お役立ち資料 無料配布中!

タガログ語翻訳の難易度は高い?依頼時のポイントや料金相場を解説

タガログ語翻訳の難易度は高い?依頼時のポイントや料金相場を解説

宿泊・飲食などのサービス業がフィリピンの主な経済を支えている中で、近年ではインフラにも積極的に投資が行われており、今後さらなる経済発展が期待されている国の1つです。

また、フィリピンは労働力が豊富なだけではなく、公用語の1つとして英語が使われていることから、東南アジアの支社・拠点を作ったりなどビジネス展開の場を広げられる国としても注目されています。

日本にとっても重要な取引先としてフィリピンへの進出を考える企業も少なくありません。フィリピンとの取引では契約書やWebサイト、カタログ・パンフレットなどのあらゆる文書で完璧な翻訳が必要になるということです。

英語も公用語の1つとして使われていても、やはり現地企業を相手にする場合は「タガログ語」での翻訳も必要になります。

この記事では、タガログ語翻訳を依頼する前に知っておくべきポイントを解説します。

タガログ語の特徴から料金相場、機械(自動)翻訳との違いなど、必要な情報をわかりやすく解説します。今後タガログ語の翻訳が必要な方にとって参考になる記事ですので、ぜひ最後までご覧下さい。

タガログ語の特徴

フィリピンは公用語としてタガログ語・英語2つの言語が採用されています。

1987年にフィリピン憲法によって、マニラ首都圏で使われていた言語「タガログ語」がフィリピンの公用語と定められ、フィリピンのメディア、外交、ビジネスシーンで使われているのはフィリピン語です。

つまり、英語が公用語の1つであってもフィリピン企業との商談やPRなどではタガログ語の使用が必須と言えます!

フィリピンは7,600以上の島が集まり、タガログ語以外にもイロカノ語やセブアノ語など、約170言語が存在すると言われています。

参照:外務省|フィリピン共和国基礎データ

フィリピンでは英語が通じることも多いですが、英語が苦手なフィリピン人も一定数以上いますので、タガログ語の翻訳もできれば心強くなります。

タガログ語の翻訳は文法や表現が複雑で難しい

タガログ語は語順が非常に変則的であり、動詞の変化も多く文法が複雑な難しい言語です。

フィリピン企業とのコミュニケーションを図る場合、英語だけではなくフィリピン人の母国語であるタガログ語をしっかりと使ってコミュニケーションをとることで、より良い信頼関係を築きやすくなります。

タガログ語の特徴だけではなくフィリピンのビジネス文化も理解しよう

Business statistics concept.

フィリピン企業とのビジネスを行う場合、フィリピン人との文化の違いや習慣を理解しておくことも大切です。

文化の違いはフィリピンだけではなく、海外企業とのビジネスを進めていく上で、日本とは違いスムーズにビジネスが進まないというケースは少なくありません。

フィリピン企業とのビジネスにおけるポイントはさまざまですが、翻訳時に特に注意すべきなのが「言葉の表現」です。フィリピン人は言葉に敏感なため、文書で何かを伝えたい場合は言葉・表現に注意しておく必要があります。

伝える内容が間違っていなくても、言葉遣い1つで信頼関係を崩してしまう可能性があります。

単に意味を伝えるだけではビジネスで上手く進む可能性は低いです。伝えるべきポイントはしっかりと伝え、訴求したい魅力は最大限に打ち出すのが鉄則です。

タガログ語の翻訳を依頼する際には、単に翻訳スキルがあるわけではなく、フィリピン人の特徴を理解し、内容に合わせた表現ができる翻訳者に依頼することを心がけましょう!

タガログ語は機械翻訳でも大丈夫?

翻訳アプリ・サイトなどの機械(自動)翻訳精度は、年々高くなっており簡単な文書や単語は機械翻訳だけでも問題ありません。

しかし、ビジネスシーンでタガログ語の翻訳が必要になった場合、機械翻訳だけでも大丈夫なのでしょうか。

結論、機械翻訳だけではタガログ語を適切に翻訳することは難しいです。

ビジネスシーンでの翻訳では長文や専門用語が出る文書も多く、文法構造が逆転したり、前後の文脈に適した翻訳ができない可能性が高いです。

機械翻訳は翻訳作業のサポートとして役に立つことはありますが、日本語⇆タガログ語は大きく異なる言語なので、プロ翻訳者のクオリティには及びません。

ビジネスシーンでも機械(自動)翻訳を活用できるケースがあります。上手な活用方法やメリット・デメリットなど、下記の記事ではさらに詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

ビジネスシーンのタガログ語翻訳はプロに依頼するのがおすすめ

上記でも解説した通り、ビジネスシーンにおいて翻訳アプリ・ツールだけではタガログ語を完璧に翻訳することはできません。

簡単な文書だけを翻訳したい場合は、無料で使えるといったメリット面もあるのでおすすめできますが、ビジネスシーンでの翻訳は必ずプロの翻訳者へ依頼すべきです。

プロ翻訳者であれば、専門用語や文脈を読み取り、相手国の文化・表現に合わせて翻訳することが可能なので、安心してビジネスを進めることができます。

冒頭でもお伝えした通り、タガログ語はさまざまな国・地域で使用されています。その場所に合わせて翻訳することがビジネスでは「鉄則」です!

タガログ語の翻訳依頼料金相場

タガログ語の翻訳料金は、主に「文字単価」「単語単価」を合わせて料金目安が決まります。

日本語→タガログ語の場合は翻訳前(原文)の文字数で計算され、タガログ語→日本語の場合は単語単価になる。といった計算方法が一般的です。タガログ語翻訳の料金相場は下記の通りです。

翻訳内容日本語→タガログ語タガログ語→日本語
一般文書(メール・手紙など)10円~12円18円~22円
専門的文書12円~14円22円~24円
契約書・特許などの証明書15円~18円32円~37円
日本語→タガログ語(1文字あたり)タガログ語→日本語(1単語あたり)の単価

文字・単語量以外でも翻訳料金は変動する

先ほどお伝えした通り、文字・単語単価以外にも依頼分野(専門性)によって翻訳料金は変わります。

どんな分野で依頼するのか、どの程度の専門性が必要なのかをまとめておけばスムーズに見積もりを出してくれるので、事前準備しておくことをおすすめします。

分野・専門性に合わせて特化している翻訳会社も多いです。つまり、依頼内容によっては対応不可となる場合もあるので、見積もりを依頼する際に対応可能か確認しておく必要があります。

また、納期によっても翻訳料金が変わります。納期が短ければ短いほど「特急料金」が発生し、通常の依頼よりも料金は高くなる場合が一般的です。

出来るだけ予算を抑えて翻訳依頼したいと考えているのであれば、あらかじめ案件の目処が立っていれば、余裕を持って依頼することをおすすめします。

しかし、ビジネスシーンにおいて急に翻訳が必要になるといったケースも多いです。短納期の依頼は受け付けらない翻訳会社・翻訳者も珍しくありませんので、いざという時に依頼できるよう契約前に確認しておきましょう。

タガログ語翻訳の依頼はOCiETeがおすすめ

OCiETeのオンライン翻訳サービスでは、1000名以上の翻訳者から案件(依頼内容)にマッチした翻訳者へ依頼することができます。

タガログ語でも「どの地域に向けた翻訳なのか」「どの分野の翻訳をしてほしいのか」など、細かく条件を設定することができるので、ビジネス翻訳の相性は良いです。

ここからはOCiETeの翻訳について、さらに詳しく解説していきます。

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

まとめ

この記事では、タガログ語翻訳に関するポイントを解説しました。

フィリピンの公用語は英語もありますが、ビジネスを進めていく上ではタガログ語の翻訳は必須です。ここでのポイントは以下の通りです。

ここがポイント!
  • 英語・タガログ語どちらの翻訳にも対応している翻訳会社に依頼する
  • 言語対応だけではなく内容・分野に精通している翻訳者に依頼する
  • ビジネスシーンの翻訳において機械(自動)翻訳ではまだ不安要素が多い

フィリピン企業とのビジネスを成功させるためには、完璧な翻訳は必要ですのです。言語だけではなく専門性もマッチした翻訳者に依頼することをおすすめします。

OCiETeでは翻訳だけではなく、「1時間~依頼ができるオンライン翻訳サービス」もあります。現地企業との商談、打ち合わせでタガログ語の翻訳も必要という方はお気軽にお問い合わせください。

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。