お役立ち資料 無料配布中!

韓国語翻訳はツールやソフトだけでも大丈夫?利用時のポイントを解説

韓国語翻訳はツールやソフトだけでも大丈夫?利用時のポイントを解説

韓国語の翻訳はツール・ソフトなどの自動翻訳だけでも大丈夫?

日本の隣に位置する韓国。その近さから韓国と関わるビジネスを展開している、またはしようと考ええる企業は少なくありません。

しかし近隣国でも海外でのビジネスにおいて必要なのは言葉の壁を乗り越えることです。そのために翻訳を依頼する際、どんなことに注意して、どんな翻訳会社に依頼すればよいのでしょうか?

ここでは、翻訳する際に知っておくべき韓国語の特徴や、翻訳依頼する際の料金などについて解説します。

これを読むことで、韓国語翻訳においてのポイントや韓国語の翻訳を依頼する際どんな翻訳会社に依頼すれば良いかわかります。ぜひ最後までご覧ください!

まずは韓国語の特徴を知っておくべき

ハングルと言われている韓国語の特徴は、母音と子音で文字が形成されているということ。そして表音文字ということです。

母音と子音で文字の組み合わせはローマ字の仕組みと少し似ていて「か」を表現したいのであればローマ字の「k+a」になるように韓国語でも同じような仕組みで文字が完成します。

表音文字とは、「文字を音で表す」つまり1つの文字が1つの発音を表している意味になります。
韓国では、文字が意味を持っている漢字はあまり使わず、表音文字だけで言葉・文章が完成するのも韓国語の特徴です。

日本語から韓国語は最も翻訳しやすい言語のひとつと言われる

日本語から韓国語は翻訳しやすいと言われており、理由としては韓国語と日本語の文法を比較してみると、大きな違いはないからです。

日本語のような「てにをは」の助詞があったり、「主語→目的語・修飾語→述語」で文章が完成させるところが日本語と似ています。

簡単な韓国語の初級レベルでは、単語を覚えて日本語の語順どおりに並べるだけで、ちゃんとした韓国語の文章になることもあります。

語順や文法が似ていることや、ひらがな・カタカナと同じ表音文字を使用して韓国語は成り立つので、日本語から韓国語への翻訳はしやすいと言われています。

韓国語翻訳のニーズ

韓国語翻訳のニーズは、近年増加し続けています。韓国はアジアでも有数のIT大国で、韓国は世界デジタルランキングで常に上位に位置しています。

参照:総務省|令和3年版デジタル競争力ランキング

インターネットに関連したサービスは急速に発展していることから韓国語翻訳の需要は高いです。

韓国の最先端のサービスを取り入れることも、韓国へ自社のサービスを展開させることもビジネスの大きなチャンスとなり、韓国市場と連携することで新規顧客の獲得や利益を伸ばせる可能性は大幅に高くなるでしょう。

つまり、ビジネスをうまく成長させるために相手国と自社にとって大きな利益をもたらす鍵を握っているのは今後も需要の拡大が予測されている韓国語の翻訳と言えます。

韓国語翻訳はツールなどの自動(機械)翻訳だけで十分なのか?

今や翻訳アプリやツールは無料で利用できるモノも多く、翻訳精度も向上しています。しかし、ビジネスシーンでの翻訳では、完全に機械翻訳に頼るのには不安な点がまだまだ拭えません。

翻訳アプリ・サイトなどの翻訳ツールで翻訳作業を行うと、現地の人から見ればおかしな文章と思われることも珍しくありません。

日本語には、ひらがな、カタカナ、漢字といった3種類の表記があるので、韓国語への翻訳はより難しいという理由もあります。

簡単な単語レベルの翻訳であれば、機械翻訳だけでも十分です

しかし、ビジネスシーンでの翻訳は契約書の取り交わしやビジネスコミュニケーションを取らなければいけないので、機械翻訳だけに頼ってしまうと、円滑な意思疎通が難しいのが現実です。

ビジネスシーンでの翻訳は基本的に間違いは許されません!完璧な翻訳を求めなければいけないケースでは、必ずプロ翻訳家に依頼することを覚えておきましょう!

ビジネスシーンの翻訳ではプロ翻訳家と機械翻訳の使い分けが賢い

商品のパンフレットやカタログ、契約書などの翻訳が必要になった際、必ずしも翻訳家以外はダメというわけではありません。

もちろん機械翻訳の精度に不安が残る面もありますが、ビジネスシーンでの翻訳は「人」と「機械」の使い分けをすることが良い選択肢の1つです。

間違いが許されない契約書の翻訳は、プロの翻訳家に依頼し、韓国企業との簡単なやり取り、相手側からのメールなどは機械翻訳を利用するなどの使い分けをおすすめします。

重要なメールであれば、プロに翻訳依頼をする方が良いですが、打ち合わせの日程調整などの簡単な文章、短い文章などは機械翻訳だけで十分です。

全ての文書で依頼すれば、その分費用も発生するので、よりコストを抑えて効率的に韓国企業とのビジネスを成功させるには「機械翻訳」の活用も取り入れていきましょう。

下記から無料で利用できる翻訳ツール「Google翻訳の賢い使い方」をダウンロードできます。

ビジネスシーンでGoogle翻訳も活用したいという方は、下記の資料をぜひご覧ください!

韓国語の翻訳はプロ翻訳家のみが在籍するOCiETeがおすすめ!

OCiETe(オシエテ)に在籍しているプロ翻訳者は、厳しい基準をクリアした翻訳スキルの高い合格者だけが登録しています。

そのため在籍している翻訳者の翻訳能力の高さはもちろん、依頼によって変わるジャンルでも翻訳能力+αの知識を使って最大限の翻訳品質を提供できます。

単なる「翻訳者」ではなく、ビジネススキルも兼ね備えているので、契約書や広告文、商品説明など、その業界での知識が必要となる文章でも、高クオリティの翻訳が可能です。

韓国語翻訳者のエキスパートが対応することにより、安心して依頼をすることができます。

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

翻訳会社には珍しく希望により韓国語翻訳者と事前面談もできる

オシエテの翻訳者へ依頼する際にご希望により、韓国語翻訳者との事前面談でスキル確認をしていただくことが可能です。

どんなスキルや経歴を持った翻訳者がいるのか、依頼して翻訳作業に入る前に把握しておくだけで依頼する側としても安心感を得られると思います。

オンライン面談について面倒であればオシエテが精査してマッチする翻訳者をアサインすることも可能です。

緊急時や膨大な量の韓国語翻訳も相談可能

業種・業態問わずビジネスシーンの中では、緊急性のあるケースは必ず出てくると思います。特に海外と関わりのあるビジネスでは言語の違いから緊急対応に遅れを取ってしまうケースが多い傾向にあります。

OCiETe(オシエテ)では、多くの翻訳スタッフが在籍しているのでスケジュールを調整しながらも最適な翻訳担当スタッフにて短納期も対応する事ができます。24時間翻訳案件をご依頼して頂く事が可能なので、緊急のご相談・膨大な量の原稿など、いつでもご相談ください。

必要なときは通訳者のアサインもできる

ホームページ翻訳やビジネス文書の翻訳を対応できるだけではなく、必要に応じてオンライン通訳のサービスを利用できます。OCiETeのオンライン通訳は1時間〜の依頼が可能なので、短時間で終わる打ち合わせなどでも利用しやすいのが特徴です。

もちろん翻訳スタッフと同じく通訳スタッフのレベルも高く、通訳が必要になった際にもOCiETeに依頼することが可能です。

まとめ

韓国語翻訳のポイントや翻訳アプリ・ツールの注意点などについて解説しました。

韓国と関わるビジネスは事業成長の可能性が広がるため、韓国語翻訳のニーズは年々増加しています。近年の翻訳アプリ・サイトなどの翻訳ツールは精度が上がり、手軽に利用できて便利ですが、ビジネスシーンで機械翻訳のみの活用はまだ難しいのが現状です。

韓国語の翻訳アプリなどは、これからさらに進化していくでしょう。しかし、ビジネスシーンでの翻訳は、どのような言い回しが良いのか、どうすればしっかりと伝えられるのか。こうした面では、まだ不安が残ると思います。

より正確で、より効率の良い翻訳を求められるなら、プロの翻訳者に依頼することを検討してみてください。

OCiETeでは翻訳だけではなく「1時間〜依頼ができるオンライン通訳サービス」の依頼も可能です。韓国企業との商談や会議などで通訳が必要な場合もお気軽にお問い合わせください。

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。