@include('analytics_body')
OCieTe Columnオシエテ コラム

英語の翻訳会社を選ぶポイント徹底まとめ!!

英語の翻訳会社を選ぶポイントと便利に使える翻訳サービス解説

いまやビジネスに不可欠な英語は、コミュニケーションツールの一環として多くの人が会話やメールなどで使っています。

しかし、ビジネスレベルの英語力を持って専門的な技術についての翻訳は難易度が高く、プロの翻訳者を頼るケースがまだまだ多いでしょう。

翻訳をお願いするには、翻訳会社を通して翻訳者に依頼をするのが一般的です。
しかし翻訳会社は意外とたくさんあるため、初めて利用する方はどんな翻訳会社を選択すればいいか悩ましいでしょう。

ここでは、
・英語の翻訳会社を選ぶポイントは5つ
・オンライン翻訳も手がける会社「オシエテ」のサービス内容
・オシエテの翻訳者は厳しい基準を満たした者だけを登録
・英語の翻訳会社を選ぶポイント徹底まとめ

について解説します。

これを読むことで、英語の翻訳会社を選ぶポイントがわかり、今後英語の翻訳会社を選択する際の参考になるのでぜひ最後までご覧ください。

英語の翻訳会社を選ぶポイントは5つ

英語の翻訳会社を選ぶには、以下の5つのポイントをおさえることが重要です。
英語の翻訳を依頼するときに、その依頼内容によって注意すべき点が異なるのでしっかりとチェックしておくことが大切です。

1.目的に合った英語の翻訳サービスを展開している会社か

希望する翻訳が一般的な文書なのか、それとも専門的な文書なのかは依頼する時に必ず明確にする必要があります。

例えば契約書の内容を英語翻訳してもらいたい場合は、日本語から英語への翻訳の場合は日本の法律に詳しい翻訳者が必要ですし、逆に英語から日本語への翻訳の場合は相手の国の法律に明るい翻訳者を選ぶ必要があります。

しかし、お店のパンフレットや会社案内のような文章の翻訳をおこなう場合は、ビジネス用の文章ではあるもののそこまで専門知識は必要ありません。

依頼する翻訳内容の専門性や難易度が高いものである場合、翻訳会社が希望する分野の翻訳が得意な会社でないと、満足のいく翻訳サービスが受けられない可能性があります。
そのため事前に翻訳会社の概要や案内を確認しましょう。

2.英語の翻訳料金は適切な会社か

英語の翻訳料金は単語/文字量によって換算されることが多いです。

英語から日本語への翻訳は1ワードあたり、日本語から英語への翻訳は1文字あたりの金額かけるその分量が翻訳料金です。

JTF(一般法人 日本翻訳連盟)によると、一般科学・工業技術の翻訳で「英語→日本語:28円(1ワードあたり)」「日本語→英語:21円(1文字あたり)」が相場です。
もちろん内容の難しさによって金額は変わっていきますが、単純計算で5,000ワードの英語文章であれば、140,000円、1万文字の日本語であれば210,000円の翻訳量がかかることになります。

依頼する内容次第ではありますが、英語翻訳はそこそこ高額の料金がかかります。
費用も含めて満足のいくサービスを受けるには、複数の翻訳会社から見積もりを取って妥当かどうかを判断する必要があります。

3.依頼したいシチュエーションに特化した英語の翻訳者がいるか

英語の翻訳と一言でいっても、そのシチュエーションは様々です。

例えば、海外向けに自社ホームページや広告用のランディングページを翻訳してもらいたい場合や、映画や本の翻訳、あるいは英語圏の企業と契約を締結する際の契約書の翻訳など、見せるべき相手が異なるため、それぞれのシチュエーションにあわせた内容の翻訳が必要になります。

翻訳者には得意な分野があるので、必要なシチュエーションにマッチした翻訳者を選択しましょう。

4.質の高い英語の翻訳者をそろえているか会社か

翻訳料金が例え安くても、翻訳内容のクオリティが低い場合は、結果的に無駄な費用がかかったことになります。
きちんと経験と実績のある翻訳者が在籍しているかどうか、翻訳者の質は非常に大事です。
その翻訳会社がどのような基準で翻訳者を選定・登録しているのか、手配できる翻訳者の質が条件を満たすものかどうかもしっかりと確認をしましょう。

5.英語の翻訳者の能力や信頼性(口コミ)が可視化されているか

翻訳会社のサイトや案内に、翻訳者の評価や口コミが掲載されていることはあまりありません。
そのため、実際に対応してもらう翻訳者の評価を、第三者の視点で確認することは難しいといえます。

しかし最近は、オンラインで翻訳者を検索・依頼できるサービスも増えてきているため、口コミなどで確認をしながら依頼ができるようになってきました。
第三者の評価を確認することで、翻訳者の直接的な評価を知ることができるので依頼をする際は安心です。

オンライン翻訳も手がける会社「オシエテ」のサービス内容

法人向け翻訳・通訳サービス 「OCiETe(オシエテ)」は、月定額制でビジネス向けの翻訳を依頼できます。
無料の会員登録をすることで、気軽に利用ができる便利なサービスです。

オンライン翻訳と通訳に特化した会社「オシエテ」とは

生活の変化や家庭の事情など様々な問題により、自由に時間を使うことが難しくなってしまったスキルの高い翻訳者や通訳者が、そのスキルを十分に活かせないという課題に注目し誕生したのがオンライン翻訳・通訳サービスの「OCiETe(オシエテ)」です。

その結果、ビジネス翻訳やビジネス通訳を依頼したいけど料金が高くてなかなか気軽に利用できないというお悩みをもった企業様と、スキルを活かすことができない翻訳者・通訳者の双方がお互いに満足してご利用いただけるサービスとして注目を集めています。

オシエテの英語翻訳の料金は3万円から使い放題

法人向け翻訳サービス 「OCiETe(オシエテ)」は、月定額制3万円~ビジネス向けにWEBサイトの翻訳を依頼できます。

定額プランはご希望の利用頻度にあわせて9種類からお選びいただけるので、ご要望に添ったプランの料金をお支払いいただくだけで、都度面倒な見積もりを取る必要もなくオンライン上で簡単に翻訳サービスが利用できます。

英語、中国語、韓国語など全部で30ヵ国語の翻訳対応

「OCiETe(オシエテ)」の翻訳は、英語や中国語をはじめとする30か国語に対応しています。

幅広い言語翻訳の対応が可能なため、前回とは別の言語の翻訳が必要になったという場合でも、わざわざ違う翻訳会社を探す必要がありません。
すべて「OCiETe(オシエテ)」内の管理画面から依頼をするだけで完結できるので、簡単かつスピーディーに多言語の翻訳依頼ができます。

オシエテの翻訳者は厳しい基準を満たした者だけを登録

オンライン翻訳サービス「OCiETe(オシエテ)」の翻訳者は、全員が厳しいスキルチェックを受けた上でビジネス翻訳対応が可能な翻訳者のみを登録しているため、品質が担保されています。

また、「OCiETe(オシエテ)」では多くの翻訳者を抱えているため、急ぎの案件にも高品質の翻訳を提供できるようスケジューリングして最適な翻訳者をアサインいたします。

英語の翻訳会社を選ぶポイント徹底まとめ

英語の翻訳会社を選ぶポイントと便利に使える翻訳サービスを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のポイントは、下記です。

・英語翻訳の会社を選ぶポイントは5つ「目的にあったサービスを提供しているか」「料金は適正か」「依頼のシチュエーションに対応できるか」「質の高い翻訳者がいるか」「評価は可視化されているか」
・「OCiETe(オシエテ)」の翻訳サービスは月額30,000円〜使い放題で、使いたい頻度に合わせて9種類のプランが用意されている
・「OCiETe(オシエテ)」の翻訳サービスはすべてオンライン上で依頼・完結できるので簡単で便利
・「OCiETe(オシエテ)」の翻訳は英語をはじめとする30カ国語に対応、スキルチェックを受けたレベルの高い翻訳者のみ登録されているため安心して利用できる

法人向け翻訳サービス 「OCiETe(オシエテ)」なら、クオリティの高いビジネス翻訳サービスが月定額で受けられるため使いやすく煩雑な手間をかけずに簡単に英語翻訳の依頼が可能です。
まずはお気軽にご相談ください。

気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら