英語翻訳のチェックはどのように行われているのか?

英語翻訳のチェックはどのように行われているのか?

英語翻訳のチェックはとても重要な理由

英語の翻訳を依頼した際、納品物が正しい内容で翻訳されているかについて必ず翻訳チェックをしたものが納品されます。
では具体的に英語の翻訳チェックとは、誰がどのようにおこなうのでしょうか。

ここでは
・英語翻訳のチェックの目的
・英語翻訳のチェックとは何をするのか
・英語翻訳チェックのコツとは
・オシエテの英語翻訳サービス
・英語翻訳のチェックはどのように行われているのか?まとめ

について解説します。

これを読むことで、英語の翻訳チェックはどのような工程をふみ、何をチェックしているのかがよくわかり、安心して英語の翻訳を依頼することができるので参考にしてください。

英語翻訳のチェックの目的

英語の翻訳を行った際、必ずいくつかの視点でチェックをおこない、納品物の品質を担保します。
チェックの目的は、大きく分けると二つです。

・翻訳した文章の質が問題ないか
・用語やスタイルガイドなどのルールが順守されているか

内容や料金により、翻訳者のみが翻訳チェックまでを行い完結することもあれば、翻訳者とは別の校正担当者が翻訳チェックを行う場合もあります。

分量にもよりますが、翻訳者のみで完結するよりも、第三者である校正担当のチェックが入った方がより正確にチェックを行える場合もあるので、案件を依頼する際は料金とあわせて確認をしましょう。

英語翻訳のチェックとは何をするのか

翻訳を終えた後におこなう翻訳チェックは、以下のような項目をチェックしていきます。

・元の文章からの訳忘れがないか
・誤った訳がないか
・用語が順守されているか
・スタイルガイドのルールが順守されているか
・スペルミスやタイポミスがないか
・文法に誤りがないか
・数値や略語が正しく訳されているか
・読み手にとって読みやすい文章になっているか

チェックを行う方法は通訳者によりさまざまですが、誤字脱字などのチェックは簡易ツールを利用して機械的に実施することで時間を短縮するなど工夫できますが、読み手にとっての読みやすさなどは人の目でしっかりと確認を行うことが重要です。

翻訳チェックをおこなわないと大変なことになる

英語の翻訳をおこなったら、納品する前の翻訳チェックは必須です。
仕上げた翻訳がチェックなしに100%完璧な状態で仕上がることはありません。
翻訳を依頼すると翻訳チェックの料金も含まれているため高く感じるかもしれませんが、より正確な納品物を期待するのであれば、翻訳チェックは省くことができない大切な工程です。

特に契約書など誤った訳により違う解釈をされ、問題が起きた時に会社にとって大きな損害を生む事態になりかねません。
このような事態を避けるためにも、翻訳チェックの工程を適当に実施する翻訳会社や翻訳者には依頼するべきではありません。

例えば誤字脱字のチェックは、ツールを利用すれば機械的に実施できるため見落とすことがありません。
もしも納品された翻訳内容に誤字などがある場合、こういった工程をしっかりと行っていない翻訳会社ということになるので、次から依頼をするのは避けるべきです。

英語翻訳チェックのコツとは

英語の翻訳チェックを行う上で大切なことがあります。
それは、チェックを行う際に脳を使ってしっかりと考えながらおこなわなければいけないチェックと、機械的に行える単純作業的なチェックは別々に行う必要があるということです。

単純作業でおこなえるチェック作業は、ある程度やりなれてくると身体がその方法を記憶しているため気づくと流れ作業のように進めてしまっていることがあります。
考えながらチェックをしなければいけない読みやすさのチェックや、誤訳や訳忘れのチェックを同時に進めてしまうと、脳の切り替えがスムーズにいかず、見落としをしてしまいます。

そのため、脳を使うチェックの時間→単純チェックの時間といった具体に、作業内容を切り替えて実施することで、より誤りのない翻訳チェックをおこなうことができます。

オシエテの英語翻訳サービス

オシエテの翻訳サービスは、ホームページに特化した月額3万円から使い放題のサブスクリプションサービスです。
自社のホームページを他国語展開したいけれど、どこに頼めばいいのか迷っている方や、なるべく簡単に安く対応できる所にお願いしたいという方には最適です。
言語も英語だけではなく、中国語や韓国語など全部で30言語対応していますので、多国語対応したい場合にも便利です。
また、24時間以内に納品してほしいなどのご要望にもお応えできるので、お急ぎの場合でもぜひご相談ください。

オシエテは英語翻訳のチェックも万全

オシエテの英語翻訳も、翻訳を行った後、納品物に誤りがないようしっかりと翻訳チェックをおこなってから納品しています。
ビジネス翻訳に精通した翻訳者が対応をしているので、納品物の品質も安心です。

オシエテは翻訳者のスキルや実績、信頼性を可視化

オシエテの翻訳者は、厳しい審査を通過した者のみが登録されています。
英語の翻訳依頼をうけたら、過去の実績や、経験業種などにあわせて最適な翻訳者を選定して依頼をおこなうため、スキルのミスマッチも起こりにくく、安心してお任せいただけます。

あわせて読みたい
定額制でWEBサイトの翻訳依頼し放題!なんと月額30,000円~!

英語翻訳のチェックはどのように行われているのか?まとめ

英語翻訳のチェックはどのように行われているのか?について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

今回のポイントは以下です。

・英語の翻訳チェックは、主に「翻訳した文章の質が問題ないか」と「用語やスタイルガイドなどのルールが順守されているか」について確認をするためにおこなう
・英語の翻訳チェックは、納品物の品質を担保するために、8項目以上の内容について細かくチェックしている
・英語の翻訳チェックを行う際は、機械的に行える単純作業のチェックと、考えながら行う必要のあるチェックを分けて行うのがミスをさける上で大切
・「OCiETe(オシエテ)」はホームページの翻訳サブスクリプションサービスを展開しており、ビジネス翻訳のエキスパートが翻訳チェックまでしっかりと実施しているので安心

英語の翻訳チェックは、内容の難易度が高かったり、長文だったりすればするほど細かいチェックが必要となるので、料金も上がります。
しかし重要な文書であればあるほど、翻訳チェックは大切です。

もしもホームページの翻訳をご希望の場合は、スピードとクオリティと利便性のすべてを兼ね備えた「OCiETe(オシエテ)」の翻訳サブスクリプションサービスをぜひご利用ください。

気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら

通訳の種類カテゴリの最新記事