社内会議の通訳はオシエテのオンライン通訳がおすすめ!

社内会議の通訳はオシエテのオンライン通訳がおすすめ!

定期的に行われる社内会議で、外国人役員・スタッフが出席するため同時通訳が必要になった際、どのように通訳を行えば良いのか気になる方は多いです。

特に外資系企業であれば、社内会議において英語など日本語以外が必要になるケースも多いのではないでしょうか?

「外国語スキルのある社員がいる」「ツール(機械)通訳を使って同時通訳を行う」など、さまざまな選択肢はありますが、この記事では社内会議こそ「プロ通訳を導入すべき」ということについてお伝えします。

この記事を読むことで、専門的な内容も含み正確に通訳してくれるか心配と思う担当者の悩みを解決することができます。ぜひ最後までご覧ください。

社内会議に関する通訳

社内会議 通訳

社内会議は、重役ポジションの社員が集まって情報交換を行ったり、今ある問題について議論を交わしながら共通の結論を導き出す場として、企業活動の「肝」と言える大事な会議です。

そんな重要な打ち合わせなどが行われる社内会議で、外国人役員・海外スタッフがいれば必ずプロ通訳者の同席が必要です。

社内会議において、なぜプロ通訳者が必要なのかを下記から詳しく解説します。

機械・自動通訳などのツールでは本質的な部分が伝わりにくい

社内会議では、文書だけを使用するだけではなく「話し合い」を通じて会議が進むので、その瞬間に通訳が必要となります。
ここで機械(ツール)通訳を使用すると、通訳内容が間違えたとしても、そのまま外国人スタッフに伝えることになります。

重要な決定事項が出てくるシーンにおいて、間違えたまま通訳が進むと本質的な部分が伝えきれず大事な社内会議が台無しになってしまいます。

こうした事態を避けるために、社内会議で通訳が必要になる場合は必ずプロ通訳者に通訳をしてもらいましょう。

社内の社員が通訳業務を行うと他業務に支障が出る

社内に英語や中国語など外国語が話せる社員がいる企業では、その社員に会議通訳の業務を任せがちです。

しかし、社員に通訳業務を手伝ってもらうことで、他業務に費やす時間が削られます。

本来行うべき業務に支障が出ると会社としても間接的に損が出ることになります。
社内業務の効率化を進めるためにも社内会議の通訳では、外部に専門の通訳者に依頼することをおすすめします。

社内会議の通訳を依頼する際のポイント

社内会議 通訳 ポイント

社内会議で通訳が必要となった場合、会議で話す内容に対応している通訳者を探すことから始めなければいけません。
ここで注意して頂きたいのが、「通訳能力が長けていれば必ず社内会議の通訳者として務まる訳ではない」ということです。

社内会議の通訳を依頼する際に、どんな通訳者を探せば良いのか、どんな通訳者に依頼すれば良いのかを下記から詳しく解説します。

社内会議の内容で必要な専門知識を持った通訳者に依頼する

社内会議で話す内容では、その事業の専門的な内容が多く知識を持っていないと意思疎通ができません。その中で通訳者が専門知識を持っていないと正確に通訳することが難しくなります。

通訳者は通訳スキルはプロレベルですが、全ての通訳者が各専門分野に精通している訳ではありません。

より効果的な通訳を行うには、社内会議の内容・分野に合わせて通訳者を選ぶことが重要です。

長く付き合える通訳者に依頼する

社内会議は定期的に実施するケースがほとんどだと思います。さらに前回の会議で話した内容を次回の会議でも続きから進めていくというケースも多いです。

その度に、通訳者を変えて依頼すると、打ち合わせや当日の動きなど毎回1から決めなければいけません。

社内会議の内容が変わっても長期的な目標や決めなければいけない内容・分野が変わらない場合は、単なる通訳者としてではなく、ビジネスパートナーを見つけるつもりで通訳者を探すことをおすすめします。長く付き合える良い通訳者に依頼することができれば、打ち合わせから依頼までもスムーズに行えて、社内会議も効率よく進められます。

専属通訳者と言えるほど信頼関係を築き上げられることが可能で、何をどのように伝えるべきなのか。など通訳者からのアイデアなども引き出せる可能性も出てきます。

社内会議の通訳依頼はオシエテがおすすめ

通訳はオシエテがおすすめ

オシエテの社内会議に関する通訳では、依頼者様の意向に合わせ、お役に立てる通訳サービス・システムを整えています。

900名以上いるプロ通訳者の中から、各分野の専門知識を持っている通訳能力の高い通訳者をマッチングさせることが可能です。

オシエテに在籍しているプロ通訳者は、事前に厳しいスキルチェックを受けていて、通訳能力だけではなく、ビジネススキル・各分野の専門知識などの合格基準を満たした人のみが在籍しています。

24時間どこからでも通訳依頼が可能

オシエテでは24時間いつでもオンラインで通訳依頼することが可能です。

お時間に余裕がない依頼者様や、地方を拠点とする依頼者様でも手軽に通訳依頼できます。

加えて、急な依頼でも通訳者とのスケジュールが合えば、すぐに依頼することが可能です。

通訳を依頼するうえで必要になる打ち合わせなどもオンラインで完結するため、移動や時間の無駄を省けます。

依頼した際、万が一があっても情報漏洩保険が適応されるため安心できる

オシエテでは「三井住友海上」と提携している「情報漏洩保険」を締結しています。通訳者が故意ではない情報漏洩(サイバー攻撃・誤送信等)に対して損害賠償請求を受けた場合、1つの事故に対し、期間中500万円まで補償します。

オシエテではオンライン・オフラインどちらの利用であっても適応される情報漏洩保険を保証しています。三井住友海上との提携により、依頼者様と通訳者の両方が安心してサービスをご利用いただけます。

オシエテの対応言語や通訳料金について

社内会議に関する通訳でオシエテでは30言語以上対応しています。

※対応言語例

・英語
・韓国語
・中国語
・フランス語
・イタリア語
・スペイン語
・ポルトガル語
・ドイツ語
・ロシア語 など

オシエテに通訳依頼料金について、通訳者のスキル・経験や通訳内容によって異なります。また、オシエテは移動にかかる交通費は原則一切なく、通訳者に対する料金は時間制のみです。

お気軽に相談フォームからお問い合わせください。

オシエテに依頼する流れ

オシエテに依頼する流れ

オシエテに通訳依頼する流れは下記の通りです。

①オシエテの公式ページよりお客様の基本情報を入力して会員登録。

②会員登録が完了するとオシエテの通訳者を確認できます。依頼する分野に対応している通訳者を探す。

③通訳依頼する分野に対応している通訳者の中から気になる通訳者へ面談を申し込み。(案件を登録して通訳者からの応募を待つことも可能)

④通訳者とのマッチングが完了すれば通訳依頼が可能。

以上の手順で通訳依頼が行えます。

まとめ

この記事では、社内会議に関する通訳について知っておくべきポイントやオシエテのオンライン通訳サービスについて解説しました。この記事でのポイントは以下です。

・社内会議において機械通訳を利用すると間違った内容で伝わる可能性がある

・外国語スキルのある社員に通訳を手伝ってもらうと他業務に支障が出る

・社内会議こそプロ通訳者に依頼すべき

・事業内容/分野で必要な専門知識を持った通訳者に依頼する

・オシエテは600名以上いる通訳者から依頼者様にマッチした通訳者のみをご紹介

・オシエテのオンライン通訳サービスは幅広い分野・言語に対応している

・通訳依頼に必要な費用は時間制の料金のみ

社内会議に関する通訳のご相談・ご依頼は、お気軽にご相談ください。

30秒でできる無料会員登録で、あなたに合う通訳者を検索してみてください。

通訳や翻訳に関わるご相談を受け付けております。

「まずは料金を知りたい」
「オンライン通訳と通常の通訳との違いは?」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者に依頼をしたい」

など、通訳・翻訳に関するご相談やお問合せがございましたら、お気軽に下記よりご連絡ください!
お急ぎの方はお電話でも受け付けております。03-6868-7531(平日10時~19時)

通訳会社カテゴリの最新記事