中国語の広告翻訳で大切なこと?注意点や翻訳依頼時のポイントを解説

中国語の広告翻訳で大切なこと?注意点や翻訳依頼時のポイントを解説

中国語での広告翻訳において気を付けるべきこと

中国と日本の関係性は観光や買い物など多くのシーンで深くなってきています。自社商品やサービスを宣伝するためにインターネットを通じて広告を打ち出し、市場展開を日本と中国を合わせて出したいという需要も近年で上がり続けています。
中国語の翻訳においては、気軽に使える翻訳サイトやアプリで翻訳をすると間違った訳語になる可能性もあるので、特に注意しておくべきポイントです。
翻訳における注意点を以下でご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

名などの固有名詞で注意すること

名などを中国語に翻訳したり、中国語から翻訳する際に、注意しておくべきポイントは固有名詞についてです。
日本語では「普通名詞」と「固有名詞」の2つの名詞に分類されますが、なぜ翻訳において「固有名詞」に注意する必要があるのか。
その理由は基本的に翻訳前の固有名詞は日本語のみで定められているからです。正しい中国語の翻訳となる定訳にはならないことがあります。
定訳が存在しない場合は、そのやサービス名を適切に伝えられるような翻訳が必要になることから固有名詞の翻訳は注意しておく必要があるということです。
中国語翻訳においてこのような固有名詞の翻訳をする際には、3種類の翻訳方法が使用されているのでご紹介します。

固有名詞の翻訳方法

中国語翻訳において名などの固有名詞の翻訳をする際は、「音訳」「意訳」「字体変換」という翻訳方法があります。

・音訳

翻訳前の原文の発音を、中国語で再現して漢字で表現する方法です。
中国語は声調言語が存在するため、原文と同じ発音の中国語で表現されることがあります。

・意訳

原文の意味と同じ意味のもつ中国語の漢字で表記する方法です。
読み方・発音の違いは大きくありますが、元の言葉の意味に基づいて中国語に訳しているので翻訳後の漢字でも意味は伝わるようにするための翻訳方法です。

・字体変換

文字通り、日本語で使用されている漢字を中国語で使用されている漢字に変換して表記する翻訳方法です。
同じ漢字といっても日本語と中国語で使用されている漢字(文字)は違いますので中国語にあった漢字で変換することにより意味を伝えられる方法になります。

中国語の広告翻訳はプロに依頼するべき

翻訳を行う際に注意しておくべき点をいくつかご紹介しましたが、やはり中国語の翻訳はプロに依頼することが1番良いです。
自社だけで翻訳することには限界があり、単に翻訳するだけでは力のある言葉でも意味が伝わらなかったり、翻訳作業に集中する時間が他の業務に支障を与えるケースもあります。
さらにプロに依頼するべき最大の理由は、「大きな損失を避けるため」に依頼するべきといっても過言ではありません。

間違った翻訳で招きかねない損失

仮に間違った翻訳を行ってしまうと訴訟問題になり得る可能性があります。
ただ翻訳を間違えただけで?と思われるかもしれませんが、海外では訴訟などといった問題を起こすのは日本よりも頻繁にあります。
もちろん中国も訴訟件数は多く、ちょっとしたミスや間違った翻訳でもそういった事態を招いてしまうこともあるので十分に注意する必要があります。
また、広告を出稿する際にも、誇大広告や間違った内容での広告は自社のイメージダウンにもなります。
こうした問題を避けるためには中途半端な翻訳ではなく、プロが行う間違いのない翻訳を依頼することで大きな損失の対策になります。

国や地域の違いによる中国語の翻訳知識が必要

翻訳だけではなく、中国語の翻訳において必要なのは国や地域の違いによる中国語の知識です。同じ中国語でも2種類の漢字が存在していて、中国語を利用している地域では簡体字と繁体字に分けられています。
翻訳する地域によって、この2種類の中国語(漢字)を使い分けないといけないので、正確な中国語の知識が必要になってきます。
ちなみに簡体字を使用する地域と繁体字の違いは字体が異なるだけではなく表記や表現の差もあるので意味が通じない場合もあります。

中国語の広告の翻訳ならプロ翻訳家だけが在籍する「オシエテ」がおすすめ

中国語の翻訳を依頼するなら、スキルチェックをクリアしたビジネス翻訳のプロが在籍する「OCiETe(オシエテ)」がおすすめです。
この記事でも再三お伝えした通り、中国語の翻訳には注意しなければいけないポイントがたくさんあります。
間違いのない正確さを持ち、中国語の仕組みも含めた翻訳をするとなれば、想像以上に時間と労力が必要になるのでオシエテのプロの翻訳者に依頼することを検討してみてください。
では、オシエテをおすすめする理由をご紹介します。

専門知識を持つ翻訳者やネイティブ翻訳者も多数在籍

翻訳を行う際に気を付けなければいけない固有名詞の翻訳や、地域による字体の違い、そして損失のリスクがある誤訳など、全てオシエテのプロ翻訳者が解決してくれます。
単なる翻訳ではなく、の意味をそのまま伝えられるような中国語の知識を持った翻訳者や現地で使用されている言葉(漢字)を網羅している翻訳者など、依頼される事業者様に合ったプロの翻訳者に翻訳を依頼することが可能です。
翻訳者とご依頼主とのミスマッチもありません。

事前審査をクリアした高スキル翻訳者が対応

中国語の翻訳を行う翻訳者は、中国語の翻訳能力はもちろん、「+α」のスキルを持っています。
広告に対する専門知識が必要な中国語翻訳を依頼された場合、事前審査をクリアして厳しいスキルチェックを行った高スキルの翻訳者のみが対応しています。
翻訳者の在籍数だけではなく、翻訳スキルにおいても安心してオシエテにご依頼頂けるように審査を行っており、翻訳のクオリティ面でも依頼主とのミスマッチを防いでいます。
誤訳のない完璧な翻訳を提供する事ができます。

情報漏洩保険が締結されている

オシエテでは、「三井住友海上」と提携している「情報漏洩保険」を締結しています。
翻訳者が故意ではない情報漏洩(サイバー攻撃・誤送信等)に対して、損害賠償請求を受けた場合、1事故に対して期間中500万円まで補償されます。
オシエテでは、オンライン・オフラインどちらの利用であっても適応される情報漏洩保険を保証しています。三井住友海上との提携により、依頼者様と翻訳者の両方が安心してサービスをご利用できます。

OCiETeの翻訳は月額3万円からの定額制

オシエテの翻訳サービスは定額依頼プランです。

月額で決められた文字数の中であれば、コンテンツの種類は無制限。

今月は契約文章の翻訳を依頼する、来月はホームページの翻訳を依頼する、などご状況に応じてご依頼いただけます。

まずは「一度オシエテの翻訳サービスを試してみたい」という方は、下記の相談フォームから相談してみてください。

相談フォームはこちら

まとめ

中国語の翻訳で気を付けるべきことと最適な翻訳方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここでのポイントは以下です。

・中国語の翻訳では固有名詞の翻訳に注意する
・固有名詞の翻訳は、音訳・意訳・字体変換の3つを使用する
・誤った翻訳をすると訴訟問題などの大きな損失につながる
・中国語の翻訳はプロに依頼するのが一番良い翻訳方法
・中国語の翻訳を依頼するならビジネス翻訳のプロが在籍するオシエテがおすすめ
・オシエテの翻訳サービスは、事前審査を受けた高スキルの翻訳者が対応
・依頼し放題のサブスクでオシエテの翻訳サービスを受けられる

中国語のWEB広告翻訳をご希望の場合は、ビジネススキルも兼ね備えたプロ翻訳者が在籍しているオンライン翻訳サービス「OCiETe(オシエテ)」をぜひ利用してみてください。
ご相談・ご依頼は、下記にある「お問い合わせ」より、お気軽にご相談ください。

→気になった方はまずご相談!お問い合わせはこちら

広告翻訳カテゴリの最新記事