海外進出で必須になる英語|言葉の壁を乗り越えるためには?

海外進出で必須になる英語|言葉の壁を乗り越えるためには?

海外進出において避けられない語学の壁

近年のグローバル化が発展しているとともに、海外進出を狙う企業も多くなりました。

海外進出を遂行できる事業・ビジネスモデルは多岐にわたりますが、どの業界・分野においても、進出先国のリサーチ、マーケティング活動や商談など、言語の壁は避けて通れません。

海外進出を成功させるための重要なポイントとなる「言語の壁」はどのように乗り越えていけば良いのでしょうか?

この記事では、海外進出を狙う企業、担当者の方に向けて海外進出における言語問題の解決方法について解説しています。

今後、海外進出を検討されている。もしくは海外進出を進めているという方はぜひ、最後までご覧ください。

※この記事では世界の共通語とされている英語を例に解説しています。

英語は通じればいい、読めればいいわけではない

海外進出を進めていくには、契約書やメール、会議・商談など、あらゆるシーンで日本語だけではなく英語でのコミュニケーションを取る必要があります。

ここで注意してほしいのが「訳すだけ」ではいけないというポイントです。

訳したら大丈夫、伝えられたら大丈夫。と勘違いしている方も多いですが、ビジネスにおいて、こういった考えは捨てるべきです!

日本語⇆英語の通訳・翻訳で特に注意してほしい例を下記から紹介します。

翻訳の場合

契約書やメールにある文書で機械翻訳で済ませようと考える方も多いですが、機械翻訳だけでは物足りない質と考えておきましょう。

最近の翻訳アプリやツールでは翻訳精度も上がり、誤訳も少なくなりました。しかし、機械で行う翻訳はあくまで80点程度の質です。間違いの許されないビジネス翻訳では誤訳が一切ない100点の質を求めるべきです。

また、ビジネス文書は業界特有の専門用語が使われることも多く、機械翻訳だけでは訳せない文言もあります。

機械翻訳の精度は高くなりつつありますが、まだ「完璧」というには物足りない部分もあります。質を追求すべきビジネス文書の翻訳ではプロの翻訳家に依頼することをおすすめします。

下記のコラムでは機械翻訳の注意点について詳しく解説しています。機械翻訳の利用を検討している方やビジネス文書の翻訳を必要とされている方はぜひ、ご覧ください。

機械翻訳のメリットと乗り越えられないデメリットとは?活用すべきシーンも併せて解説

・スピーキングの場合

会議や商談で英語通訳が必要になった際、単に日本語⇆英語に変換するだけでは良好なコミュニケーションを築き上げることは難しいです。

例えば、英語には敬語がない。と言われていますが、ビジネスシーンでの会話にふさわしい表現や尊敬意思が伝わる表現方法が必要になります。

また、海外進出にかける思いやビジネスにかける情熱を伝えることも大切なポイントとなるので、実際に会議・商談を行う際にはビジネススキルも兼ね備えた通訳者に依頼することが大事です。

ビジネスシーンの会話では、「相手が何を言っているのか、こちらが何を伝えたいのか」だけではなく、駆け引きも生まれます。交渉・契約成立のコツとして、会話の強弱や伝え方が大事になります。

ビジネス会話の通訳において、英語(語学)力だけではカバーすることができません。海外進出を試みるときには、語学力はもちろん、交渉力や業界専門知識のある通訳者への依頼が最適と言えます!

進出先の国の文化や宗教観についての理解が必要不可欠

海外進出する際に注意しておくべき最後のポイントは、進出先の国にある文化や宗教観についての理解です。

日本にも特有の文化があるように、相手国にもそれぞれの文化があります。

日本では当たり前のことでも海外では珍しかったり、逆に海外では当たり前にされていることが、日本では慣れていないこともあります。

文化や宗教観の違いで、ビジネスが上手くいかなかったケースも過去には多くあります。

しかし、このような問題点を事前に解決していれば、スムーズにビジネスを進められる可能性もグッと高くなるので、進出先の国にある文化・宗教観・礼儀(マナー)などの理解は深めておきましょう。

お互いにメリットのあるビジネスでも、なんとなく伝えた言葉・会話が原因で信頼関係が崩れるのは非常にもったいないです。進出先の国がどこであっても、まずは相手国の風習・文化を理解することが海外進出の第一歩と言っても過言ではありません。

言語の壁はどう乗り越える?

翻訳や通訳などで、何を意識すれば良いのか、どんなことに注意すれば良いのかを上記ではお伝えしましたが、次に問題となるのが「通訳・翻訳スキルのある人材」の確保です。

人材確保・雇用の方法やメリット・デメリットを下記からは解説します。

語学力が堪能な人材を雇用・委託する

翻訳や通訳スキルのある語学力に長けている人材を雇用・依頼することによって、海外進出の際に大きな戦力となります。

しかし、単純に語学力だけでなく、営業力や企画力など事業を海外展開するために即戦力となる人材を見つけることは簡単なことではありません。また、語学力が堪能な人材の雇用はコストが高い傾向にあります。

また、語学が堪能な人材としての雇用は、片手間で通訳をお願いすることになると、担当者への負担増やモチベーションへの影響も懸念されます。

自社で通訳者・翻訳者を雇用する

正社員としてなど、自社で翻訳者・通訳者の採用活動を行い雇用すれば、サービス・商品の強みや特徴、背景を理解した上で通訳・翻訳業務をを行ってもらえるのがメリットです。さらに人によってはよっては、通訳・翻訳のどちらも請け負ってくれる場合もあるので自社での雇用は自由度が高いと感じることも。

しかし、通訳・翻訳が必要となる案件が少ない時期でもコスト(人件費)がかかるので、「必要なときに必要な分だけ」といった自由度は低いです。

通訳会社へ依頼する

通訳会社への依頼は契約期間などの制約がない限り、スポット毎で依頼できるため、必要な時期に必要な分だけ依頼ができるといったメリットがあります。

ただし、自社で雇用・契約している専属翻訳者・通訳者に比べて、自社の分野や背景を理解してもらうのに時間がかかります。

まずは「どういった案件なのか」「何が強みか」などの説明をしなければいけなかったり、依頼(契約)から業務完了までのやりとりなど、手間がかかることがあります。

コンサルティング企業に依頼する

海外進出専門のコンサルティング企業に依頼することで、販路やマーケティング手法など、まとめて一括依頼することが可能です。

通訳・翻訳はもちろん、海外進出に必要な業務を請け負ってくれるので、手間をかけずに安心して依頼することができます。

しかし、コンサルティング企業に依頼するとなれば、上記でも紹介した方法の中でも一番コストが高くなることを理解しておきましょう。

また、長期的な案件のみを請け負うコンサルティング企業が多いため、スポットでの依頼は難しいです。

海外進出を成功させるための通訳・翻訳依頼はOCiETeがおすすめ

海外進出を考える企業はOCiETeの利用をおすすめします。OCiETeとは、法人向けにオンライン通訳・翻訳サービスを提供しているサービスです。

語学力はもちろん、厳しいビジネススキルチェックを通過したプロの翻訳者・通訳者が1000名以上と業界最大級の登録数を誇っています。ここからはOCiETeの特徴や利用するメリットなどを詳しく解説します。

法人向けオンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」について

「OCiETe(オシエテ)」は、契約から発注、業務終了までのすべてをオンラインで完結できる、法人向けのオンライン通訳サービスです。

短時間の通訳案件から、長期間の案件まで、ビジネスシーンで通訳が必要となるケースにおいて柔軟に対応できる体制をOCiETeは整えています。

オンライン通訳のご利用を検討している方は、ぜひ下記から紹介するOCiETeの特徴をご覧ください。

業界最大級の登録数!ハイレベルな通訳者とベストマッチングが可能

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」には、様々な分野の業界で通訳を経験されてきたスキルやビジネス経験値も高い1,000名以上の通訳者が登録をしています。

契約前にすべての通訳者情報の自己紹介動画やスキルなどのプロフィールを確認することができます。また、ミスマッチを防ぐため、お仕事を依頼される前に事前面談ができる「お試し面談」機能もあるため、ご要望に沿ったベストマッチの通訳者を探すことができるので、安心して依頼をすることが可能です。

さらに オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」ではご希望があればマッチングサポートも行っているので、不安がある方はご相談いただけます。

OCiETeでは、通訳者の紹介はもちろん、依頼主様から「通訳者を探せる・直接依頼できる」プラットフォームもございます。
通訳者の各ページで、スキルや専門分野、料金など明確に記載されているので、ぜひご活用ください!

ビジネスパートナーとしても!専門コーディネーターのサポートがとにかく手厚い

海外企業との商談や打ち合わせなどのコミュニケーションを図っていく上では、通訳者を探す業務や、スケジュール調整など、担当者の負担は大きくなりがちです。

その負担を軽減できるように、通訳専門コーディネーターのサポートがOCiETeにはあります。依頼前の通訳者選定から通訳者の確保まで、通訳が必要となるシーンで全てのサポートを行うことにより、より効率的に業務を進められることが可能です。

負担がかかるがゆえに出るミスを避けるためのリスクヘッジ、プロの通訳者に出会えて海外企業とのコミュニケーションを円滑にできるだけでなく、社内の人員的稼働も効率化できます。

通訳サービスとしてだけではなく、通訳会社の新しい形となる「ビジネスパートナー」としてOCiETeのご利用を検討してみてください。

1時間〜の依頼が可能!大幅な料金削減を実現

従来の通訳サービスは1時間の利用でも最低金額となる半日料金〜となる見積もりが一般的でした。

料金の縛りで、短時間で完了する打ち合わせや商談でも通訳が必要となった場合でも、予算面で通訳者の同席が難しいと悩む担当者の方は多いです。

そんな悩みを解消するために、OCiETeでは【1時間〜の依頼ができる】サービスを提供しています。必要な費用は通訳料金のみなので、より利用しやすい通訳サービスとなっています。

オンライン通訳最大のメリットである、交通費や宿泊費などの諸費用もカットできるので、通訳依頼に必要なコストが最小限に抑えられます。

また、OCiETeでは短時間の依頼だけではなく、長期間で利用したいという方に向けて、お得な時間パックもご用意しています。商談での利用や社内会議など、利用方法は自由に決めて頂いても問題ありません。

より効果的に、より高いコストパフォーマンスの通訳サービスを多くの企業様へ提供できるように自由度が高い通訳サービスを求めている方は、OCiETeのご利用をおすすめします。

3分で見られる!説明動画もございます!

OCiETeのオンライン通訳サービスは、システム利用料などもなく必要な費用は「通訳者への時給のみ」です!わかりやすい料金なので安心してご利用いただけます!

実際にOCiETeを利用して、コストダウンを実現させた企業様もいます。下記の事例インタビューで詳しい内容を掲載しています。

また、他の通訳サービス活用事例も多く公開していますので、ぜひご覧ください。

長期のプロジェクトや定期会議には時間パックがおすすめ

OCiETeでは、短時間(1時間~)の依頼が可能なだけではなく、長期で利用したいと考える企業にとってもお得な「時間パック」をご用意しています。

商談や定例会議だけではなく、インタビューやウェビナーなど用途を問わずに利用することができるので、長期にわたり進めるプロジェクトや定期的に行われる会議で通訳が必要な企業にとって、よりお得に利用していただけるサービスになっています。

単発での依頼よりも割安で利用することができるので、今後通訳サービスを利用したいと考える方はお気軽にお問い合わせください!

まとめ

海外進出において、必ず乗り越えなければいけない「言葉の壁」や「人材確保」などの注意点やポイントについて解説しました。

海外進出といった大きなターニングポイントとなるケースでは、全ての問題を解決していくことが大切です。

特に信頼関係が直接影響するコミュニケーションの取り合いでは、言語の壁を乗り越えるための戦略が重要なポイントとなります。

そのポイントをしっかりと抑えていくには、展開する商品やサービスの業界・分野のプロに依頼することが最適解です。

語学力が高く、ビジネススキルも兼ね備えたプロ通訳者・プロ翻訳者が多く登録しているOCiETeの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
admin
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。