お役立ち資料 無料配布中!

韓国語通訳の料金相場と良い通訳を利用する方法

良い韓国語通訳を利用するには料金相場と依頼する方法を知ること

韓国語の通訳が必要になったとき、やはり気になるのは依頼したときにかかる料金です。
韓国語通訳の料金は、相場を把握し、ビジネスシーンにあう最適なスキルをもった通訳に依頼をしなければ良い結果につながらないこともあるので注意が必要です。

ここでは
・韓国語通訳の料金が決まるしくみ
・韓国語通訳を依頼した際の料金算出方法
・韓国語通訳を依頼した際の実際かかる料金相場
・通訳を依頼する際のおさえておくべきポイント
・オシエテの韓国語通訳では、通訳者の能力を可視化
・韓国語の通訳を依頼するうえでよくあるご質問FAQ
・韓国語通訳の料金相場と良い通訳を利用する方法まとめ

について解説します。

これを読むことで通訳にかかる料金の内訳がわかり、相場にあった適正な価格でスキルの高い韓国語の通訳を依頼することができるので、ぜひ最後までご覧ください。

韓国語通訳の料金が決まるしくみ

韓国語の通訳に限らず、基本的に通訳の料金は、下記内容で構成されています。

1. 通訳をおこなう内容の専門性や難易度
2. 通訳者のレベル(通訳の経験年数や過去の実績から設定)
3. 通訳を行う形式(同時通訳、ウィスパリング、逐次通訳)
4. 通訳を行うのに必要な事前打ち合わせにかかった時間
5. 通訳を行う場所への移動にかかった時間
6. 通訳が移動や出張でかかった交通費や宿泊費
7. 通訳方法により必要な機材(受信機やマイクなどの各種機材)

たとえば通訳をおこなう内容が医療や法律といった専門用語の知識も必要である場合は、その難易度の高さから料金も高額になりますし、対応できる韓国語の通訳も限定されます。

韓国語通訳を依頼した際の料金算出方法

現場に直接きてもらい韓国語の通訳を行う派遣型通訳と、パソコンやタブレットを通してオンラインで通訳をおこなうオンライン通訳では、料金の算出方法が異なります。

一般的な韓国語の派遣通訳の場合

韓国語の通訳に現場まで直接来てもらう派遣通訳の場合、

1. 通訳をおこなう内容の専門性や難易度
2. 通訳者のレベル(通訳の経験年数や過去の実績から設定)
3. 通訳を行う形式(同時通訳、ウィスパリング、逐次通訳)
4. 通訳を行うのに必要な事前打ち合わせにかかった時間
5. 通訳を行う場所への移動にかかった時間
6. 通訳が移動や出張でかかった交通費や宿泊費

の6項目が必ず料金に加算されます。
そのため、韓国語の通訳料金を確認した際、想定よりもかなり高額になる場合があります。

また、講演会やシンポジウムなど多数の聴衆を相手におこなう通訳の場合には、同時通訳という方法をとります。
この場合、

7. 通訳方法により必要な機材(受信機やマイクなどの各種機材)

の各種機材の準備も必要となり、その料金も加算されます。

オシエテの韓国語オンライン通訳の場合

派遣型通訳とは違い、パソコンやタブレットなどを使ったオンライン通訳の場合は、現場への移動が必要ないため料金の内訳はシンプルです。

そのため、基本的に発生するのは、下記4項目のみです。

1. 通訳をおこなう内容の専門性や難易度
2. 通訳者のレベル(通訳の経験年数や過去の実績から設定)
3. 通訳を行う形式(同時通訳、ウィスパリング、逐次通訳)
4. 通訳を行うのに必要な事前打ち合わせにかかった時間

つまり、オンライン通訳は、派遣型の通訳より安い料金で利用できるメリットがあります。

韓国語通訳を依頼した際の実際かかる料金相場

上記の項目をもとに、韓国語の派遣型通訳を依頼した場合の料金相場と、オンライン通訳サービス「「OCiETe(オシエテ)」を利用した場合の料金について確認しましょう。

派遣通訳は半日または一日単位での依頼しかできない場合が多い

派遣型の韓国語通訳は、半日または一日単位での通訳依頼しか請けていない会社が多いのが現状です。
それは、通訳を実際におこなう時間のみならず、移動や打ち合わせなどの時間も料金に加算されるためです。

下記は各派遣型の通訳会社が提示している【通訳のランク+通訳形式+拘束時間】について合算した基本の料金相場です。
ただ、実際の見積もりにはこのほかに交通費などの諸経費が加算されるので注意しましょう。

■【通訳難易度:★★★★★】
会議・商談:半日拘束(4時間)の場合
通訳形式:ウィスパリング通訳
料金相場:4万円~5.5万円

■【通訳難易度:★★★★☆】
会議・商談・研修:1日拘束(8時間)の場合
通訳形式:逐次通訳
料金相場:3.5万円~5.5万円

■【通訳難易度:★★☆☆☆】
一般アテンド・送迎:半日拘束(4時間)の場合
通訳形式:逐次通訳
料金相場:1.5万円~2.5万円

オシエテのオンライン通訳は1時間単位で依頼でき相場より安い

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」は、1時間単位から依頼をすることができるため、派遣型通訳よりもかなり安い料金で依頼ができます。
また、料金体系もシンプルで、交通費などの諸経費がないため安心です。

料金例
例1:【言語】韓国語【業種】工場、設備、技術分野【通訳】逐次通訳【時給】4,000円~
例2:【言語】韓国語【業種】教育/建設/観光【通訳歴】12年【通訳】逐次通訳/商談通訳/会議通訳/アテンド通訳【時給】6,000円~
例3:【言語】韓国語【業種】技術/建築・建設/機械・電気【通訳歴】20年【通訳】逐次通訳/商談通訳/会議通訳/アテンド通訳【時給】10,000円~

通訳を依頼する際のおさえておくべきポイント

韓国語の通訳を依頼する際に、料金相場以外にもおさえておくべきポイントがあります。このポイントを意識して韓国語の通訳を選ぶことで、適正な料金で適切なスキルをもった通訳に依頼できます。

スキルをしっかりと見極めてビジネスシーンにあった通訳を依頼

韓国語の通訳を依頼する場合の料金相場は、通訳をおこなう内容の専門性や難易度、通訳者のレベルなどによって変わりますが、通訳会社によって通訳者のレベルの分け方は異なるため、高い料金を払ったからといって、利用したい現場に最適な通訳者であるとは限りません。

そのため、通訳を選ぶ際は特に下記項目について確認をし、対応してもらいたい通訳内容に適した通訳者がいるかどうかをチェックしましょう。

■どのような分野についての通訳をしてもらいたいか
通訳を行う内容が、例えば建築・建設分野に関する商談である場合は、その分野に関する知識をもっている通訳を利用するのがおすすめです。

韓国語の通訳が建築・建設分野特有の専門用語や知識をもっていることで、商談もよりスムーズに進み、誤訳などの可能性もなくなるため安心して依頼をすることができます。

■どのような方法で通訳をしてもらいたいか
通訳には、同時通訳、ウィスパリング、逐次通訳の3種類があります。
同時通訳とウィスパリングは、話者の話を聞きながら同時に通訳を行います。そのため、とても高度なスキルが必要な通訳方法で、料金も高額になります。

逐次通訳は、話者が発話したあとに通訳をおこなうため、他の通訳方法よりは難易度は下がります。ただし、通訳時間が2倍かかるので、高い集中力が必要です。

韓国語の通訳をどのような方法で行ってもらいたいか当日の会議や商談をスムーズに進めていくうえで重要なので、事前に相談をしましょう。

派遣通訳とオンライン通訳のどちらが適しているかを確認

はじめての海外での商談で不安が多かったり、現場の通信環境が整っていなかったりする場合は現場に来てもらう派遣型の韓国語通訳を依頼したほうが安心です。
しかし、特別現場にいてもらう必要もなく、通訳をしてもらえればどのようなかたちでも問題ないという場合は、オンライン通訳がおすすめです。

最近はオンライン会議が日常化し、直接顔を突き合わせなくてもスムーズな会議を成立させることができるようになりました。
オンラインでの通訳についてもタイムラグをほとんど感じることなく、お互いに顔を見ながら行えるため想像以上に違和感なくスムーズな韓国語の通訳をおこなうことができます。

そのうえ派遣型通訳と変わらない高いスキルをもった通訳を、派遣型通訳よりも安い料金で依頼できるため、ビジネスシーンにあわせて賢く使い分けることで、相場よりも安い料金で最適な韓国語の通訳を利用することができます。

オシエテの韓国語通訳では、通訳者の能力を可視化

もともとは第一線で働いていた通訳が、家庭の事情や環境の変化などで現場まで赴くことが求められる派遣通訳をおこなうことが難しくなり、そのスキルを存分に活かせないという課題がありました。OCiETe(オシエテ)はこの点に注目し、オンラインを活用することで移動などの拘束時間をなくし、スキルの高い通訳が短時間でも効率よく業務を行えるよう取り組みをした結果、レベルの高い通訳者を派遣通訳よりも大幅に安い料金で利用できるようになりました。

このため、「OCiETe(オシエテ)」は法人向けサービスとして、しっかりとしたスキルと経歴をもっているビジネス通訳者しか登録をしていません。

登録時には事前に厳しいチェックを行い、これまでの経歴や対応言語、資格の有無のほか、「状況把握能力(場の空気を読める人)」「柔軟性」「情報収集能力、調査力」「レスポンス」など、ビジネスを一緒に進めていくうえで欠かせない要素についても確認のうえ、通訳者のプロフィールで公開しています。

気になる通訳者がいた場合は、無料でオンライン面談をおこなうこともできるので、依頼したい案件に対して適任かどうかを確認してから発注をすることができます。
これにより、仕事のミスマッチが起こりにくく、派遣型よりの相場料金よりも安く、しかし高いスキルの韓国語の通訳を依頼することが可能となります。

韓国語の通訳を依頼するうえでよくあるご質問FAQ

韓国語の通訳を探しているお客様から、通訳を依頼するにあたりよくいただく質問をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン通訳を依頼する際に注意すべきことはあるか

オンライン通訳が唯一おこなえないのは、インターネットの接続環境が整っていない場所での通訳です。
オンライン通訳は、インターネット回線を利用して、パソコンやタブレットを用いてオンラインで通訳をおこなうため、インターネット回線がない場所や、たびたび途切れるなどの脆弱な環境では通訳をおこなうことができません。

依頼をする前に、必ずインターネット環境について確認をしてください。

良い通訳を見極めるにはどのような点に注意すればよいか

通訳とは、相手が発した言語をそのまま訳せばいいというものではありません。
訳し方は専門分野によって異なるため、その分野に精通していることがとても重要です。
また、その分野に精通していたとしても、その内容は現場ごとに異なるため、常に情報収集をおこたらず勉強をしている通訳であることが求められます。

韓国語の通訳を依頼する際には、どれだけ事前に情報収集をおこない当日の通訳に臨んでくれる通訳者であるかどうかもとても重要です。
これを見極めるのはとても難しいですが、必ず事前に打ち合わせをして、通訳をおこなってもらいたい内容について打ち合わせをすることで見えてくるものがあります。

打ち合わせをおこなう際、その分野についてどの程度の知識があるか、またそれを知ろうとする姿勢があるかどうかを見ることです。
その分野への理解が浅い、あるいはあまり理解ができていないのに確認をしてこないような通訳には依頼をしないよう注意しましょう。

韓国語通訳の料金相場と良い通訳を利用する方法まとめ

韓国語通訳の料金相場と良い通訳を利用する方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のポイントは、下記となります。

・韓国語通訳の料金は、通訳をおこなう分野の専門性や難易度、拘束時間や交通費といった経費の合算で組み立てられている
・韓国語の派遣通訳は、半日または1日単位での依頼が基本だが、オンライン通訳は短い時間からでも依頼ができるので、韓国語の一般的な通訳料金相場よりもかなり安い
・韓国語の通訳は、料金のみではなくスキルを見極めて、依頼したい分野や内容にあった通訳者を選ぶことが重要
・韓国語の派遣型通訳とオンライン通訳は、利用したいビジネスシーンにあわせて賢く使い分けるのがおすすめ
・「OCiETe(オシエテ)」は、法人向けに特化しスキルの高い通訳のみを登録しているが、オンラインを利用するため韓国語の料金相場よりも安い料金で通訳を利用できる
・オンライン通訳を利用する場合は、必ずインターネット環境が問題ないか確認すること

法人向けオンライン通訳サービス「OCiEte(オシエテ)」なら、料金は相場よりもかなり安くおさえつつ、高いパフォーマンスで通訳をおこなうビジネス通訳者が多数揃っています。
30秒でできる「無料会員登録」で、あなたにぴったりの韓国語通訳を検索してみてください。

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。