組みとなっているため、派遣型通訳と比較すると圧倒的に安い料金で利用することができます。
また、交通費などの諸経費も発生しないため、料金体系もシンプルでわかりやすいのも特徴です。

料金例
例1:【言語】中国語【業種】機械、IT関連【通訳歴】20年【時給】8,000円~
例2:【言語】中国語【業種】IT・通信/自動車・製造/保険・金融【通訳歴】20年【時給】16,000円~
例3:【言語】中国語【業種】貿易/食品/投資/契約【通訳歴】貿易3年、食品2年、投資2年、契約3年【時給】20,000円~

通訳を依頼する際のおさえておくべきポイント

中国語の通訳を依頼する際に、料金相場以外にもポイントをおさえておくことで、高い料金を払いすぎず適正な料金で、スキルの高い通訳を依頼することが可能です。

スキルをしっかりと見極めてビジネスシーンにあった通訳を依頼

中国語の通訳を依頼する場合の料金相場は、通訳をおこなう内容の専門性や難易度、通訳者のレベルなどによって変わりますが、通訳会社によって通訳者のレベルの分け方は異なるため、高い料金を払ったからといって、利用したい現場に最適な通訳者であるとは限りません。

そのため、通訳を選ぶ際は特に下記項目について確認をして、対応してもらいたい通訳内容に適した通訳者がいるかどうかをチェックしましょう。

■どのような分野についての通訳をしてもらいたいか
通訳を行う内容が、例えば契約をともなうものである場合は、その分野の法律に詳しい通訳を利用しましょう。

法律に関しては専門言語や知識が求められるため、その分野に長けていないと誤った通訳をおこなってしまったり、スムーズな通訳をすることができなかったりする場合があるからです。

■どのような方法で通訳をしてもらいたいか
通訳には、同時通訳、ウィスパリング、逐次通訳の3種類があります。

同時通訳とウィスパリングは、話者の話を聞きながら同時に通訳を行っていくため、とても高度なスキルが求められます。
逐次通訳は、話者が発話したあとに通訳をおこなうため、他の二つと比較すると通訳難易度は下がりますが、通訳時間が倍かかるため集中力が必要となります。

通訳をどのようなかたちで行ってもらいたいかも中国語の通訳を選ぶうえでとても重要な項目なので、当日の参加人数や進め方を確認のうえ相談をしましょう。

派遣通訳とオンライン通訳のどちらが適しているかを確認

通信環境が整っていない場所や、当日変更事項が多く柔軟な対応が必要なためどうしても現場にいてもらいたい場合は派遣型の中国語通訳を依頼したほうが安心です。
しかし、それ以外の場合は、オンライン通訳でも十分に機能します。

ひと昔前と違い、日常的にオンライン会議などが行われるようになった現在、ネット環境は整い、映画やドラマなどの動画もスムーズに観ることができるようになりました。
オンラインでの通訳もタイムラグもほとんど感じることなく、お互いに顔を見ながら行えるため想像以上に違和感なくスムーズな通訳をおこなうことができます。

そのうえ派遣型通訳と変わらない高いスキルをもった通訳を、派遣型通訳よりもかなり安い料金で依頼をすることができるので、ビジネスシーンにあわせてうまく使い分けることで、料金をおさえて最適な中国語の通訳を依頼でき、満足度も高いでしょう。

オシエテの中国語通訳では、通訳者の能力を可視化

もともとは第一線で働いていた通訳が、家庭の事情や環境の変化などで現場まで赴くことが求められる派遣通訳をおこなうことが難しくなり、そのスキルを存分に活かせないという課題がありました。OCiETe(オシエテ)はこの点に注目し、オンラインを活用することで移動などの拘束時間をなくし、スキルの高い通訳が短時間でも効率よく業務を行えるよう取り組みをした結果、レベルの高い通訳者を派遣通訳よりも大幅に安い料金で利用できるようになりました。

このため、「OCiETe(オシエテ)」は法人向けサービスとして、しっかりとしたスキルと経歴をもっているビジネス通訳者しか登録をしていません。

登録時には事前に厳しいチェックを行い、これまでの経歴や対応言語、資格の有無のほか、「状況把握能力(場の空気を読める人)」「柔軟性」「情報収集能力、調査力」「レスポンス」など、ビジネスを一緒に進めていくうえで欠かせない要素についても確認のうえ、通訳者のプロフィールで公開しています。

気になる通訳者がいた場合は、無料でオンライン面談をおこなうこともできるので、依頼したい案件に対して適任かどうかを確認してから発注をすることができます。
これにより、仕事のミスマッチが起こりにくく、派遣型よりの相場料金よりも安く、しかし高いスキルの中国語の通訳を依頼することが可能となります。

中国語の通訳を依頼するうえでよくあるご質問FAQ

中国語の通訳を探しているお客様から、通訳を依頼するにあたりよくいただく質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン通訳を依頼する際に注意すべきことはあるか

オンライン通訳が唯一おこなえないのは、インターネットの接続環境が整っていない場所での通訳です。
オンライン通訳は、インターネット回線を利用して、パソコンやタブレットを用いてオンラインで通訳をおこなうため、インターネット回線がない場所や、たびたび途切れるなどの脆弱な環境では通訳をおこなうことができません。

依頼をする前に、必ずインターネット環境について確認をしてください。

良い通訳を見極めるにはどのような点に注意すればよいか

通訳の仕事は、日本語をただ同じ意味の中国語に訳せばよいわけではなく、その国の言い回しに適した言語に置き換えて通訳を行う必要があります。
そのため通訳という仕事は、単純なように見えて、実はとても緻密で難易度の高い仕事であるといえます。

日本人が気にもとめないような言葉であっても、中国人にとってはメンツを潰すことにもなりかねないため、特にビジネスの場では慎重に通訳を行う必要があります。

そのため、中国語の通訳を選ぶ際は、中国の文化や慣習に理解があり、その場に最適な言葉が瞬時に判断してお互いの意思を確実に伝えることができる中国のビジネスマナーにも精通している通訳をアサインすることが非常に重要です。

通訳をおこなってもらいたい専門分野や通訳方法のほかにも」この点について留意しておきましょう。

中国語通訳の料金相場と良い通訳を利用する方法まとめ

中国語通訳の料金相場と良い通訳を利用する方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のポイントは、下記となります。

・中国語通訳の料金は、通訳のレベルや内容の難易度、拘束時間や交通費などの経費の合算である
・中国語の派遣通訳は、半日または1日単位での依頼しか請けないのに対し、オンライン通訳は短い時間単位で依頼が可能なため相場よりも安い
・中国語の通訳は、スキルをしっかりと見極めてビジネスシーンにあった通訳者を選ぶことが大切
・中国語の派遣型通訳とオンライン通訳は、利用シーンにあわせて使い分けると良い
・「OCiETe(オシエテ)」は、法人向けに特化しスキルの高い通訳のみを登録しているが、オンラインを利用するため中国語の一般的な通訳料金相場よりも安い料金で通訳を利用できる
・オンライン通訳を利用する場合は、必ずインターネット環境が問題ないか確認すること
・中国語の通訳を依頼する場合は、中国の文化に詳しくビジネスマナーにも長けている通訳者を選定すると良い

法人向けオンライン通訳サービス「OCiEte(オシエテ)」なら、料金は相場よりもかなり安くおさえつつ、高いパフォーマンスで通訳をおこなうビジネス通訳者が多数揃っています。

30秒でできる「無料会員登録」で、あなたにぴったりの中国語通訳を検索してみてください。

通訳や翻訳に関わるご相談を受け付けております。

「まずは料金を知りたい」
「オンライン通訳と通常の通訳との違いは?」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者に依頼をしたい」

など、通訳・翻訳に関するご相談やお問合せがございましたら、お気軽に下記よりご連絡ください!
お急ぎの方はお電話でも受け付けております。03-6868-7531(平日10時~19時)

中国語通訳カテゴリの最新記事