お役立ち資料 無料配布中!

ネパール語⇆日本語の通訳依頼はOCiETeがおすすめ!

中国・インドの2大国の間にあるネパールでは、物流や製造など地理的に重要な拠点となっています。また、人件費も近隣国に比べて廉価であることも特徴的で、労働人口も若年世代が半数を占めているなど、今後の発展が期待されている国の1つです。

そんなネパールへのビジネス展開を実施している企業や今後検討している方にとって、ネパール語の通訳は外せません。

英語や中国語などに比べるとマイナー言語であるネパール語は通訳者数も多くないので、ネパール語が話せるというだけで依頼しようと考えている方は多いのではないでしょうか?

ここで注意すべきなのは、単に言語スキルだけでビジネスシーンの通訳者を選ぶのは危険という点です。

この記事では、ネパール語通訳を依頼すべき通訳者・通訳会社の特徴や依頼前の注意点・ポイントなどを解説しています。

これを読めばビジネス通訳に適した通訳の条件がわかり、通訳者・通訳会社が選びやすくなることでよりビジネスを円滑に進められることができます。ぜひ最後までご覧ください。

ネパール語の特徴

ネパール語は、ネパール連邦民主共和国で公用語として採用されており、話者数は約1,600万人です。ネパールだけではなく、ブータンやインドの一部でも話されています。

ネパール語の文法は日本語の語順が同じで、主語→目的語→述語の順で文が形成されています。

また、人称による動詞の語尾が変化するなど、仏教とヒンドゥー教が合わさった国の文化のため、英語などとは違い尊敬語があるのも特徴の一つです。

ネパール語通訳を依頼する前に知っておきたい大切なポイント

オンライン通訳 注意点

ネパール語通訳が必要になった際、依頼内容とどんな通訳者に依頼するのかを明確にしておく必要があります。

通訳業務が始まる前に、何を目的に通訳依頼するのか、予算はどれくらい必要なのかなど、事前準備をしっかりと整えることで、より効率良くビジネスを進めることができます。

ネパールの商習慣・文化に関する知識を持った通訳者に依頼する

海外でのビジネスは国によって商習慣・文化の違いを把握した上で、商談や会議を行わなければいけません。

ネパールでは、助け合いの精神が強くマナーを守ることが大切と言われており、遠慮深い性格や礼儀正しい関係性を重要視するネパール人は日本人と似るところがあります。

相手が遠慮深い性格だからといって、交渉時にガツガツした態度を取ると、マナーがなっていないと判断され、交渉決裂が起きることも。

つまり、ネパール語が堪能なだけではなく相手(ネパール人)に合わせて、ビジネスを進めることが大事だということです。

言語スキルだけではなく、ネパールの文化やネパール人の性格、ビジネスにおける現地の商習慣を理解している通訳者に依頼することがベストです。

通訳業務が必要なシーン・ケースをあらかじめ明確にしておく

ネパール語通訳の依頼時で次に大切になるのは、どのシーンで通訳が必要になるのかを整理しておくことです。

商談で通訳が必要なのか、現地視察時のコミュニケーションを図るために通訳が必要なのか、日本で働くネパール人への通訳が必要なのか。など、通訳シーンによって通訳者に求めるべきスキルが変わります

例えば工場視察や製造交渉などは、製造分野に強い通訳者、研修などで通訳が必要になる場合は、研修内容の知識がある通訳者など、上記でもお伝えした通りネパール語スキル+各分野に精通した通訳者へ依頼することで、通訳の質も向上します。

また、依頼内容によって通訳費用にも差が出てくるので、依頼する通訳者・依頼予算などを明確にしておくことで、スムーズに予算設定や通訳実施まで進めることが可能です。

ネパール語通訳が必要になるビジネスシーン例

同時通訳の事前準備

グローバルビジネスで通訳が必要になるシーン・ケースはさまざまありますが、ビジネス通訳がよく利用される例を紹介します。

契約や条件交渉などの商談

ネパールとの輸入・輸出に対して、どれくらいのコストで製造ができるか、種類や数の変更など、契約締結や条件交渉の場には、必ずプロのネパール語通訳者を同席してもらうことを忘れてはいけません。

商談や交渉は、ストレートな意味だけではなく前後の会話で出るニュアンスを含めた意味もしっかりと意思疎通する必要があります

ネパール語通訳者を会議の場に同席してもらい、お互いの要望を伝えて交渉を進めていきましょう。

日本在留のネパール人スタッフへの研修

日本で働くネパール人は、※2021年時点で日本在留者は約10万人まで増えています。

人材資産として外国人を雇用する日本企業は増え続け、ネパール人を雇用対象とする企業も少なくありません。しかし、日本で働く以上は日本語が主流になります。

管理者がネパール語や英語を使えないというケースも珍しくないので、ここで通訳者を入れることで、伝えたい内容・意識してほしい動きなどのポイントを確実に伝えることができます。

日本語やネパール語でのコミュニケーションが頻繁に行われないというケースでも、要所で伝えるべきポイントは少なからずあるでしょう。普段は無料の通訳アプリなどでコミュニケーションを図り、大事な場面ではプロ通訳者に入ってもらうなども一つの選択肢です!

※参照:「外国人雇用状況」届出状況|厚生労働省

ネパール語通訳の料金相場

ネパール語通訳を依頼する際の料金相場として【37,000円~40,000円(税抜)/半日】となっています。

これはあくまで一般的に使われるネパール語通訳の料金目安です。依頼内容の専門性によって料金は変動し、交通・滞在費が必要な場合は別途料金が発生します。

ここで注意すべきなのは、会議で通訳が必要になり稼働時間が1時間~2時間であっても「最低半日料金の料金がかかる」ということです。

一般的な通訳派遣会社は半日単位・1日単位で通訳料金を換算することが多いです。

短時間での利用を検討している場合は、一回の依頼でどれくらいの料金なのか、どんな見積もりなのかを事前に確認しましょう。

ネパール語のビジネス通訳を依頼するならOCiETeがおすすめ!

法人向けオンライン通訳サービスOCiETeでは、各分野に精通したプロ通訳者が1000名以上登録しており、クオリティの高いビジネス通訳サービスを提供しています。

また、1時間~の依頼が可能で使った分だけの通訳料金しか発生しないため、コスト面でも安心して利用することができます

ネパール語通訳におすすめなオンライン通訳サービスOCiETeの特徴を下記から詳しく解説します。

法人向けオンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」について

「OCiETe(オシエテ)」は、契約から発注、業務終了までのすべてをオンラインで完結できる、法人向けのオンライン通訳サービスです。

短時間の通訳案件から、長期間の案件まで、ビジネスシーンで通訳が必要となるケースにおいて柔軟に対応できる体制をOCiETeは整えています。

オンライン通訳のご利用を検討している方は、ぜひ下記から紹介するOCiETeの特徴をご覧ください。

業界最大級の登録数!ハイレベルな通訳者とベストマッチングが可能

オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」には、様々な分野の業界で通訳を経験されてきたスキルやビジネス経験値も高い1,000名以上の通訳者が登録をしています。

契約前にすべての通訳者情報の自己紹介動画やスキルなどのプロフィールを確認することができます。また、ミスマッチを防ぐため、お仕事を依頼される前に事前面談ができる「お試し面談」機能もあるため、ご要望に沿ったベストマッチの通訳者を探すことができるので、安心して依頼をすることが可能です。

さらに オンライン通訳サービス「OCiETe(オシエテ)」ではご希望があればマッチングサポートも行っているので、不安がある方はご相談いただけます。

OCiETeでは、通訳者の紹介はもちろん、依頼主様から「通訳者を探せる・直接依頼できる」プラットフォームもございます。
通訳者の各ページで、スキルや専門分野、料金など明確に記載されているので、ぜひご活用ください!

ビジネスパートナーとしても!専門コーディネーターのサポートがとにかく手厚い

海外企業との商談や打ち合わせなどのコミュニケーションを図っていく上では、通訳者を探す業務や、スケジュール調整など、担当者の負担は大きくなりがちです。

その負担を軽減できるように、通訳専門コーディネーターのサポートがOCiETeにはあります。依頼前の通訳者選定から通訳者の確保まで、通訳が必要となるシーンで全てのサポートを行うことにより、より効率的に業務を進められることが可能です。

負担がかかるがゆえに出るミスを避けるためのリスクヘッジ、プロの通訳者に出会えて海外企業とのコミュニケーションを円滑にできるだけでなく、社内の人員的稼働も効率化できます。

通訳サービスとしてだけではなく、通訳会社の新しい形となる「ビジネスパートナー」としてOCiETeのご利用を検討してみてください。

1時間〜の依頼が可能!大幅な料金削減を実現

従来の通訳サービスは1時間の利用でも最低金額となる半日料金〜となる見積もりが一般的でした。

料金の縛りで、短時間で完了する打ち合わせや商談でも通訳が必要となった場合でも、予算面で通訳者の同席が難しいと悩む担当者の方は多いです。

そんな悩みを解消するために、OCiETeでは【1時間〜の依頼ができる】サービスを提供しています。必要な費用は通訳料金のみなので、より利用しやすい通訳サービスとなっています。

オンライン通訳最大のメリットである、交通費や宿泊費などの諸費用もカットできるので、通訳依頼に必要なコストが最小限に抑えられます。

また、OCiETeでは短時間の依頼だけではなく、長期間で利用したいという方に向けて、お得な時間パックもご用意しています。商談での利用や社内会議など、利用方法は自由に決めて頂いても問題ありません。

より効果的に、より高いコストパフォーマンスの通訳サービスを多くの企業様へ提供できるように自由度が高い通訳サービスを求めている方は、OCiETeのご利用をおすすめします。

3分で見られる!説明動画もございます!

OCiETeのオンライン通訳サービスは、システム利用料などもなく必要な費用は「通訳者への時給のみ」です!わかりやすい料金なので安心してご利用いただけます!

実際にOCiETeを利用して、コストダウンを実現させた企業様もいます。下記の事例インタビューで詳しい内容を掲載しています。

また、他の通訳サービス活用事例も多く公開していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

この記事ではネパール語通訳を依頼すべき通訳者・通訳会社の特徴などについて解説しました。

ここでのポイントは以下の通りです。

ここがポイント!
  • ネパールの文化・商習慣を理解している通訳者に依頼すべき
  • 言語スキルだけではなく通訳内容の分野にも精通する通訳者が良い
  • コストパフォーマンスを最大化させるためには短時間~長期案件まで対応できる通訳会社がおすすめ

ネパール人とのコミュニケーションは礼儀正しく、そしてマナーが大切になります。こうした面でネパール語が堪能な通訳者に依頼することはとても重要です。

ネパールと関わるビジネスにおいて通訳依頼が必要な方は、1時間~の依頼が可能で長期案件にも合う時間パックがあるOCiETeの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

通訳に関するお見積りやご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください!

DOWNLOAD

資料請求・通訳・翻訳に関するご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「料金がわかる資料が欲しい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

ABOUT US
オシエテコラム編集部
はじめまして、OCiETe編集部です! 通訳者・翻訳者マッチングサービスを運営するオシエテが、コラムを通じて各分野での実績を基に、通訳や翻訳依頼をする際に必要なノウハウから、業界のトレンドについて発信しています。