セミナー・研修の通訳を依頼するポイントとオシエテの対応料金

セミナー・研修の通訳を依頼するポイントとオシエテの対応料金

セミナー・研修の通訳

最近では“ウェビナー”と呼ばれるオンラインセミナーが盛んに開催されるようになりました。では、こうしたオンラインセミナーで通訳が必要な場合は、どのように依頼すればよいのでしょうか。

セミナーでの通訳を依頼する際には、「セミナー通訳に求められるスキル」や「様々な通訳形式に対応できる通訳サービス」を事前に知っておくことが大切です。依頼したい内容に合わせたサービスを利用したほうが、コストパフォーマンスも高くなります。

ここでは、セミナー通訳を依頼する際に大切な、
・会社のセミナーや研修での通訳とは
・セミナー・研修での通訳ならオンライン通訳がお得
・オンライン通訳の料金
・オンライン通訳依頼から当日までのながれ
・オンライン通訳依頼時の注意点

について解説します。

今回の記事を読めば、セミナーでの通訳が必要になった時、どうすれば最適な通訳会社に依頼できるかのポイントを知ることができます。ぜひ、最後までお読みください。

会社のセミナーや研修での通訳とは

ビジネスや官公庁・教育期間など、各地では様々なセミナーが日々行なわれています。新しい商品やサービスの紹介・ビジネス講演会・学術研究関連・技術やノウハウを学ぶ勉強会、社内研修など、その種類は多種多様です。

また、グローバル化が進む昨今では、国際セミナーや海外のゲストや講師を招く勉強会や海外から来日した外国人スタッフの研修会など、通訳が必要とシーンが増えてきました。オンラインツールの普及に伴い、海外のゲストが参加しやすくなった背景もあり、セミナーにおける通訳のニーズは高まっています。

セミナーや研修の通訳に求められるスキル

セミナーや研修における通訳は、プログラムや研修会の内容に合わせて的確に通訳を行なうスキルが求められます。参加者が正しく内容を理解するための言語スキルはもちろん、IT・金融・医療といった、専門性が高い分野でも問題なく通訳できるハイレベルな翻訳スタッフが求められることが、セミナー通訳の特徴です。

また、昨今増えているオンラインセミナーでは、ツールの機能や通信環境などを理解して操作できるITリテラシーも必須と言えます。

通訳形式も重要

通訳は、主に3種類の方法があります。

■発言者の話を聞きながら、ほぼリアルタイムで通訳する「同時通訳」
■発言者がいくつかの文章を話した後、数文をまとめて通訳する「逐次通訳」
■通訳者が聞き手の側で通訳内容を小声で伝える「ウィスパリング通訳」

これらの通訳方法は、それぞれに活用シーンが異なることが特徴です。

同時通訳の場合は、多くの方が参加する大きなセミナー向きで、逐次通訳は同時通訳と比べて通訳ペースがゆっくりのため、正確かつ慎重に通訳したい時にそれぞれピッタリです。

また、ウィスパリング通訳の場合は通訳者が常に聞き手の側にいるため、小規模なセミナーに向いています。

セミナー・研修での通訳ならオンライン通訳がお得

様々な方法があるセミナー・研修時の通訳には、通訳する言語のスキルはもちろん、専門性の高い内容に対応できる理解力が求められます。そんなハイレベルな翻訳スタッフが数多く登録するオシエテの通訳サービスは、契約・打ち合わせ・通訳時となど、すべてのフローをオンラインで完結できる利便性の高さが魅力です。

現在30ヶ国語に対応するなど、多言語対応の通訳も可能なオシエテの通訳サービスの強みや魅力について、ここから紹介します。

オンライン通訳の利便性

オシエテが運営する通訳サービスは、契約から通訳業務までのすべてをオンラインで完結します。そのため、通訳スタッフは、事前打ち合わせ時やセミナー当日の会場への移動は不要です。

オンラインでの打ち合わせを含め、通訳スタッフとのコミュニケーションも適宜行なえますし、オンラインツールを利用できるWeb環境さえあれば、国内外どこにいても通訳サービスを利用できます。例えば、海外のセミナーで、現地の通訳スタッフを探すことなく、国内居住のスタッフをアサイン可能です。

オシエテの通訳者はスキルの高い精鋭ぞろい

常時100名以上が稼働するオシエテの通訳スタッフは、全員が事前の厳しいスキルチェックを通過した、高いスキルを持つプロフェッショナルなメンバー揃いです。

そんな頼もしいメンバーにセミナー通訳を依頼する際には、スタッフの自己紹介やスキルを確認できる自己紹介動画をチェック可能。ミスマッチなく適切にマッチングできる仕組みを通して、クオリティの高い通訳を実現できます。

また、適切なメンバー選びが難しい場合は、運営スタッフがマッチングのサポートを行なっているので、不安な方も相談しやすい点が心強いサービスです。

多言語化通訳の対応も可能

ネイティブスピーカーや複数の言語を通訳可能な方など、オシエテの通訳サービスには多言語対応が可能な通訳スタッフが登録しています。

対応言語は、

◆英語
◆中国語(簡体字・繁体字)
◆韓国語
◆ベトナム語
◆タイ語
◆モンゴル語
◆フランス語
◆スペイン語
◆ドイツ語
◆イタリア語
◆スウェーデン語
◆デンマーク
◆チェコ語
◆ポルトガル語
◆フィンランド語
◆スロベニア語
◆ロシア語

など、現在30言語に対応しており、様々な言語のセミナー通訳に依頼可能です。

あわせて読みたい
→オンライン通訳の特徴と「OCiETe(オシエテ)」の紹介

オンライン通訳の料金

通訳にかかる料金は、スタッフにより異なります。例えば…

◆【10000円/h】30代男性/母国語:英語+日本語対応が可能/製薬・医学・医療・金融・会計・監査・IR・通信業界対応可能
◆【20000円/h】20代女性/母国語:英語+中国語・台湾語対応が可能/貿易・契約(3年)・食品・投資(2年)

と、スキルや経験により異なります。

また、移動時にかかる交通費は原則かからず、通訳スタッフにかかる費用は時間給のみで、依頼は1時間から契約可能です。効率的にサービスを利用できるオンライン通訳なら、高いコストパフォーマンスで通訳サービスを利用できます。

オンライン通訳依頼から当日までのながれ

まずは、30秒で行なえる無料会員登録からスタートです。簡単に進められる会員登録後には、登録中の通訳スタッフを検索してアプローチすることも可能ですし、応募案件案内ページを作成してスタッフを募集することも可能です。

その後、翻訳スタッフの候補とオンラインで事前打ち合わせを行ない、セミナーや研修のイベント内容の趣旨や日程、時間単価などの条件を取り決めます。契約後は、セミナー当日の定刻より通訳がスタートです。

オンライン通訳依頼時の注意点

オシエテの通訳サービスを利用するために気をつけたいポイントは、安定したネット環境です。ビデオ通話ツールが問題なく使えるパソコンを用意したうえで、セミナー会場は安定した通信環境かどうかを事前に調べておくと良いでしょう。Wi-Fiは時に混線したり電波が不安定になったりする場合があるので、可能ならLANケーブルによる接続が好ましいです。

また、通訳スタッフが話す際に必要なヘッドセットや情報漏洩を防ぐためのセキュリティソフトも導入しておくと安心です。

※オシエテでは、三井住友海上と連携した情報漏洩保険を準備しています。

セミナー・研修の通訳を依頼するポイントとオシエテの対応料金まとめ

今回は、セミナーや企業研修の通訳を依頼する際に大切なポイントについて解説してきましたが、いかがでしょうか。

ここでのポイントは4つです。

・通訳には「同時通訳」「逐次通訳」「ウィスパリング通訳」などの様々な種類があり、シーンに合わせて依頼することが必要
・専門性の高さや多言語の通訳に対応できる通訳サービスを選べば安心
・オンライン通訳サービスは利用しやすく、費用面でもリーズナブル
・安定した通信環境かどうかを事前チェックして、当日に備える

セミナーでの通訳ご検討される場合は、専門性の高い翻訳スペシャリストも常時活躍中の「OCiETe(オシエテ)」をぜひ利用してみてください。

30秒でできる「無料会員登録」で、あなたにぴったりのオンライン通訳者を検索してみてください。

通訳カテゴリの最新記事