韓国語翻訳はアプリやツールだけで大丈夫?注意すべきポイントを解説

韓国語翻訳はアプリやツールだけで大丈夫?注意すべきポイントを解説

韓国語の翻訳はアプリやツールだけでも大丈夫なのか?

日本の隣に位置する韓国。その近さから韓国と関わるビジネスを展開している、またはしようと考ええる企業は少なくありません。しかし近隣国でも海外でのビジネスにおいて必要なのは言葉の壁を乗り越えることです。
そのために翻訳を依頼する際、どんなことに注意して、どんな翻訳会社に依頼すればよいのでしょうか?

ここでは、翻訳する際に知っておくべき韓国語の特徴や、翻訳依頼する際の料金などについて解説します。

これを読むことで、韓国語翻訳においてのポイントや韓国語の翻訳を依頼する際どんな翻訳会社に依頼すれば良いかわかります。ぜひ最後までお読みください。

韓国語の特徴

ハングルと言われている韓国語の特徴は、母音と子音で文字が形成されているということ。そして表音文字ということです。
母音と子音で文字の組み合わせはローマ字の仕組みと少し似ていて「か」を表現したいのであればローマ字の「k+a」になるように韓国語でも同じような仕組みで文字が完成します。
表音文字とは、「文字を音で表す」つまり1つの文字が1つの発音を表している意味になります。
韓国では、文字が意味を持っている漢字はあまり使わず、表音文字だけで言葉・文章が完成するのも韓国語の特徴です。

日本語から韓国語は最も翻訳しやすい言語のひとつと言われる

日本語から韓国語は翻訳しやすいと言われており、理由としては韓国語と日本語の文法を比較してみると、大きな違いはないからです。日本語のような「てにをは」の助詞があったり、「主語→目的語・修飾語→述語」で文章が完成させるところが日本語と似ています。
簡単な韓国語の初級レベルでは、単語を覚えて日本語の語順どおりに並べるだけで、ちゃんとした韓国語の文章になることもあります。
語順や文法が似ていることや、ひらがな・カタカナと同じ表音文字を使用して韓国語は成り立つので結果、日本語から韓国語への翻訳はしやすいということです。

韓国語翻訳のニーズ

韓国語翻訳のニーズは、近年増加し続けています。韓国はアジアでも有数のIT大国で、インターネットに関連したサービスは急速に発展していることから韓国語翻訳の需要は高いです。

韓国の最先端のサービスを取り入れることも、韓国へ自社のサービスを展開させることもビジネスの大きなチャンスとなり、韓国市場と連携することで新規顧客の獲得や利益を伸ばせる可能性は大幅に高くなるでしょう。

つまり、ビジネスをうまく成長させるために相手国と自社にとって大きな利益をもたらす鍵を握っているのは今後も需要の拡大が予測されている韓国語の翻訳と言えます。

韓国語の翻訳はアプリやツールだけで行えるのか?

今や翻訳アプリやツールは無料で利用できるモノも多く、翻訳精度も向上しています。

しかし、完全に機械翻訳に頼るには不安な点がまだまだ拭えません。
翻訳アプリ・サイトなどで翻訳作業を行うと、現地の人から見たらおかしな文章と思われることも珍しくありません。

日本語には、ひらがな、カタカナ、漢字といった3種類の表記があるので、韓国語への翻訳はより難しいという理由もあります。
簡単な単語だけの翻訳であれば、わざわざ翻訳会社に依頼する必要はありませんが、ビジネスシーンで翻訳が必要となる場合は、プロに依頼することをオススメします。

韓国語の翻訳はプロ翻訳家のみが在籍するオシエテがおすすめ!

OCiETe(オシエテ)に在籍しているプロ翻訳者は、厳しい基準をクリアした翻訳スキルの高い合格者だけを登録しています。

そのため在籍している翻訳者の翻訳能力の高さはもちろん、依頼によって変わるジャンルでも翻訳能力+αの知識を使って最大限の翻訳品質を提供できます。

単なる「翻訳者」ではなく、ビジネススキルも兼ね備えているので、契約書や広告文、商品説明など、その業界での知識が必要となる文章でも、高クオリティの翻訳が可能です。

韓国語翻訳者のエキスパートが対応することにより、安心して依頼をすることができます。

翻訳会社には珍しく希望により韓国語翻訳者と事前面談もできる

オシエテの翻訳者へ依頼する際にご希望により、韓国語翻訳者との事前面談でスキル確認をしていただくことが可能です。

どんなスキルや経歴を持った翻訳者がいるのか、依頼して翻訳作業に入る前に把握しておくだけで依頼する側としても安心感を得られると思います。

オンライン面談について面倒であればオシエテが精査してマッチする翻訳者をアサインすることも可能です。

緊急時や膨大な量の韓国語翻訳も相談可能

業種・業態問わずビジネスシーンの中では、緊急性のあるケースは必ず出てくると思います。特に海外と関わりのあるビジネスでは言語の違いから緊急対応に遅れを取ってしまうケースが多い傾向にあります。

OCiETe(オシエテ)では、多くの翻訳スタッフが在籍しているのでスケジュールを調整しながらも最適な翻訳担当スタッフにて短納期も対応する事ができます。24時間翻訳案件をご依頼して頂く事が可能なので、緊急のご相談・膨大な量の原稿など、いつでもご相談ください。

必要なときは通訳者のアサインもできる

ホームページ翻訳やビジネス文書の翻訳を対応できるだけではなく、必要に応じてオンライン通訳のサービスを利用できます。オシエテのオンライン通訳は時間制の単価なので、通訳サービスもわかりやすい料金です。

もちろん翻訳スタッフと同じく通訳スタッフのレベルも高く、通訳が必要になった際にもオシエテに依頼することが可能です。
また、翻訳サービスを利用していれば、通常よりも安くオンライン通訳の依頼をすることが可能です。

まとめ

韓国語翻訳のポイントや翻訳アプリ・ツールの注意点などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここでのポイントは以下です。
・韓国語翻訳のニーズは年々増加している
・韓国と関わるビジネスは事業成長の可能性が広がる
・翻訳アプリや翻訳ツールの活用はビジネスシーンではまだ難しい
・OCiETeのオンライン翻訳は、専門知識の必要なビジネス文書も翻訳可能
・OCiETeの翻訳スタッフは厳しいスキルチェックを受けたエキスパートのみ
・希望があれば担当する翻訳スタッフと事前面談が可能
・短納期などの急な依頼もオシエテは対応可能

韓国語の翻訳アプリなどは、これからさらに進化していくでしょう。しかし、ビジネスシーンでの翻訳は、どのような言い回しが良いのか、どうすればしっかりと伝えられるのか。こういった部分では、まだ物足りないクオリティです。

より正確で、より効率の良い翻訳を求められるなら、プロの翻訳者に依頼することを検討してみてください。
OCiETeでは、依頼者様の業界・分野に精通している翻訳者をご紹介できます。

興味があれば、お気軽にご相談ください。

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら

通訳や翻訳に関わるご相談を受け付けております。

「まずは料金を知りたい」
「オンライン通訳と通常の通訳との違いは?」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者に依頼をしたい」

など、通訳・翻訳に関するご相談やお問合せがございましたら、お気軽に下記よりご連絡ください!
お急ぎの方はお電話でも受け付けております。03-6868-7531(平日10時~19時)

韓国語翻訳カテゴリの最新記事