お役立ち資料 無料配布中!

マレー語⇆日本語翻訳はOCiETeがおすすめ!料金相場も解説

マレー語⇆日本語翻訳はOCiETeがおすすめ!料金相場も解説

マレーシアは親日国家としての歴史があり、日本企業のマレーシア進出は2022年4月時点で1,600社を超え、日本とマレーシアのビジネス関係は今後も発展し続けると言われています。

参照:JETRO「日系企業進出状況

経済成長が著しいマレーシアを相手にビジネスを展開する際に必要になるのがマレー語の翻訳です

しかし、マレー語の翻訳はどこに依頼すれば良いのか、どれくらいの費用がかかるのか。など気になるポイントも多いでしょう。

この記事では、マレー語翻訳の依頼前に知っておくべきポイントを解説します。マレー語の特徴や料金相場、依頼すべき翻訳者の特徴などを理解すれば、より効果的な翻訳依頼が可能です。

今後マレー語翻訳を依頼する際に参考になる情報・ポイントを解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

マレー語の通訳に関する記事は下記でご紹介しています。

マレーシアの母国語|マレー語の特徴とは

マレー語はローマ字読みや文法も似ていることから、日本人にとって世界言語の中でも学びやすい言語の1つとして有名です。

マレー語の特徴などを理解しておくことで「どんな翻訳者に依頼すべきなのか」「依頼時には何に注意すれば良いか」などがわかるので、簡単にマレー語の特徴を解説します。

インドネシア語との共通点が多い

マレー語はインドネシア語が元になっている言葉で、インドネシア語との共通点も多いです。

そのため、マレー語が使われるマレーシアでは、インドネシア人が働いていることも珍しくありません。

マレーシア企業とのビジネスでは、インドネシアの文化やビジネス習慣もおさえておくと、より良い関係性を築ける可能性も高くなります。

造語やニュアンスの違いなど、近年では異なる意味を持つ単語も増えています!似ている言語だとしてもマレーシア企業とのやり取りではマレー語の翻訳を徹底することが大切です。

マレー語はローマ字読みでアルファベット表記

マレー語の文字は、基本的にアルファベット表記でローマ字読みです。他言語とは違い日本人にとっては比較的読みやすいです。

英語やフランス語などとは異なり、ローマ字を読んで発音するため、日本人にとって記述しやすい言語なのが1つの特徴です!

しかし、一部の表記では右から左に表記される「ジャウィ文字」も使用されるので、学びやすい言語であるものの習得が容易という訳ではありません

※ジャウィ文字とはアラビア文字から派生されたもの。

名詞に単数形・複数形はない

マレー語は、日本語と同じく名詞の単数形・複数形はありません。

日本語で「人」が「人々」になるのと一緒で、マレー語も名詞を繰り返すことで複数形を表します。例えば、1冊の本はマレー語で「buku」です。これを複数形にすると「buku-buku」となります。

マレー語は単数形・複数形だけではなく、人称・時制による動詞の変化もありません!

マレー語はツールやアプリなどの機械翻訳でも大丈夫?

ビジネス関係において日本とマレーシアは、今後も発展していくと予想されている中で、メールでのやり取り、契約書の締結、商品・サービスのパンフレットなどあらゆるシーンでマレー語翻訳が必要になると思います。

翻訳しなければいけないシーンが多くなると、翻訳ツール(機械翻訳)に頼って良いのかと考える方は多いですが、ビジネスシーンでの翻訳ではツールに頼るのはおすすめできません

多民族国家であるマレーシアは地方・人によって使用される言葉が異なります。

例えばマレーシア首都・クアラルンプールがあるマレー半島と、人気観光スポットのサラワク州があるボルネオ島では、使用されている言語が違い、ツールやアプリなどの自動翻訳では対応しきれません。

また、マレーシアは多民族国家であることから、言語に関する情報が不十分なため、翻訳データの蓄積が乏しく、自動翻訳の精度がまだ上がっていないことも機械翻訳を使うべきではない理由の1つです。

機械翻訳は、使うシーンによっては活用することも可能です。下記の記事では機械翻訳のメリット・デメリットに合わせて、上手な活用方法を解説しています。ぜひご覧ください。

マレー語はプロの翻訳者・翻訳会社に依頼するのが必須

上記で解説した通り、マレー語の機械翻訳は正確さに欠ける点が残っているため、プロの翻訳者・翻訳会社に依頼することが最適解です。

また、翻訳者によってマレーシアのどの地方で使われている言語の翻訳が可能なのか、どの地方の文化・習慣に知識を持っているのかなどを事前に確認する必要があります。

現地企業との信頼関係を築き上げるために、正確かつ円滑に意思疎通を図ることは非常に大切です。

マレー語翻訳と言っても地域によって使用される言語が違う以上、多くの翻訳者が集まる翻訳会社の方が柔軟に対応してくれることが多いです。

依頼分野・翻訳言語に合わせて対応可能なのかを事前に確認しておきましょう!

マレーシア語翻訳を依頼した際の料金相場

マレー語翻訳の料金相場は下記の通りです。

翻訳内容日本語→マレー語マレー語→日本語
一般文書(手紙やメールなど)9〜10円11〜16円
契約書・特許などの証明書12〜13円14〜20円
専門的文書15〜16円18〜22円
価格は1文字あたりの単価

マレー語だけではなく、あらゆる言語で翻訳料金は3つのポイントを軸に設定されています。

翻訳料金を決めるポイント
  • 原稿量
  • 納期
  • 依頼内容の分野

原稿量による料金の変動

原稿(原文)の文字量に「文字単価」「単語単価」を合わせて料金目安が決まります。

日本語→マレー語の場合は翻訳前(原文)の文字数になり、マレー語→日本語の場合は翻訳後の単語数になる。といった計算方法が一般的です。

納期による料金の変動

翻訳料金は、納期によって料金が変動するのが一般的です。

依頼した際は基本的に翻訳者1人が翻訳作業を行います。1人でできる作業量には限度があるため、納期が短い場合は翻訳者の人数を増やしたりなど、通常よりも料金が高くなります。

「すぐに翻訳をしなければいけない!」というケースもビジネスシーンでは日常茶飯事ですが、出来るだけコストを抑えたいと考えている場合は、納期に余裕を持って依頼することをおすすめします。

依頼内容の分野による料金の変動

翻訳文の量・納期とは別に「依頼内容の分野」によって翻訳料金が変わることも理解しておきましょう。

分野によっては翻訳難易度が高くなることもあり、医療や情報、法律分野など、あらゆる分野がある中で依頼内容によっては翻訳会社が出している料金よりも高くなることもあります。

また、分野だけではなく翻訳する文書の専門性によっても料金は変動することも珍しくないです。

論文などの専門性の高い翻訳は、料金が高い傾向です。中には分野・専門性によって依頼を受け付けられない翻訳会社もあるので依頼前に必ず確認しておきましょう。

マレー語の翻訳依頼はOCiETeがおすすめ!

マレー語の翻訳依頼はOCiETeがおすすめです。

OCiETeでは、1000名以上の翻訳者の中から「マレー語」と「依頼分野(内容)」に合わせて、言語・分野ともに精通している翻訳者へ依頼することができます。

また、オンライン通訳サービスも依頼が可能で、契約書などの翻訳だけではなく「商談」「打ち合わせ」といった通訳が必要なシーンでも一括して依頼することができます。

ここからはOCiETeのオンライン翻訳サービスの特徴についてさらに詳しく解説します!

OCiETe翻訳の特徴

OCiETe翻訳はビジネスシーンで利用しやすく、高いコストパフォーマンスで質の高い翻訳をすることが可能です。

翻訳を求められる業界・分野は多岐にわたりますが、OCiETeには1,000名以上のそれぞれの専門性に特化した翻訳者が登録しています。

OCiETeは、様々な業界の専門知識を持つ翻訳者が多数登録しています。また、一人一人と面談を実施し、得意分野や実績を確認しているため、質の高い翻訳者へ依頼することができることが特徴です。

翻訳者データベースから、業界・分野・実績・翻訳の種類などから翻訳を依頼することが可能です。

また、依頼から翻訳物の納品まで、全て工程が「オンライン」となっています。24時間どこからでも依頼ができ、地方を拠点とする企業様でもお気軽に利用していただくことが可能です。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスの使い方

OCiETeのオンライン翻訳サービスは、依頼からご納品まで4つのステップがあります。翻訳サービスの利用方法は以下のような流れです。

ご利用の流れ

  1. 専用フォームからお問合せ
    専用フォームより、翻訳物の種類や言語をご記入の上お問合せください。
    併せて翻訳の利用用途やボリュームなどをご記入いただくとスムーズにお見積りをお出しできます。(翻訳問合せフォームはこちら
  2. お見積り・翻訳者のご紹介
    お見積りと翻訳者のご紹介をOCiETeからお伝えします。
  3. 発注・翻訳業務開始
    ご発注後に、翻訳業務が開始。第一段階の翻訳が完了後にダブルチェックを行います。ダブルチェックは無料です。
  4. ご納品
    メールにて翻訳物をご納品させていただきます。
    お戻し修正がある場合は3営業日以内にご連絡ください。

翻訳の対応範囲

OCiETeのオンライン翻訳サービスで対応している範囲は下記のものです。

  • Webサイト(コーポレートサイト・サービスサイト・ランディングページなど)
  • ビジネス文章(法務契約書・IR・プレスリリースなど)
  • 印刷物・DTP(論文研究レポート・製品、サービスカタログパンフレット・取扱説明書、マニュアルなど)
  • 動画、映像(字幕・ゲーム・アニメ・CMなど)
  • 営業資料(企画書・プレゼンテーション資料・ニュースメディアなど)
  • マーケティング(広告・SNS用投稿文・ニュースメディアなど)

上記の対応範囲の中で、IT分野や通信、金融など幅広い業界・分野に対応しています。
まずは相談だけでも問題ありませんので、お気軽にお問い合わせください。

OCiETeのオンライン翻訳で対応している言語

OCiETeでは英語や中国語などのメジャー言語はもちろん、ヨーロッパやアフリカ、アジア系のマイナー言語にも幅広く対応しています。

例えば中国語の翻訳依頼では、簡体字・繁体字のどちらの翻訳でも可能です!

上記でお伝えした対応範囲の中で、あらゆる言語に対応しています。

OCiETeのオンライン翻訳サービスの利用を検討している方に向けて、実際に利用した企業様の導入事例も公開しています。

サービスを利用したからこそ得られる効果など、利用前の課題解決など参考になるポイントが多いので、ぜひご覧ください。

まとめ

この記事では、マレー語翻訳の難易度、依頼時のポイントなどについて解説しました。

学びやすい言語と言われている中でも、実際のビジネスシーンでは専門用語や表現に気をつけるべきで簡単ではありません。

海外進出を狙う企業にとって、現地企業との信頼関係は必ず良好な状態にしておく必要があります。文書が読みにくい、理解できないといった初歩的な部分で信用を失うと、ビジネスも円滑に進められない可能性も高くなります。

ビジネスでマレー語の翻訳が必要になれば、機械(自動)翻訳などではなく、必ずプロ翻訳者に依頼すべきです。

OCiETeのオンライン翻訳サービスであれば、マレー語はもちろん、依頼分野に精通した翻訳者が多く登録しています。

また、OCiETeは1時間〜依頼ができるオンライン通訳サービスもご用意しています。契約書などの文書翻訳、Webサイト翻訳だけではなく、現地企業との商談・会議でもマレー語通訳の依頼が可能です。

OCiETeでは、マレー語翻訳だけではなく、1時間〜依頼ができるオンライン通訳の依頼も受け付けております。マレーシア企業との会議や商談で通訳が必要な方は、お気軽にお問い合わせください!

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。