お役立ち資料 無料配布中!

海外SEOで成功するコンテンツとは?キーワードの選び方や注意点を解説

海外SEOで成功するコンテンツとは?キーワードの選び方や注意点を解説

海外SEOとは

海外SEOとは、アメリカやヨーロッパ圏などの海外ユーザーに対して、運営するWebサイトを最適化するための取り組みであり、「多言語SEO」とも呼ばれているものです。

SEO対策は、世界で共通するマーケティング施策なので、日本語で出しているコンテンツを翻訳する方法が一般的な施策方法と言われています。

しかし、日本語コンテンツを単に翻訳するだけでは、海外SEOで成功することができません

この記事では、海外に向けたSEO対策を行ううえで得られる海外SEOのメリット、注意点、海外SEOの対策は何を意識しなければいけないのか。などについて解説します。

海外市場への参入を狙いたいと考える方は、ぜひ最後までご覧ください!

SEOの重要な役割

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称です。

Webマーケティングを行う仕事ではよく使用される言葉で、日本語で「検索エンジン最適化」を意味しています。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、運営するサイトページが上位に表示されることにより、より多くのユーザーがサイトを見る機会を作るためのマーケティング戦略です。

SEO対策を行うことで、膨大な広告予算を投じなくてもサイトの訪問数やコンバージョンを獲得できることができるのが大きなメリットの1つです。

SEO対策は、日本だけのマーケティング戦略ではなく、海外でも一般的に行われている施策となっています。

つまり、海外市場で商品やサービスの認知度を広げたりなど、海外でビジネスを行う場合もやっておくべきマーケティング施策と言えます。

ここからは、海外市場への参入でSEO対策を取り入れるメリットや、かかるコストについて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

海外SEO対策を行うメリット

海外SEO対策を実施していくうえで得られるメリットは以下が挙げられます。

  • 日本にいながら海外市場のマーケティングを行える
  • SEO対策が成功したらコストを抑えて安定した集客ができる
  • 日本に比べて集客数の母数が大きい

上記で挙げた海外SEOのメリットを詳しく解説していきます。

日本にいながら海外市場のマーケティングを行える

海外SEOを実施する1つ目のメリットは現地に行かなくてもSEOマーケティングができる点です。

実店舗ビジネスでは、現地視察や出店コストが必要ですが、Webサイトで完結するビジネスであれば海外市場への参入ハードルも低くなります。

SEOに関するノウハウを持っていれば、日本から海外のユーザー(ターゲット)に向けてマーケティングを展開できることは、海外SEOの大きなメリットと言えるでしょう。

SEO対策が成功したらコストを抑えて安定した集客ができる

2つ目のメリットは、日本国内のSEOにおいても共通することですが、施工したSEO対策が、成功すれば膨大な費用をかけずとも安定した集客が可能という点です。

SEOを対策を実施し、海外の検索結果でも上位表示することができれば、その国から安定した流入(サイト訪問)が見込めます。

広告費予算を抑えてビジネスを成功させることで、コスト削減にも繋がるでしょう。

日本に比べて集客数の母数が大きい

何を検索するかによって異なりますが、日本国内と海外では「流入・集客の母数」に差があります。

人口に比例し、インターネットへのアクセス数も大きく差があります。

外務省が発表した「インターネット利用者数割合の多い国」では、日本はTOP10にも及んでいません。

参照:外務省 インターネット利用者数割合の多い国

つまり、SEO対策が成功し、海外でも上位表示されることができたなら、日本国内で集客をするよりも数倍以上の集客を見込むことが可能です!

海外SEO対策のコスト

海外市場でのビジネス成功を狙う方にとって、海外SEOを実施することは大きなメリットが得られます。

ただ、簡単に海外SEOを実施すると言っても「どれくらいのコストがかかるの?」と費用面を不安に感じる方も多いでしょう。

SEO対策には、Webサイト・コンテンツ制作からマーケティング、SEOコンサルティング会社など、外注で依頼するには代行費用が発生します。

海外SEO対策を依頼する際の料金相場
  • Webサイト制作=50万円~200万円
  • コンテンツ(記事)制作=5000円~30000円
  • マーケティング代行=月額10万円~30万円
  • SEOコンサルティング=月額10万円~40万円

依頼する会社によって異なりますが、海外SEOで業務を依頼する場合の料金相場は上記の通りです。

多言語SEOについて

海外SEOと多言語SEOは同じように思われがちですが、異なる点があります。

多言語SEOとは、特定(1つ)の言語だけではなく、日本語・英語・中国語など、複数の言語を同時にSEO対策することを指します。

商品・サービスを1つの国だけではなく、出来るだけ大きな市場で展開させたいと戦略を立てている場合は、多言語SEOを実施するべきです。

対策するSEOキーワードの選び方

SEO対策を実施する上で欠かせないのが「キーワード選定」です。

日本国内のSEOでもキーワード選定は非常に大切ですが、海外・多言語SEOにおいてキーワードの選定する際には、対象国で使用されている単語を意識しなければいけません。

例えばキーワード選定を「ズボン」にした場合、アメリカでは「Pants」「Slacks」になりますが、イギリスでは「Trousers」と翻訳しなければいけません。

※Pantsをそのままイギリスで使用すると、下着という意味になるので注意しましょう。

単語の違いは他にも多くあるので下記の記事を参考にしてみてください。

イギリス英語とアメリカ英語の違いって?発音や単語の違いもご紹介!

SEO対策では、特定のキーワードを軸に施策する必要があるので、実施前に対応しておきましょう。
また、文章の意味合い・言い回しにも注意する必要があります。海外SEO対策をする場合には対象国の文化・生活に合わせることが大切です!

海外SEOにおける注意点

海外SEOは、海外進出を狙う企業にとって良いマーケティング戦略です。

しかし、実施する際には必ずおさえておくべき注意点があります。それは「翻訳」です。

海外SEO・多言語SEOでは、基本的に日本語コンテンツを軸に進められるケースが一般的ですが、対象国の言語にただ変換すれば良いと勘違いされている方も多いです。

特に「機械翻訳」で海外向けにコンテンツを生成しようと考えている場合は危険です。

Google翻訳やエキサイト翻訳など、日本語原文を入力すれば瞬時に翻訳してくれる点は機械翻訳のメリットですが、優良コンテンツにはならないということを理解しておきましょう。

機械翻訳のメリットや注意点などを、下記の記事で詳しく解説しています。参考になるのでぜひご覧ください。

海外・多言語SEOでは完璧なWebサイト翻訳が必要!

SEOはGoogleのアルゴリズムによって変動しますが、第一に重要とされているのが「ユーザーファースト」です。

サイトに訪れるユーザーが読みにくい、意味がわからないと感じるコンテンツは上位表示させることが非常に難しいと言えます。

このような点を避けるために、間違えのない言葉・文章の意味合いなどを対象国に合わせて完璧に翻訳しなければいけません。

また、翻訳時にはコンテンツ内容の専門知識がある翻訳家に依頼することが大切になります。

翻訳文書の意味を理解していなければ、誤訳のない翻訳をすることが難しいので「高い翻訳スキル」だけではなく、翻訳分野に精通している翻訳家・翻訳会社に依頼することを心がけましょう。

海外SEO・多言語SEOの翻訳はオンライン翻訳サービス【OCiETe(オシエテ)】がおすすめです。

OCiETeは、翻訳家が1,000名以上登録しているので業界・分野にマッチするだけではなく、SEOに関する専門知識を持つ翻訳家に依頼することも可能です。

ここからは、OCiETeの翻訳サービスについてさらに詳しく解説していきます。

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

まとめ

この記事では、海外SEOを実施する際のポイントや注意点などについて解説しました。日本に居ながら、海外市場のマーケティング・集客ができるのは海外SEOの大きなメリットです。

しかし、SEO対策は簡単に成功できるマーケティング施策ではないので、あらかじめ注意すべきポイントは、しっかりとおさえておく必要があります。

まず意識すべきなのが「良質なコンテンツに仕上げる」という点です。

良質なコンテンツは、対象国のユーザーがサイトに訪れた際に、読みやすくわかりやすいなど、商品・サービスの魅力を伝えられることから始まります。

海外SEO・多言語SEOを実施し、海外市場への事業進出を狙う企業は、業界・分野に合わせてビジネススキル、SEOに詳しい翻訳家が多数登録しているOCiETeの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

OCiETeでは翻訳だけではなく「1時間~依頼ができるオンライン通訳サービス」の依頼も受け付けています。

Webマーケティング・SEO対策に合わせて、現地企業との商談や打ち合わせも必要な方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。