英語の通訳をネットで完結できるオンライン通訳のメリットとは

英語の通訳をネットで完結できるオンライン通訳のメリットとは

英語の通訳がネットで完結できるオンライン通訳がおすすめの理由

2020年は新型コロナウィルス感染症の流行もあり、オフィスに出勤しないテレワーク型の就業スタイルが一気に普及しました。英語の通訳においても人に会わずにネットで完結できる、ネットサービスを利用したオンライン通訳のニーズが一層高まってきています。

ここでは
・これまで主流だった派遣型の英語通訳とは
・英語の通訳がネットで完結できるオンライン通訳とは
・オシエテがネットで提供しているオンライン英語通訳サービス
・英語の通訳をネットで完結できるオンライン通訳のメリットとはまとめ

について解説します。

これを読むことで、オンライン通訳がおすすめのシーンやオンライン通訳専門のネットサービスを使用するメリットまで理解できますので、ぜひ最後までお読みください。

これまで主流だった派遣型の英語通訳とは

これまでの英語通訳と言えば、通訳が必要な際に通訳派遣会社に依頼することが一般的でした。通訳者は現場へ同行して通訳を行うため、依頼主は外国人担当者との折衝でも安心して発言することができます。

・自分は日本語の発言で良い
・相手が何を求めているのか正確に把握できる
・マナーや文化の面でもミスコミュニケーションをする心配がない

派遣型の英語通訳においては、これらに共通する「安心感」が最大のメリットだと言えます。
デメリットは、人を「派遣」する業務形態のため、見積りに移動費や滞在費などが上乗せされ、経費がかさみ易いという点です。

英語の通訳がネットで完結できるオンライン通訳とは

オンライン通訳とは、通訳者に直接会うことはなく、ネット上で通訳業務を行う通訳モデルです。
依頼時に必要なものはインターネット回線とパソコンまたはモバイル端末のみという手軽さで、必要な時間だけ業務を依頼することができます。

派遣型通訳の場合は半日(3~4時間)、全日(7~8時間)という2つの料金設定になっている場合がほとんどです。この場合、通訳業務が30分だったとしても半日料金が請求されますので、利用する時間分しか料金が発生しないオンライン通訳と比較すると料金は割高となります。

また、海外スタッフとのWeb会議や取引先とネット上での商談といった際には、利便性で考えてもオンライン通訳がベストです。
派遣型通訳は、通訳者がオフィスに来訪するので、このためだけに出勤をしたり、会議室の予約や資料の印刷など事前準備をしたりする必要があります。オンライン通訳の場合はこういった受け入れ準備も不要なため、仕事の効率を下げることがありません。

オシエテがネットで提供しているオンライン英語通訳サービス

最近では、クラウドソーシングや通訳派遣会社などでもオンラインの英語通訳を請け負うサービスが増えています。オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」はそれらと比べて何が違うのでしょうか。

クラウドソーシングは手軽なネットサービスである反面、通訳者の一方的な申告でしかスキルが判断できず、仕事の依頼には不安が残ります。
通訳派遣会社の場合、通訳者の質は高いというメリットはありますが、契約が書類ベースであったり、通訳者を自分で選べないので営業担当者とのやりとりに時間を費やしたりしなければいけない不便さもあります。

「OCiETe(オシエテ)」はオンライン通訳専門のネットサービスです。
そのため、依頼から業務完了までネットで完結できる仕組みや通訳者の質を高める取り組み、ニーズに合った料金体系などをご用意しています。

通訳の依頼から業務完了までのすべてオンラインで完結できる

「OCiETe(オシエテ)」は無料の会員登録を済ませていただくだけで、会員サイト上で通訳者を検索できる仕組みになっています。希望の英語通訳者を見つけたら、「オファーをする」ボタンを押すだけで英語通訳の依頼が可能です。

契約の最小単位は1時間で、通訳者ごとに設定されている時給を支払う形となります。サイトの利用料金はかからないため、とてもリーズナブルです。

英語の通訳とオンラインで事前面談や打ち合わせができるので安心

ネットでの業務依頼は人物像が見えづらく不安という方もいるでしょう。

「OCiETe(オシエテ)」は通訳者に会わないことによる不安を解消するため、通訳者の能力を見える化しています。

<「OCiETe(オシエテ)」で実施している通訳者の能力の見える化>
・通訳者ごとにプロフィールページを用意。得意分野、経験を見える化
・通訳者ごとに動画メッセージを用意。人となりを見える化
・担当した業務とクライアント評価を公開することで通訳者の仕事評価を見える化
・通訳登録時に面談を行い、ビジネスマナーをチェック。評価をプロフィールページで見える化

とはいえ、やはり実際に会って話さなければ不安が解消できないという声もあります。
「OCiETe(オシエテ)」では、通訳者に案件を依頼する前に、無料の面談を設定することが可能です。
通訳者の英語スキルや、依頼予定の業界に関する知識レベルなど気になる点はすべて本人と話すことができます。具体的な案件内容も伝えられるので、通訳者が案件に対応できそうかどうか、ご自身で判断することが可能です。

1時間から依頼できるので派遣型の通訳よりも圧倒的に安い

通訳の最低契約時間は1時間ですので、半日か全日かしか選ぶことができない派遣型通訳と比較すると大幅にコストを下げられることもメリットです。
ここで、「OCiETe(オシエテ)」に在籍している英語通訳者の参考料金をご紹介します。

【英語の通訳者料金例】
例1:【言語】英語【業種】機械/ソフトウェア/航空機【通訳】逐次通訳【時給】4,000円~
例2:【言語】英語【業種】法務/ビジネス・マーケティング/心理学・コミュニケーション・教育【通訳】逐次通訳/同時通訳/商談通訳/会議通訳/アテンド通訳/法廷通訳【時給】6,000円~
例3:【言語】英語【業種】製造業/マーケティング/流通/海外事業全般(事業戦略、拠点設立、他社提携・合弁、経営会議他)【通訳】逐次通訳/商談通訳/会議通訳/アテンド通訳【時給】10,000円~

通訳者によって、専門とする業種やスキルが異なるので、依頼内容にあった人材を見つけることが可能です。

通訳者はすべてスキル面談をして合格したビジネス通訳者のみ採用

「OCiETe(オシエテ)は、英語通訳者の登録時に独自のスキルチェックを実施しています。一定の基準を満たした人材だけが登録されているため、通訳者のスキルにムラがなく、通訳レベルを保つことを実現しています。同時にビジネスマナーの確認も行っており、その評価はプロフィールページにて確認できるようになっています。

このように選りすぐりの通訳者に業務を依頼できるので、ネット上での依頼でも品質の心配がありません。

英語の通訳をネットで完結できるオンライン通訳のメリットとはまとめ

英語の通訳をネットで完結できるオンライン通訳のメリットとはについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のポイントは下記となります。

・派遣型通訳の最大の強みは頼りになる「安心感」で難点は高額になりやすい「料金」
・派遣型通訳は半日か全日という料金プランになっており、短時間の利用に不向き
・Web会議やWeb商談では派遣型通訳よりもネットで英語の通訳を利用できるオンライン通訳の方が利便性が良い
・「OCiETe(オシエテ)」は低価格でありながら通訳者のスキル担保に力を入れているので安心して利用できる

在宅勤務の普及によってますます注目が高まるオンライン通訳。ネットで完結するオンライン通訳は価格だけでなく、海外とのWeb会議にも便利なネットサービスです。
まずは、30秒でできる「無料会員登録」で、英語のオンライン通訳者を検索してみてください。

英語通訳カテゴリの最新記事